SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 で修正されるバグの一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2528583 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft SQL Server 2008 R2 サービス パック 1 (SP1) で修正されるバグを一覧表示します。

注意
  • 記載されていないその他の修正プログラムが、サービス パックに含まれる場合があります。
  • その他の資料がリリースされた場合、このリストは更新されます。
SQL Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2527041 SQL Server 2008 R2 用の最新の service pack の入手方法

詳細

この資料に記載されている修正に加え、SQL Server 2008 R2 SP1 に累積的な更新 6 での累積的な更新 1 で SQL Server 2008 R2 に含まれていた修正プログラムが含まれています。このサービス パックは、7 月の 2011 年までにリリースされたすべてのセキュリティ更新プログラムも含まれます。

SQL Server 2008 R2 で使用可能な累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
981356 SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 のビルド

この service pack で修正されます。

SQL Server 2008 R2 SP1 で修正されるバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックします。
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報の記事番号説明
657377949775ターゲット サーバーは、ドイツ語版、またはフランス語のバージョンの SQL Server 2005 を実行している場合は、対象サーバーでマルチ サーバー ジョブ マスター サーバーからダウンロードできません。
6574042216478Get コマンドを PowerShell の version 2 環境にサーバー上で実行するとエラー メッセージが SQL Server 2008 を実行している:「オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません」
6494512216485FIX リソース モニターの条件の SQL Server 2008 を実行しているサーバー上で入力します。
6494792216489重要 [SQL Server 宛先 [19] 2008 SP2 のエラー: SSIS 一括挿入データを挿入するための準備をすることはできません
6495042216497FIX 空間記憶ジオメトリの多角形データ型内部リングが別の幾何学的操作によって不正なデータに戻る
6495292216501修正: マルチ サーバー ジョブを SQL Server 2000 から MSX のロールを SQL Server 2008 に TSX のロールをダウンロードしません。
6494572448971FIX SQL Server 2008 でテーブルに行を挿入するとテーブルのロック エスカレーションされますされません。
6284282463682修正: 透過的なデータ暗号化が有効なデータベース、証明書データベースの暗号化キーの暗号化には使用していない場合ことはできません。
6250282494517FIX レポートをハード改ページ レンダラーにエクスポートすると、Tablix のヘッダーで参照されている非表示のテキスト ボックスの値を最初のページにのみ表示されます。
4476132515006データセット フィルター適用 Durng SharedDataSet またはパラメーターの処理は無効な照合順序の設定を使用します。
6974062525273FIX の k-means アルゴリズムを使用してクラスタ リング モデル PredictOnly 列の SQL Server 2008 R2 の Analysis Services によって影響を受ける異なる結果が生成されます。
6494802216491SQL ダンパ ユーティリティ エラー ダンプのファイルが SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 フェールオーバー クラスターで、詳細設定/エンタープライズ フェールオーバー クラスター インストールを生成できません。
6493392216460SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 では、プロジェクトを開くしようとするとエラー メッセージ:「見つかったアセンブリのマニフェスト定義がアセンブリ参照と一致しません」
4055122105809受信は、「コンピューターでレポート サーバー サービスを停止できません<Computer name="">」接続モードからをローカル モードに切り替えるときにエラー</Computer>
405514981588SharePoint サイトの要求を作成した後は、SSRS 2008 R2 レポート サーバーに直接を参照しようとすると、エラー メッセージが表示されます。
6659712546901FIX 並列クエリを実行すると、戻り結果使用ランキング関数では、SQL Server 2005、SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 8 個以上の Cpu を搭載するコンピューターで
6500062563828関数でのアサート = Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.ParameterBase.Cast ファイル = 行 = 0 = のハンドルされないマネージ例外: 型 System.InvalidCastException、メッセージ = キャスト オブジェクトの種類を入力するには、[System.Boolean' にできませんを = ' システム。
6890732531482修正: SSMS 2008 R2 では、IntelliSense 機能を Visual Studio 2010年の SP1 のインストール後の作業停止します。
6498562584903FIX データ コレクターのジョブを MDW データベースで SQL Server 2008 R2 のデータをオフにするのには時間がかかる

