アプリケーションのインストール時にエラー メッセージ "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 319624
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP319624
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは 2010 年 7 月 13 日で終了しています。Windows 2000 からの移行をご検討のお客様は、Windows 2000 エンド オブ サポート ソリューションセンターを参照してください。詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows インストーラー 2.0 へのアップグレード後、Windows インストーラー サービスが開始せず、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。セーフ モードで Windows を実行している場合、または Windows インストーラーが正しくインストールされていない場合に発生する可能性があります。サポート担当者に問い合わせてください。
注: この現象は次の製品では発生しません。
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98

原因

この現象は、次のいずれかの条件に該当する場合に発生することがあります。
  • DCOM のアクセス許可で、[既定の認証レベル] が [なし] に設定され、[既定の偽装レベル] が [匿名] に設定されている。
  • Windows インストーラーのアクセス先のフォルダーまたはレジストリ キーに対するフル コントロールのアクセス許可が SYSTEM アカウントに与えられていない。この条件は、NTFS ファイル システムを使用している場合にのみ当てはまります。

解決方法

問題に応じて、次のいずれかまたはすべての方法を実行します。
  • 方法 1: Windows インストーラーの登録を解除してから再登録する
  • 方法 2: DCOM のアクセス許可を確認する
  • 方法 3: SYSTEM アカウントにフル コントロールのアクセス許可を与える
  • 方法 4: レジストリのアクセス許可を確認する
  • 方法 5: MsiServer サービスの破損したセキュリティ キーを修正する

手順を実行する前に: Service Pack がインストールされていることを確認する

Windows 2000 を使用している場合、SP2 がインストールされていることを確認します。
Windows NT 4.0 を使用している場合、SP6 がインストールされていることを確認します。

適切な Service Pack がインストールされていない場合、この資料の「詳細」の手順が正常に実行できないことがあります。

詳細

方法 1: Windows インストーラーの登録を解除してから再登録する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「MSIEXEC /UNREGISTER」と入力し、[OK] をクリックします。この操作を正しく実行しても、処理が行われていないように見えることがあります。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「MSIEXEC /REGSERVER」と入力し、[OK] をクリックします。この操作を正しく実行しても、処理が行われていないように見えるか、または砂時計が一瞬表示されることがあります。このコマンドを実行したら、操作は完了です。
  3. Windows インストーラー ベースのアプリケーションを再実行します。

方法 2: DCOM のアクセス許可を確認する

この方法では、DCOM の [既定の偽装レベル] を [識別する] に変更し、Msisip.dll ファイルを削除した後、Windows 2000 SP3 を再インストールします。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「dcomcnfg」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [既定のプロパティ] タブをクリックします。
    1. [既定の認証レベル] ボックスの一覧の [接続] をクリックします。
    2. [既定の偽装レベル] ボックスの一覧の [識別する] をクリックし、[OK] をクリックします。
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「explorer /select, %windir%\system32\msisip.dll」と入力し、[OK] をクリックします。
  4. Msisip.dll ファイルの名前を Msisip.old に変更します。
  5. Windows 2000 Service Pack 3 を再インストールします。

方法 3: SYSTEM アカウントにフル コントロールのアクセス許可を与える

  1. エクスプローラーを起動し、Windows がインストールされているドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [セキュリティ] タブをクリックし、[追加] (または [アクセス権]) をクリックします。
  3. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログ ボックスで [SYSTEM] アカウントをクリックします。[追加] をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  5. TEMP フォルダーをクリックし、SYSTEM アカウントにフル コントロールのアクセス許可が与えられていることを確認します。

方法 4: レジストリのアクセス許可を確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Regedt32」と入力します。
  2. レジストリ ハイブごとに、次の手順を実行します。
    1. ハイブを選択します。
    2. Windows XP の場合、[編集] メニューの [アクセス許可] をクリックします。

      Windows 2000 および Windows NT 4.0 の場合、[セキュリティ] メニューの [アクセス許可] をクリックします。
  3. SYSTEM アカウントが追加されていて、フル コントロールのアクセス許可が与えられていることを確認します。SYSTEM アカウントが追加されていない場合は、SYSTEM アカウントを追加し、フル コントロールのアクセス許可を与えます。

方法 5: MsiServer サービスの破損したセキュリティ キーを修正する

  1. Windows 2000 を使用してコンピューターを起動します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「regedit.exe」と入力し、次のキーの名前を Old_Security に変更します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSIServer\Security
  3. コンピューターを再起動します (これは必ず行う必要があります)。
  4. Windows インストーラー 2.0 の Instmsiw.exe を実行します。これによって、MSI サービスの破損したセキュリティ キーが修正されます。
プログラムを追加または削除すると表示される場合があるエラー メッセージの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
315346 エラー メッセージ "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" が、Windows XP または Windows Server 2003 を搭載しているコンピューターでプログラムを追加または削除すると表示される
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 319624 - 最終更新日: 2013年3月6日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbpubtypekc kbprb KB319624
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com