Microsoft Dynamics CRM 2011 のリリース候補の更新があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2461082
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

5.0.9688.32 またはそれ以降のビルドの Microsoft Dynamics CRM 2011 5.0.9688.583 をビルドするには、Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース候補 (RC) を実行しているこの更新プログラム パッケージのアップグレード テスト環境を構築します。この更新プログラムは、Microsoft Dynamics CRM 2011 年までにサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

詳細

Microsoft Dynamics CRM 2011 RC を Microsoft Dynamics CRM 2011 RTM にアップグレードする前に、次の重要な情報をお読みください。

アップグレード方法

Microsoft Dynamics CRM 2011 RC Microsoft Dynamics CRM 2011 RTM には、次の方法のいずれかを使用してアップグレードできます。

  • 修正プログラム

    RC から RTM の修正プログラムを使用するをアップグレードします。Microsoft Dynamics CRM Server RTM に更新されます。さらに。
  • RC にアップグレードする前にインポート、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織がある場合は、アップグレードされた組織には次のとおり、SQL スクリプトを適用する必要があります。
  • SQL スクリプトのインポートまたは、Microsoft Dynamics CRM サーバーで RTM コードが実行されている後のアップグレード、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織に適用する必要があります。
  • 古いおよび既存のデータベースへの接続

    RC バージョンをアンインストールし、RTM バージョンのセットアップを実行、既存のネットワークします。データベースオプションです。さらに。
  • RC の展開解除-インストールおよび再インストールする前にインポートする Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織がある場合はそれらの組織に以下の SQL スクリプトを適用する必要があります。
  • Microsoft Dynamics CRM 4. 0 からは、RTM サーバーにインポートした新しい組織に適用されているスクリプト必要があります。RTM インストールのビットには、この KB に記載されている修正プログラムが含まれます。
  • インポートまたは RC から RTM サーバーに任意の組織をアップグレードする場合は、RTM サーバーに、RC の組織を正しくアップグレードするために、rtm 版の修正プログラムを適用する必要があります。これは、KB の 2511317 に記載されています。
  • 新規インストールをインポートおよびアップグレード

    新しいサーバーでは、新しい展開では、作成およびインポートおよび RC 版の組織の既存のデータベースをアップグレードするには、RTM バージョンをインストールします。さらに。
  • RC の展開解除-インストールおよび再インストールする前にインポートする Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織がある場合はそれらの組織に以下の SQL スクリプトを適用する必要があります。
  • Microsoft Dynamics CRM 4. 0 からは、RTM サーバーにインポートした新しい組織に適用されているスクリプト必要があります。RTM インストールのビットには、この KB に記載されている修正プログラムが含まれます。
  • インポートまたは RC から RTM サーバーに任意の組織をアップグレードする場合は、RTM サーバーに、RC の組織を正しくアップグレードするために、rtm 版の修正プログラムを適用する必要があります。これは、KB の 2511317 に記載されています。

Microsoft Dynamics CRM の RC RTM に推奨アップグレード パスです。

  1. RC をアンインストールします。
  2. RTM ビットを使用して、既存のデータベースをインストールします。
  3. RTM 修正 (KB 2461082) RTM サーバーに対して適用されます。必要な場合は、RC の組織をインポートできます。KB 2511317 を参照してください。RC の組織をインポートする場合は、修正プログラムをこのシナリオでは必要ありません。
  4. Rtm 版のサーバーで実行するように配置をアップグレードした後、展開マネージャーにログインし、RC の組織では、5.0.9688.xx から 5.0.9688.583 にアップグレードする必要があります。RC 組織を選択することによってこれを行うしをクリックすることができます。アップグレード[操作] ウィンドウでします。
  5. KB 2461082 の RC のビットは、サーバーが使用していたときに、Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードされた、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 組織に対して SQL スクリプトを実行します。

この方法の利点は、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の RTM サーバーに対してインポート組織として、修正プログラム、RTM インストールに適用する SQL スクリプト必要です。

アップグレードに関する注意事項

Microsoft Dynamics CRM 2011 RC を Microsoft Dynamics CRM 2011 RTM にアップグレードすると、クライアントをアップグレードする前に、サーバーを RTM バージョンにアップグレードしなければなりません。

RTM バージョンを実行しているクライアントは、RC のバージョンを実行しているサーバーに対しては機能しません。Microsoft Dynamics CRM 2011 の以前のバージョンを実行しているサーバーに対して、RTM バージョンを実行しているクライアントを使用して、エラーが生成されます。

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 RC へのアップグレードおよび Microsoft Dynamics CRM 2011 RC への既存の Microsoft Dynamics CRM 4. 0 組織を移行する場合は、連絡先の同期の既定のフィルターが見つからない可能性があります。この場合、連絡先のフィルターを手動で作成することができます。 または Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織に対して、次のスクリプトを実行することができます。アップグレード方法の詳細についてを参照してください。

スクリプトを実行するには、[SQL Server Management Studio を開き、クリックしてください新しいクエリ、組織のデータベースを選択するには、次のスクリプトを貼り付け、クリックして実行.