このサービス パックで追加の修正

解決するには、次の問題は、SQL Server 2008 R2 SP1 でも含まれています。
元に戻す全体を表示する
ID説明
418521HTML レンダラーは、ArgumentOutOfRangeException 例外レポートは、ConsumeContainerWhitespace プロパティを TRUE に設定した場合とがある場合、水平ホワイト スペースを利用可能なをスローします。
346804FIX「FORCESEEK「index ヒント構文はオプションのパラメーターをを受け取ります。新しい FORCESCAN クエリ ヒントが追加されます。詳細については、「クエリ ヒント (Transact SQL)」(http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms181714.aspx).
405562接続文字列は次のよう 'サーバー =「tcp:」' と' サーバー =「np:」' SQL Server ネイティブ クライアント ローカル インスタンスへの接続確認する 2008 でサポートされています。この修正プログラムは、これらの接続文字列は SQL Server ネイティブ クライアント 2008 R2 の機能し、ローカル インスタンスへの接続を許可します。
447996分割列は、インデックス付きのビューの基本パーティション テーブルのパーティション分割列に一致する場合はチェックのロジックの問題を発生します。変更テーブルを切り替える以外のパーティション配置のインデックス付きのビューで有効ではありません。
47157110.5 入札の SQL を使用して、SQL Server 2008 R2 だ (とそれ以降のバージョン) のレポート パーツを展開するレポート サーバーは障害が発生したり SQL のバージョン管理のエラー メッセージが生成されます。
512199別のコンピューターとファイルの作成に拡張イベントまたは SQL の監査ファイルを読み取るときのタイムスタンプです。サーバーを再起動した後のタイムスタンプも正しいれます。
528501レポートの表示レポート サービス 2008年の R2 を使用して、同期の表示モードで web パーツのレポートのレポート名にスペースが含まれている場合は、表示可能ななりました。StreamNotFound のエラー メッセージが生成されます。
538455設定を TRUE に設定する「StyleStream」DeviceInfo ことで HTML を表示するアクションを定義する場合は、スタイルの設定はテキスト ボックスまたはテキストを失われます。
540725エンジン、分析サービスの 2 つの新しいトレース テンプレート ファイルが生成されます。これは、プロファイラーのイベントとは、エンジンと analysis services の両方の列を表示できます。
550635FIX に誤った文字列の SP 2010 の正常性 Analyzer VertiPaq モードで分析サービス、実行に関するエラー メッセージが返されるときに報告します。
55094720 を持つ Tablix レポート アイテムまたは入れ子になったコンテナー レポート アイテム (四角形、および Tablix) を含む複数の行では、入札価格のシェルは上または下のいずれかの tablix メンバーには、新しい行を挿入する場合は応答を停止になります。
555701DBM オブジェクトを起動すると順序の出力メッセージには、アクセス違反エラーが発生します。
617987BI アプライアンスをインストールすると、マスター_キーのセキュリティで保護されたストアは生成されませんが、新しいサーバーのインストールを報告します。(インストールが成功した場合でも、メッセージが生成された)。
623819クエリ オプティマイザーのパーティション ビューに対するクエリ計画が作成できませんでした場合、エラー メッセージが表示される問題を修正します。Microsoft に接続の問題で 620614 が記述されます。この修正プログラムは、トレース フラグの下にある (974006 の KB 資料を参照してください)。
624909レポート ビューアーを使用するか、複数の web パーツは、1 つの SharePoint ページがある場合に HTML を表示する場合は、不要のパフォーマンスを低下します。
624951レポート ビューアー コントロールを含む WPF アプリケーションを閉じるときに、「appdomain のアンロード中にエラー」例外が表示されなく。
626205Analysis Services を不明なメンバーに関連するディメンションのメンバーは、サーバー キューブからローカル キューブを作成できません。
626243PowerPivot は共有の SQL Server コンポーネントをデフォルト以外の場所にインストールされている場合は、既存のファームに正常にインストールされます。
