Office のファイル形式およびスキーマの抽出方法に関する情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 840817 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、または Microsoft Word のファイル形式やスキーマに関する情報が必要な場合、プログラムで API 呼び出しを行う方法や、XML、RTF、HTML などのファイル形式を使用する方法によって、これらの情報を抽出できます。この資料で説明する方法では十分な情報を得られない場合は、ライセンス プログラムの使用許諾を受け、Microsoft Office の特定のバイナリ ファイル形式に関する技術文書を入手することができます。

はじめに

この資料では、Excel、PowerPoint、および Word のファイル形式やスキーマに関する情報の抽出に利用できる方法について説明します。

詳細

Office アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)

Office のバイナリ ファイル形式は、ファイル形式を直接操作するのではなく、Office アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) 経由でアクセスするように設計されています。ファイル形式が複雑であり、直接操作するとファイルが破損するおそれがあるため、直接操作しないことを強く推奨します。

Office API の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/ja/modcore/html/deovrAPIBasics.asp
Office バイナリ ファイル形式では、Windows 構造化ストレージ対応の API を使用します。このような、より一般化されたファイル形式では、Office 固有の情報はストリームとして格納されます。ドキュメント プロパティなどの共通の要素には、構造化ストレージ対応の API を使用してアクセスすることができます。この場合、Office バイナリ ファイル形式のドキュメントにアクセスする必要はありません。

Windows 構造化ストレージ対応の API の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa380369.aspx
重要 : 構造に対する読み取りや操作を直接行うとファイルが破損するおそれがあるため、このような操作は行わないことを強く推奨します。

XML

XML は、Unicode をベースとしたテキスト形式のメタ言語 (マークアップ言語を定義するための言語) です。XML は、特定のプログラミング言語、オペレーティング システム、またはソフトウェア ベンダに関連付けられているわけではなく、データの操作、構造化、変換、および照会などを行うためにさまざまなテクノロジを利用できます。XML が広く普及したことに伴い、現在では、XML は Web 対応の新しいドキュメント形式の記述に役立つだけでなく、構造化データの記述にも適していることが一般に認められています。たとえば、スプレッドシート、プログラム構成ファイル、およびネットワーク プロトコルに含まれる構造化データを記述することができます。

XML スキーマは Microsoft Office でもサポートされています。マイクロソフトは、特定の Office XML スキーマに対応したライセンス プログラムを提供しています。

Office XML スキーマの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトに掲載されている資料「Microsoft Office System と XML: XML をデスクトップで使用する」を参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/office2003/odc_XMLinOffice2003_SummaryDoc.asp
Office XML スキーマのライセンス プログラムの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトに掲載されている資料「File Format and Schema Licensing Programs」を参照してください。
http://www.microsoft.com/about/legal/intellectualproperty/default.mspx

リッチ テキスト形式 (RTF)

リッチ テキスト形式 (RTF) 仕様は、書式付きテキストおよびグラフィックスをプログラム間で簡単に転送するための手段です。RTF 仕様は、さまざまな出力デバイス、オペレーティング環境およびオペレーティング システムで使用できる、テキストおよびグラフィックスをやり取りするためのフォーマットを提供します。RTF では、ANSI (American National Standards Institute)、PC8、Macintosh、または IBM PC の文字セットを使用して、画面表示および印刷時における、文書の外観やレイアウトを制御します。RTF 仕様を用いることにより、文書の作成に使用したオペレーティング システムやソフトウェア プログラムが異なる場合でも、相互にドキュメントを転送することができます。

サンプルの RTF リーダーへの書き込み方法または RTF リーダーの実装方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスし、[サイトの検索] ボックスに RTF リーダーと入力して、適切な資料を参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/ja/

Visio XML スキーマ

マイクロソフトのドキュメントに記載されている内容および無償で使用できる権利に基づき、マイクロソフト製品ユーザーおよびマイクロソフト パートナーは図式化およびデータの視覚化を行うツールを使用して XML スキーマを利用できます。Visio スキーマを利用すると、完全な W3C 準拠形式で Visio XML (Extensible Markup Language) ファイル形式を記述できます。これによって、企業組織のビジネス プロセスの中で、Visio の図に取り込まれている情報にアクセスし、その情報を XML に対応した他のプログラム (CRM (Customer Relationship Management) システムや ERP (Enterprise Resources Planning) システムなど) で使用することができます。機能の詳細やダウンロードについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=fe118952-3547-420a-a412-00a2662442d9&DisplayLang=en

HTML 形式

HTML ファイルはテキスト形式のファイルです。HTML ファイルには、ユーザーに表示される情報と、その情報の表示方法に関する書式情報を指定したタグが格納されています。HTML を使用すると、Office ドキュメントの豊富なコンテンツと機能を維持しながら、大部分の Web ブラウザで参照できるような形式で、Office ドキュメントやデータの保存、配布、および表示を行うことができます。

HTML の編集方法に関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/ja/vsintro7/html/vxtskEditingHTML.asp
コード、HTML、およびリソース ファイルの操作方法に関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/ja/vsintro7/html/vxoriWorkingWithEnvironmentTools.asp

ライセンス プログラム

Office API と、XML、RTF または HTML 形式では、特定の要件が満たされないことを確認した場合、正規のユーザー、パートナー、または政府機関は、以下のライセンス プログラムにおいて、特定の Microsoft Office バイナリ ファイル形式に関する技術文書の使用許諾をマイクロソフトに申請することができます。
  • Government License Program

    公式な政府機関であるマイクロソフト製品ユーザーに対し、マイクロソフトの .doc、.xls、または .ppt ファイル形式のドキュメントを内部的かつ非商業目的に使用する権利を付与するプログラムです。
  • Internal Usage License Program

    認定されたマイクロソフト製品ユーザーに対し、マイクロソフトの .doc、.xls、または .ppt ファイル形式のドキュメントを、内部的に使用するソフトウェア ソリューションの開発目的に使用する権利を付与するプログラムです。対象となるソリューションは、マイクロソフトの .doc、.xls、または .ppt ファイル形式をサポートし、Microsoft Office を補完する目的のものとします。
  • ISV License Program

    認定されたソフトウェア開発業者に対し、マイクロソフトの .doc、.xls、または .ppt ファイル形式のドキュメントを商用のソフトウェア製品およびソフトウェア ソリューションの開発目的に使用する権利を付与するプログラムです。対象となる製品およびソリューションは、マイクロソフトの .doc、.xls、または .ppt ファイル形式をサポートし、Microsoft Office を補完する目的のものとします。
上記ライセンス プログラムを利用するには、次のアドレス宛てに電子メールでマイクロソフトに問い合わせて、ライセンス認定および登録の処理を行ってください。
officeff@microsoft.com
マイクロソフト宛てのメールには、以下の情報を含めてください。
  • 対象のライセンス プログラム
  • 会社名または機関名
  • 電子メール アドレス
  • 市区町村
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 国名
  • 氏名
  • 部署、肩書き
  • 電話番号
  • FAX 番号

プロパティ

文書番号: 840817 - 最終更新日: 2007年1月18日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 97 Standard Edition
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Word 2000
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo KB840817
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com