重要なスクリプトを実行する前に、Microsoft Dynamics CRM のデータベースをバックアップする必要があります。
delete from UserQueryBase where QueryType = 256 and ReturnedTypeCode = 2 and (FetchXml is null or LEN(FetchXml) = 0)

insert into UserQueryBase

(UserQueryId, Name, Description, ReturnedTypeCode, QueryType, FetchXml,

ColumnSetXml, LayoutXml, OwningBusinessUnit, ModifiedBy, ModifiedOn, CreatedBy, CreatedOn,

StatusCode, StateCode, OwnerId)

Select NEWID(), Name, Description, 2, 256, FetchXml,

ColumnSetXml, LayoutXml, OwningBusinessUnit, ModifiedBy, getutcdate(), CreatedBy, getutcdate(),

StatusCode, StateCode, OwnerId from UserQueryBase where QueryType = 16 and ReturnedTypeCode = 2 and ParentQueryId is null

Go

この更新プログラムの数とファイル名を作成します。

以下のコンポーネントの更新プログラム パッケージのビルド番号は 5.0.9688.583 です。
  • Microsoft Dynamics CRM の 2011年サーバー リリース候補
  • Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM の 2011年クライアント
  • Microsoft Dynamics CRM の 2011年メール ルーター
ファイル名は、32 ビット版の更新プログラムのロールアップ パッケージには次のとおりです。
  • CRM2011-クライアント-KB2461082-LangID-i386.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2461082-[Langid]-i386.exe
64 ビット バージョンの更新プログラム パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-サーバーの KB2461082-英語-amd64.exe
  • CRM2011-クライアント-KB2461082-[Langid]-amd64.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2461082-[Langid]-amd64.exe

情報を更新します。

自動インストール
自動的に Windows Update を使用してこの更新プログラムをインストールすることができます。推奨される更新プログラムのインストールを自動的に Windows を設定することもできます。重要でない問題に対処し、コンピューティング環境を向上できます。オプションの更新プログラムがダウンロードまたは自動的にインストールします。

詳細については、マイクロソフトが発行する更新の種類は、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
自動更新のオンまたはオフにします。

Windows をインストールまたは更新を通知する方法を変更します。
Windows Update を使用して、この更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. をクリックして開始タイプ更新プログラムで、検索を開始します。ボックス。結果の一覧をクリックします。Windows の更新プログラム.
  2. ナビゲーション ウィンドウをクリックします。更新プログラムの確認、し、Windows がコンピューター用の最新の更新プログラムのチェック中に待ちます。
  3. 更新プログラムがあるかは、重要な更新プログラムを確認するメッセージが表示されます重要なことを示すメッセージが表示される場合は、表示してインストールするのには、重要な更新プログラムを選択することができます。
  4. ボックスの一覧で、詳細についての重要な更新プログラム] をクリックします。インストールする更新プログラムのチェック ボックスをオンをクリックしをクリックしてください[OK].
  5. をクリックして更新プログラムをインストールします。.
  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意しをクリックしてください終了日この更新プログラムで必要な場合。管理者のパスワードを確認するメッセージが表示されたら、パスワードを入力します。確認のメッセージを確認するメッセージが表示されたら、確認を提供します。
手動インストール
この更新プログラムを手動でインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft Update カタログの web サイトを参照してください。
    http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx
  2. 種類2461082で、検索ボックスとクリック検索.
  3. をクリックして追加この更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. をクリックしてダウンロード.
  5. をクリックして参照、更新プログラムをダウンロードし、をクリックするフォルダーを指定します。[OK].
  6. をクリックして続行、し、同意します。マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に、更新プログラムがダウンロードされるをクリックします。閉じる.
Microsoft Update カタログの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
833330などのドライバーや修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードする方法

追加のインストール情報

この更新プログラムをインストールした後、Windows Internet explorer の一時ファイルを削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. で、ツールメニューをクリックしてインターネット オプション。
  3. 実行している Internet Explorer のバージョンに応じて、次の方法のいずれかを使用します。
    • Internet Explorer 7 をクリックします。削除で、閲覧履歴領域をクリックして削除ファイル、インターネット一時ファイルをクリックし[はい].
    • Internet Explorer 6 をクリックします。ファイルを削除します。で、インターネット一時ファイルをクリックし[OK]。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 のこの更新プログラムを適用するインストールが必要な場合。

次の更新プログラムを Microsoft Dynamics CRM の 2011年をこの更新プログラムをインストールする前提条件はありません。
2461082Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新があります。

要件を再起動します。

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動します。

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM のソフトウェア修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの命名規則

プログラムのアンインストール情報

この更新プログラムは、Microsoft Dynamics CRM 2011 CRM の新規のベースラインを確立します。この更新プログラムを削除することはできません。この更新プログラムをインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。

この更新プログラムで解決される問題

この更新プログラムには、修正プログラムおよび RC ビルドと新しいベースライン ビルドの間で実装された変更が含まれます。

プロパティ

文書番号: 2461082 - 最終更新日: 2011年3月3日 - リビジョン: 1.3
キーワード:?
kbfix kbqfe kbmbsmigrate atdownload kbmt KB2461082 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2461082
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com