629973入札およびレポート ビルダー 3 はクラッシュしなくなり、次の操作を行うとします。 境界線で、テーブル内のセルをドラッグして、「レポート アイテムを移動する」モード、オブジェクトはテーブルの外側に移動およびをクリックし、マウス ボタンを押しながら ESC キーを押します。
636999アップグレード アドバイザーは、トレース ファイルをスキャンできない場合は、アップグレード アドバイザーは、意味のあるエラー メッセージをユーザーに提供できます。
639182ログオン ダイアログ ボックスは、レポート ビルダー 3.0。SSRS では、フォーム認証を使用する場合にこれが呼び出されます「新しいレポートがウィザード」が隠されているモーダル ダイアログ ボックス。(問題のために、ユーザーがログオンを要求していることを認識していないあります。)
643961特定のユーザー アカウントのすべてのオプションここでデータ ソースのスケジュールで動作します。
646473RBS の設定情報が見つからない場合は、.NET Framework 4.0 環境では、アプリケーションは失敗します。ここでは、.NET Framework 4.0 と、.NET Framework 3.5 の構成ファイルの両方で情報が検索されます。
658405IT 管理ダッシュ ボードでの .odc ファイルを使用してカスタム レポートを作成することができます。
665971並列処理オペレーター転送行が正しい順序でようになりました。オプティマイザーが最適なプランを選択できます。そのため、この修正プログラムは、トレース フラグが必要です。この修正プログラムを使用するには、トレース フラグ 4134 を有効にする必要があります。
674357これでエンジン サービスおよび分析サービスの 2 つの新しいトレース テンプレート ファイルが生成されます。プロファイラーは、すべてのイベントと列の両方のサービスを表示できるかどうかを確認するこれを行います。
679035サーバーの全体管理ページではマイナーなタイプミスを修正しました。
684435StringCchPrintf_l 文字のコピー先のバッファーのサイズを想定しています。サイズ (バイト単位) が渡されました。そのため OACR エラー - BUFFER_OVERFLOW が発生しました。適切な長さを渡すことによって、コードを修正します。
649475コレクションを設定しない作業正しく場合は、SQL インスタンス名、仮想ネットワーク名と同じである場合、クラスターのパフォーマンス カウンターを収集します。
649357データベースを接続および再接続後、指定されたデータベースでは、サーバー システムを含む select ステートメントには宣言されたポインターを使用して誤った結果表示可能性があります。
649391日本の長期後します字母シーケンスで文字列を使用すると破損エラーを DBCC 実行中に SQL Server 2008 R2 の照合順序が発生します。
657399誤ったバージョン番号は、SQL Server レポート サービスと SQL Server Management Studio でが表示されます。アップグレードの実行後、表示されている数値、RTM のバージョン番号が変化しないために、この混乱がされます。
649476FIX パラメーターの処理中に特定の条件が当てはまる場合向上およびその他の情報を InvalidReportParameterException 詳細出力に記録されます。
649557FIX」シンボル「Microsoft Active Accessibility 名が null であるためにに発生するアクセシビリティ問題。Microsoft Active Accessibility 名が更新され、発見可能になりました。
64944712 の SharePoint web サイトの ReportBuilder 2.0 を使用して、レポートを編集する場合 ReportBuilder 2.0 の ClickOnce の起動時に空白のレポートが表示されます。
649575放射状スケールのプロパティ] ダイアログ ボックスの MSAA 名が正しくないし、アクセシビリティ準拠ではありません。
519534LOB 列のテーブル値パラメータを使用すると、サーバー上でアクセス違反が発生することがあります。
645824高負荷条件下での拡張ストアド プロシージャの実行中にアクセス違反エラーに発生します。
649559修正: DDL ステートメントは、多数のパーティションがあるし、データが含まれていないテーブルではインデックス作成のパフォーマンスを向上しました。以前は、このプロセスに必要な時間は幾何進行で増加するパーティションの数と増加。必要な時間はここでは線形の進行の増加します。
649537、448009特定の状況では、エラー メッセージ 11405 内のパーティションの列名が間違っています。これは、不適切な列の名前を印刷するがします。
