文書番号: 326686 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows XP、または Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピュータの場合

以下の現象が 1 つ以上発生することがあります。
  • Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスすると、次のようなエラー メッセージが表示される。
    アクセスは拒否されました。
    ネットワーク ポリシー設定により、Windows Update を使用して、コンピュータに更新プログラムをダウンロードおよびインストールできません。間違ってこのメッセージが表示されたと考えられる場合は、システム管理者に問い合わせてください。
  • [スタート] メニューの [Windows Update] または [Microsoft Update] をクリックすると、次のようなエラー メッセージが表示される。
    システム管理者によって Windows Update は無効にされています。

Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 を実行しているコンピュータの場合

以下の現象が 1 つ以上発生することがあります。
  • [Windows Update] ショートカットまたは [Microsoft Update] ショートカットが [スタート] メニューに表示されない。
  • [Windows Update] ショートカットまたは [Microsoft Update] ショートカットが Microsoft Internet Explorer の [ツール] メニューに表示されない。
  • [自動更新] タブが [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスに表示されない。
  • [自動更新] を設定しても、重要な更新プログラムについて通知されず、Windows Update または Microsoft Update の重要な更新プログラムを受け取れない。
  • Windows Update または Microsoft Update からのドライバの更新プログラムが、デバイス マネージャで自動的にインストールされない。
  • コントロール パネルの [自動更新] をクリックしても、自動更新の設定が使用できず、次のようなメッセージが表示される。
    Windows Update サービスを利用できません。

原因

この問題は、以下のいずれかの設定によって Windows Update がオフになっている場合に発生します。
  • グループ ポリシー
  • システム ポリシー
  • レジストリ

解決方法

企業ネットワークに接続している企業ユーザーの場合

この問題を解決するには、ローカルのシステム管理者に連絡して Windows Update へのアクセスがグループ ポリシー設定によって無効になっていないかどうかを確認します。

企業ネットワークに接続しているホーム ユーザーの場合

Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 を実行しているユーザーの場合

Windows 2000 を実行しているコンピュータ上に表示されなくなった [Windows Update] ショートカットや [Microsoft Update] ショートカットを復元するには、次の手順を実行します。
  1. ローカルの管理者としてコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 左側のウィンドウで、[ユーザーの構成] を展開し、[管理用テンプレート] を展開します。次に、[タスク バーと [スタート] メニュー] をクリックします。
  4. 右側のウィンドウで、[Windows Update へのリンクを無効にして削除する] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [無効] をクリックし、[適用]、[OK] を順にクリックします。
Windows XP を実行しているコンピュータまたは Windows Server 2003 を実行しているコンピュータ上に表示されなくなった [Windows Update] ショートカットや [Microsoft Update] ショートカットを復元するには、次の手順を実行します。
  1. ローカルの管理者としてコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 左側のウィンドウで、[ユーザーの構成] を展開し、[管理用テンプレート] を展開します。次に、[タスク バーと [スタート] メニュー] をクリックします。
  4. 右側のウィンドウで、[Windows Update へのリンクとアクセスを削除する] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [無効] をクリックし、[適用]、[OK] を順にクリックします。
Windows Update Web サイトへのアクセスを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. ローカルの管理者としてコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 左側のウィンドウで、[ユーザーの構成] を展開し、[管理用テンプレート] を展開します。
  4. [Windows コンポーネント] を展開し、[Windows Update] をクリックします。
  5. 右側のウィンドウで、[Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除する] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [無効] をクリックし、[適用]、[OK] を順にクリックします。

Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) を実行しているユーザーの場合

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [
    HKEY_CURRENT_USER
    ]、[
    Software
    ]、[
    Microsoft
    ]、[
    Windows
    ]、[
    CurrentVersion
    ]、[
    Policies
    ] を順に展開します。
  3. Windows Update
    キーが存在する場合、[
    Windows Update
    ] をクリックします。
  4. 右側のウィンドウに DWORD 値
    DisableWindowsUpdateAccess
    が存在する場合、[
    DisableWindowsUpdateAccess
    ] を右クリックし、[削除] をクリックします。
  5. [
    HKEY_CURRENT_USER
    ]、[
    Software
    ]、[
    Microsoft
    ]、[
    Windows
    ]、[
    CurrentVersion
    ]、[
    Policies
    ] を順に展開します。
  6. Explorer
    キーが存在する場合、[
    Explorer
    ] をクリックします。
  7. 右側のウィンドウに DWORD 値
    DisableWindowsUpdateAccess
    が存在する場合、[
    DisableWindowsUpdateAccess
    ] を右クリックし、[削除] をクリックします。
  8. 右側のウィンドウに DWORD 値
    NoWindowsUpdate
    が存在する場合、[
    NoWindowsUpdate
    ] を右クリックし、[削除] をクリックします。
  9. [
    HKEY_LOCAL_MACHINE
    ]、[
    Software
    ]、[
    Microsoft
    ]、[
    Windows
    ]、[
    CurrentVersion
    ]、[
    Policies
    ] を順に展開します。
  10. Explorer
    キーが存在する場合、[
    Explorer
    ] をクリックします。
  11. 右側のウィンドウに DWORD 値
    DisableWindowsUpdateAccess
    が存在する場合、[
    DisableWindowsUpdateAccess
    ] を右クリックし、[削除] をクリックします。
  12. 右側のウィンドウに DWORD 値
    NoWindowsUpdate
    が存在する場合、[
    NoWindowsUpdate
    ] を右クリックし、[削除] をクリックします。
  13. レジストリ エディタを終了し、コンピュータを再起動します。

詳細

Windows 2000 では、グループ ポリシー設定の [Windows Update へのリンクを無効にして削除する] がサポートされます。Windows XP Professional および Windows Server 2003 では、グループ ポリシー設定の [Windows Update へのリンクとアクセスを削除する] がサポートされます。他の Windows オペレーティング システムでは、システム ポリシーを使用するか、またはレジストリを変更できます。

管理者はこれらのポリシーを使用して、個別のユーザー、ドメイン ユーザー、または Active Directory オブジェクトに対して Windows Update および Microsoft Update へのアクセスを削除できます。

Windows Update の問題および Microsoft Update の問題を解決する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
316524 Windows Update サイトまたは Microsoft Update サイトにアクセスしたときに "管理者のみ" というエラー メッセージが表示される

プロパティ

文書番号: 326686 - 最終更新日: 2010年9月14日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Update
  • Microsoft Update
キーワード:?
kbwindowsupdatev6 kbwindowsupdatev4 kberrmsg kbenv kbprb KB326686
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com