文書番号: 2533523 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft.NET Framework 4 の信頼性に関する更新プログラム 1 の Microsoft.NET Framework 4 でいくつかの安定性、信頼性、およびパフォーマンスの問題を修正するには利用できます。

この更新プログラムに記載されている更新プログラム パッケージが含まれています、"更新プログラムの置き換えに関する情報"セクションに移動します。

この更新プログラム パッケージは、以前にリリースされたマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されていなかったいくつかの問題も解決されます。これらの問題の詳細についてを参照してください、」詳細情報"セクションに移動します。

解決方法

更新プログラムの情報


信頼性の更新 1 を.NET Framework 4 の次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードします。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft.NET Framework 4 の信頼性に関する更新プログラム 1 をダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4 またはインストールされている Microsoft.NET Framework 4 のクライアント プロファイルが必要です。

この更新プログラムをインストールするには、Windows インストーラー 3.1 以降がインストールされている必要があります。Windows インストーラーの最新バージョンを入手するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

この更新プログラムのコマンド ライン スイッチ


この更新プログラムでサポートされているさまざまなコマンド ライン スイッチの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
227091 Microsoft Windows インストーラー ツールのコマンド ライン スイッチ

Windows インストーラーの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
Windows インストーラーに関する一般的な情報

再起動の必要性

影響を受けるファイルがロックされているか、使用している場合は、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 Updatereplacement

更新プログラムの置き換えに関する情報

詳細情報を表示または非表示にするのにはここをクリック

ファイル情報

詳細情報を表示または非表示にするのにはここをクリック

詳細

この修正プログラムで解決する問題

この更新プログラムは、次の問題を解決します。

問題 1

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • .NET Framework をコンピューターにインストールします。
  • .NET Framework ベースのアプリケーションを実行します。.NET Framework のバージョンのアプリケーションがコンピューターにインストールされている.NET Framework のバージョンとは異なります。
  • 必要な.NET Framework のバージョンがインストールされていないし、ダウンロードが提供された情報を使用して、必要なバージョンをダウンロードできることを示すメッセージが表示されます。
  • ダウンロード情報をすべての.NET Framework のバージョンが含まれている web サイトを開くことができます。
このシナリオでは、web ページのダウンロードを.NET Framework の正しいバージョンを選択するとして必要。

この更新プログラムを適用すると、特定の必要な.NET Framework のバージョンが web ページに転送されます。

問題 2

.NET Framework 4 Just-In-Time (JIT) のコンパイラに最適化されたメソッドを使用してアセンブリ コードを生成するのには、特定の入力パターンがありますクラッシュしたり、アプリケーションが正しく動作しません。

問題 3

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • コンピューターには、.NET Framework 4 をインストールします。コンピューターで使用可能なメモリ量が不足があります。
  • .NET Framework 4 アプリケーションの AppDomain を作成するのには、AppDomain のリソース監視機能は、.NET Framework 4 を使用します。
  • アプリケーションを実行します。
このシナリオでは、アプリケーションが誤動作したりクラッシュする可能性があります。

問題 4

.NET Framework 4 を実行しているコンピューターに Microsoft Visual Studio 2010年のミニダンプのデバッグ機能を使用すると、ミニダンプ ファイルをデバッグすることができなく可能性があります。さらに、スタック トレースはファイルを利用できません。

問題 5


このシナリオを考慮してください。
  • .NET Framework 4 ベースのアプリケーションを実行します。
  • ダンプ ファイルは、実行中のプロセスのメモリの内容が含まれているし、いくつかのメモリの特定の部分がないあります。メモリのこれらの要素は、通常、収集されます。
  • Visual Studio 2010年を使用して、スレッドのスタックを表示するには、ダンプ ファイルを読み込みます。
このシナリオでは、ダンプのリーダー、スタックとマネージ フレームが正しく表示されません。

メモ この問題も、ダンプ ファイルが不足していますメモリのスタックを表示する必要がない場合に発生します。

問題 6


Microsoft ユーザー ロケールは、インドのロケールに設定されていない場合は、シンボルを入手するのには、.NET Framework 4 ベースのアプリケーションを実行すると、新しいルピー記号は表示されません。

問題 7


次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 応答は、ASP.NET ベースの web サイトに cookie を追加します。
  • 応答は、set-cookie ヘッダーを静的リソースがあります。カーネルのキャッシュされた応答があります。
  • ユーザーが web サイトの静的なリソースを要求します。
このシナリオでは、ユーザーが正しく、カーネル ・ キャッシュから直接他のユーザーに対して作成された cookie 取得可能性があります。