649530Analysis Services は、ワトソン博士のダンプ ファイルを生成する場合は、二次例外発生します。これは、実際の例外または特定のエラーをダンプするのには、明示的な要求があるため、ワトソン博士のダンプ ファイルが生成されるかどうかに当てはまります。セカンダリの例外が発生した場合は、サーバーが無限の再帰があります。多くのダンプ ファイルを生成し、サーバーをシャット ダウンします。
649524ユーザー定義型およびテーブル値関数は同じトランザクションでユーザーを作成し、関数に、戻り値のテーブルがある場合は、ユーザー定義型の列が含まれている場合は、self-deadlock が発生します。さらに、これらの操作を実行しようとする、接続を停止します。
649532CELL_ID、CELL_ATTRIBUTES、または SRID に列名を使用するテーブルで安全に空間インデックスを作成できません。
657405SQL Server が「がメモリ不足のリソース プールで 'クエリを実行する内部'」エラー メッセージを生成します。この状況は、多くの場合、予防することです。
649434SQL_DATA_AT_EXEC の SQLBindParameter 関数がバインドされているパラメーターを指定する場合は、実行のパラメーター値を指定すると、SQLPutData 関数 SQL_NULL_DATA の長さを指定すると、SQL Server 2008 R2 ネイティブ クライアント ODC ドライバー原因でアクセス違反。
512170MARS を使用すると、sys.dm_os_tasks が同じ値の request_id 列のすべてのタスク] 各タスクの適切な値を報告するのではなく表示されます。
649425立ちますビューに重複する行は、他の待機の種類が表示されます。監視ツールの問題の可能性があります。
649346非同期のバケット ターゲット、dm_xe_map_values で利用可能な情報と比較されますマップされたフィールドの不適切な値または文字列のペアが表示されます。
649340修正: syscolpars システム ベース テーブルに重複行が表示。この修正プログラムをで DBCC checkcatalog プロシージャ番号を追加することによってを区別します。
649427FIX ユーザー CLR v4 などの最新のランタイムでビルドされた CLR アセンブリを登録する場合は、新しいエラー コード (6257) が返されます。上記のエラー メッセージ (コード 6218) の混乱し、実際にからの状態がありません。バグの詳細についてを参照してください。
649433なエッジの場合、id 値の範囲外に現在 identity_insert TABLE_NAME にセット」モードでを挿入します。この問題は、バックアップまたは復元操作にも発生します。
649450BCP.exe 列のメタデータ情報を取得すると、誤った列の照合順序の情報が返されます。
649527Null メンバーのパラメーターを持つ PeriodsToDate 関数を使用して、「予期しない例外」エラー可能性があります。
649341クエリにフィルターがある場合、フィルターは無視されます、sys.dm_server_audit_status ビューで列を参照するに、sys.dm_server_audit_status からすべての行が返されます。
629570955 のエラーは、ユーザーがオンラインでないデータベース サーバーがある場合は、管理データ ウェアハウスを構成するときに発生します。
649374リング バッファー イベント データ (イベント出力 dm_xe_session_targets から) が表示されます。 サイズの上限を XML 出力に達する。
677560リモート クエリに 7359 エラー コードでの SQL Server 2008 R2 が問題が修正されます。シノニムは、ユーザー定義関数を使用がローカル サーバー上のユーザー定義関数の実行プランが存在するリモート サーバー上のリンクされたテーブルのスキーマのバージョンが更新されると、この問題に発生します。
562310データベース db1 を作成、db1 には、クエリがキャッシュされているし、db1 のドロップ 2 番目のデータベースが作成され、し、db1 が再度作成され、キャッシュされているクエリを再実行する「AV FullXactImpBase::GetXdes xact.cpp @ 2536年の読み取り」エラーを修正します。
623804トリガーの本文の中に実行されたクエリから間違った結果を修正します。シナリオ固有のフィルター選択されたインデックスを必要とします。トリガーには、列がテーブル全体で一意かどうかによって影響を受けるクエリを含める必要があります。
636156データベースを透過的なデータベースの暗号化が有効になって、いる場合のバックアップの破損の問題を修正があるページのチェックサムを有効にし、バックアップした最大のチェックサムを使用しています。
657511修正: この修正プログラムはタイムアウトとデッドロックの多数のサブスクリプションを同時に処理されるときにサブスクリプションの処理中に発生する可能性がありますアドレスします。SharePoint 統合モードで Reporting Services を配置するときは、修正プログラムを適用します。