問題 8


現象

データ ソース構成ウィザードは Microsoft SQL Server Compact 4.0 では、Microsoft Visual Studio 2010年で作成されたクエリはテストされません。

原因

この問題は、データ ソースの構成ウィザードは、SQL Server Compact 4.0 の Visual Studio 2010年で作成したクエリをテストできないために発生します。

問題 9


Bing のクローラーは、 Msnbotからユーザー エージェントにBingbot 2010 年 10 月に更新しました。この更新プログラムをインストールした後、ASP.NET bowser の機能BingbotMsnbotの両方が正常に動作します。

問題 10


次のシナリオについて考えてみましょう:
  • コンピューターにインターネット インフォメーション サービス (IIS) を実行します。カスタムのプライベート バイト制限を IIS が設定されていません。

    メモ 既定のプライベート バイト制限値は、 0の値を使用して設定されます。
  • IIS を計算します。 AutoPrivateBytesLimit ワーカー プロセス リサイクルをしないように、キャッシュをトリムするのにはマネージャーのキャッシュの制限。
このシナリオでは、いずれか、次の問題が発生します。
  • WOW64process は、コンピューターで実行する場合は、既定の制限値が設計値よりも小さい値に設定されます。
  • コンピューター、x 64 のプロセスを実行すると、既定の制限値は最適値よりもはるかに高い値に設定されます。したがって、キャッシュはトリムされません。


問題 11


現象

アプリケーションのInitDisposableMembersメソッド、 MemoryCache.CreateMemoryCacheEntryChangeMonitorメソッドを呼び出すと、 System.Runtime.MemoryCacheEntryChangeMonitorクラスを ASP.NET アプリケーションに例外を生成します。

メモ System.Runtime.MemoryCacheEntryChangeMonitorクラスは、内部でDateTimeOffsetのフィールドを使用します。

原因

この問題は System.Runtime.MemoryCacheEntryChangeMonitor クラスが lastModifiedフィールドを DateTime.MinValue フィールドとして初期化するために発生します。そのため、アプリケーションは、 MemoryCacheクラスを使用できません。

メモ 詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2346777 修正: MemoryCache.CreateCacheEntryChangeMonitor メソッドを使用して、.NET Framework 4 ベースのアプリケーションを実行すると System.ArgumentOutOfRangeException 例外


問題 12


ポストバックの引数には、ASP.NET のUpdatePanelコントロールのクラスを構築すると、次の問題が発生します。
  • JavaScript コードは、新しい入力の型の HTML5 の仕様を処理しません。
  • HTML5 仕様の一部の入力値が無視され、除外されます。

ASP.NET のUpdatePanelコントロールのクラス構造ポストバック引数部分ポストバック操作を処理する JavaScript コードを使用します。JavaScript コードは HTML4 仕様の既知の input type のみ処理し、その他の input type は無視されます。しかし、HTML5 仕様では input 要素にいくつかの新しい input type が導入されています。いくつかの入力値の HTML5 の仕様をサポートするブラウザーで JavaScript のコードを実行すると、この問題を発生します。

問題 13


HTML5 のコードにこれらの機能を処理すると、ASP.NET 4.0 の一部の機能に問題が発生します。これらの機能は ASP.NET 4.0 では HTML4 仕様のみをサポートするものです。

この更新プログラムを適用した後、ASP.NET 4.0 では HTML5 の入力タイプをサポートするために、次の機能が更新されます。
  • UpdatePanel
  • Web フォームのコールバック
  • クライアント側の検証

問題 14


次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Microsoft SQL Server や Microsoft SQL Azure のインスタンスに接続するには、SQL Server (SqlClient) の.NET Framework データ プロバイダーを使用します。
  • 確立された接続は、接続プールから削除されます。
  • 最初の要求がサーバーに送信されます。
このシナリオでは、 SqlExceptionのインスタンスが見つかると、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバーに要求を送信するときに、トランスポート レベルのエラーが発生しました。


プロパティ

文書番号: 2533523 - 最終更新日: 2012年12月16日 - リビジョン: 18.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 4.0
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Foundation
    • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Vista Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Starter
    • Windows Vista Ultimate
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows 7 Enterprise
    • Windows 7 Home Basic
    • Windows 7 Home Premium
    • Windows 7 Professional
    • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Starter
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 R2 Datacenter
    • Windows Server 2008 R2 Enterprise
    • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
キーワード:?
kbqfe kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2533523 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2533523
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com