676139顧客が、並べ替えを行うにし、並べ替えのページを spilt 問題が修正されますをディスクします。さらに、TDE のスキャンは特定のページを同時に触れるものです。この問題を回避するのにはコンピューターを再起動することができます。ただし、TDE を有効にしない限り、完全にこの問題を回避できません。
676491VSTS のバグ 473052 に記載されている修正プログラムを適用した後に発生する潜在的な問題を修正します。
679886拡張イベントまたは SQL 監査証跡ファイル収集が正しくないタイムスタンプ情報が表示されます問題が修正されます。
686401C# の null 値が dbNull に変換される問題を修正する前に永続化します。
620861FIX は、最大 15,000 のパーティション テーブルおよびインデックスで、データ センター、エンタープライズ、開発者、および評価版の Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 のサポートが提供されます。方法の詳細については、このサポートを有効にすることができます、制限、およびいくつかの既知の問題と回避策について、「15,000 パーティションをサポート」ホワイト ペーパー参照してください http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=199773
296354FIX SqlDumperDumpTimeOut プロパティの既定値は、有効なスコープを Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 でいます。有効な値の範囲 (ミリ秒) を 0 から MAXDWORD に範囲します。
417616修正プログラム: サービス アカウント用の Spn を取得するためのロジックは、常にログに記録するが設定されました。この修正プログラムを適用する前に、EP のみオンのときにログを記録するロジックが設定されます。この情報は、Kerberos の問題のトラブルシューティングを行うに使用できます。
517329プログラムの欠陥は、さまざまな診断ツールとして、master データベースの代わりに、実際に実行された、データベース内で実行されているレポート クエリをされます。
615697SQM のポイントが重要な機能が Microsoft SQL Server 2008 年または以降のバージョンの SQL Server ではありません。この修正プログラムは顧客の使用状況の測定基準を追跡するために役立つ重要な SQM ポイントを追加します。
645245FIX、再接続と再実行ロジックから削除、SQL エディターでのクエリ実行コード パス。Microsoft SQL Azure のアイドル状態の接続タイムアウト時間は 30 分に増えたためこの情報は必要ありません。
674580分析サービスで、新しいトレース テンプレート ファイル (「Microsoft 分析サービス TraceDefinition 10.50.0.xml「) プロファイラー イベントと列がすべて表示できるようにするには、新しく追加されたトレース イベント含めるに再生成する必要があります。
707007Imports はダラスのシナリオで失敗します。
710263ブラウザーとして Internet Explorer 9 を使用する場合、レポート ギャラリーでスナップショットを生成しようとするとエラーが返されます。
710433FIX、.sql ファイルをダブルクリックするとファイル名をパラメーターとして ssms.exe に渡すには、レジストリが更新されます。
656177FIX SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2008 でテーブル変数を作成するストアド プロシージャまたはユーザー定義関数を使用するとアクセス違反の発生します。

関連情報

現在の SQL Server のバージョンおよびエディションを確認する方法の詳細については、次の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
321185 SQL Server のバージョンおよびエディションを確認する方法
この資料に記載されているサード ・ パーティ製の製品は、マイクロソフトに依存しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 2528583 - 最終更新日: 2013年1月16日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2528583 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2528583
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com