Microsoft Windows ベースのコンピュータを更新するときにエラー メッセージ "0x80070002" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 922582 - 対象製品

技術的な更新 : 2006 年 9 月 12 日

マイクロソフトでは、この問題に関して、IT 担当者向けのマイクロソフト セキュリティ アドバイザリをリリースしました。セキュリティ アドバイザリには、この問題に関連する追加のセキュリティ関連の情報が含まれています。セキュリティ アドバイザリを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/922582.mspx
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

以下のいずれかのマイクロソフト ツールを使用して、Microsoft Windows ベースのコンピュータを更新するときに、エラー コード 0x80070002 が表示されることがあります。
  • Windows Update Web サイト
  • Microsoft Update Web サイト
  • Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003 用の Inventory Tool for Microsoft Updates (ITMU)
  • Software Update Services (SUS) 1.0
  • Windows Server Update Services (WSUS) 2.0

原因

Microsoft Filter Manager 技術が使用されているミニフィルタ ベースの製品がコンピュータで実行されている場合、エラー コード 0x80070002 が出力されることがあります。Filter Manager で、STATUS_OBJECT_PATH_NOT_FOUND 値ではなく、STATUS_OBJECT_NAME_NOT_FOUND 値が返されることがあり、このため、「現象」に記載されている問題が発生します。

: エラー コード 0x80070002 が出力される原因は他にもあります。この問題の影響によるものであるかどうかを確認する方法の詳細については、「詳細」を参照してください。

解決方法

Microsoft Windows Server 2003 の更新プログラムの情報

この問題を解決する更新プログラムは、Windows Update Web サイト、Microsoft Update Web サイトまたは Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

パッケージ ファイルの入手

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
Windows Server 2003
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Server 2003 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ
Windows Server 2003 (Itanium ベースのシステム)
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Server 2003 (Itanium ベースのシステム) 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ
Windows Server 2003 x64 Edition
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Server 2003 x64 Edition 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ
Windows XP x64 Edition
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows XP x64 Edition 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ

リリース日 : 2006 年 9 月 12 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラム パッケージを適用するには、コンピュータで以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。
  • 32 ビット版の Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)
  • Itanium ベースの Windows Server 2003 SP1
  • いずれかのバージョンの Windows Server 2003 R2
  • x64 ベースの Windows

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

Microsoft Windows XP の更新プログラムの情報

この問題を解決する更新プログラムは、Windows Update Web サイト、Microsoft Update Web サイトまたは Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

パッケージ ファイルの入手

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
Windows XP
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows XP 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ

リリース日 : 2006 年 9 月 12 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Microsoft Windows 2000 の更新プログラムの情報

マイクロソフトでは、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーに基づき、コンシューマ/ハードウェア/マルチメディア製品および Microsoft Dynamics 製品については、メインストリーム サポート フェーズの間、セキュリティ更新プログラムのサポートを提供します。また、ビジネスおよび開発用製品については、延長サポート フェーズの間もセキュリティ更新プログラムのサポートを提供します。これらのセキュリティ更新プログラムは、各製品のサポート対象の Service Pack レベルにのみ適用できます。Windows Update が引き続き確実に機能し、セキュリティ上安全に使用できるようにするため、マイクロソフトは Windows 2000 用の更新プログラムおよびセキュリティ アドバイザリを作成しました。マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/lifecycle

パッケージ ファイルの入手

この問題を解決する更新プログラムは、Windows Update Web サイト、Microsoft Update Web サイトまたは Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
Windows 2000
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows 2000 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ (PC/AT 互換機)

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows 2000 用の更新プログラム (KB922582) パッケージ (NEC PC-9800 シリーズ)

リリース日 : 2006 年 9 月 12 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、コンピュータで Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) および、以下のいずれかの「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている修正プログラムが実行されている必要があります。
891861 Windows 2000 Service Pack 4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 と既知の問題
905590 Windows 2000 Service Pack 4 を実行しているコンピュータに新しい Filter Manager 機能を追加する修正プログラム
: Windows 2000 SP4 のインストール ソース ファイルに更新プログラム 922582 を統合することができます。ただし、この更新プログラムの統合は、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号 891861 および 905590 の資料に Windows 2000 の必要条件として記載されている更新プログラムを統合する前に行う必要があります。先に更新プログラム 922582 を統合する必要があるのは、更新プログラムの統合では、FILO (先入れ後出し) の原則があるためです。

Windows 用パッケージ インストーラの動作の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/deployment/winupdte.mspx
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
828930 ソフトウェア更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合する方法

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

「現象」に記載されている問題がこの更新プログラムのインストールに与える影響

コンピュータで既にこの問題が発生していても、この更新プログラムは正常にインストールされます。ただし、この更新プログラムをインストールするまで、他の更新プログラムをインストールできない場合があります。

Filter Manager およびミニフィルタ

Filter Manager は、マイクロソフトが提供するファイル システム フィルタ ドライバです。このフィルタ ドライバにより、サードパーティによるフィルタ ドライバの開発が簡素化されます。また、割り当てられた高度を通じて読み込みの順序を制御する機能などがあり、既存のレガシ フィルタ ドライバ モデルの問題の多くが解決されます。Filter Manager モデルに準拠して開発されたフィルタ ドライバを、ミニフィルタと呼びます。ファイル システム フィルタ ドライバの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/whdc/driver/filterdrv/default.mspx

Filter Manager を利用できるオペレーティング システム

Filter Manager は、以下のマイクロソフト オペレーティング システムで使用できます。
  • Windows XP SP2
  • Windows Server 2003 SP1
  • Windows Server 2003 R2
  • x64 ベースのすべての Windows
  • 以下のいずれかの「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている修正プログラムがインストールされている Windows 2000 SP4
    891861 Windows 2000 Service Pack 4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 と既知の問題
    905590 Windows 2000 Service Pack 4 を実行しているコンピュータに新しい Filter Manager 機能を追加する修正プログラム

ミニフィルタがインストールされているかどうかを確認する方法

ミニフィルタがインストールされているかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. fltmc.exe と入力し、Enter キーを押します。
ミニフィルタの一覧、またはレガシ フィルタとミニフィルタの一覧が表示されます。表示される一覧は、システム上の Fltmc.exe のバージョンによって異なります。

レガシ フィルタとミニフィルタが表示されている例を以下に示します。

 Filter Name        Num Instances  Frame
 ------------------ -------------- --------
 TestLegacyFilter                  <Legacy>
 TestMiniFilter1         4          1
 TestMiniFilter2         0          0
この例の場合、TestLegacyFilter はレガシ フィルタであり、TestMiniFilter1 および TestMiniFilter2 はミニフィルタです。

次の例では、ミニフィルタのみが表示されています。

 Filter Name        Num Instances  Frame
 ------------------ -------------- --------
 TestMiniFilter1         4          1
 TestMiniFilter2         0          0
この例では、TestMiniFilter1 および TestMiniFilter2 はミニフィルタです。

この問題が発生しているかどうかを確認する方法

「現象」に記載されている現象が発生していて、システムにミニフィルタがインストールされている場合、この問題の影響を受けている可能性があります。

: ミニフィルタがまったくインストールされていない場合でも、この更新プログラムをインストールすることをお勧めします。これは、Microsoft Windows Vista のリリースに伴い、今後さらにミニフィルタ技術の導入が進むことが予想されるためです。この更新プログラムをインストールしておくことにより、今後ミニフィルタ ベースの製品をインストールしても、この問題の影響を受けずに済みます。

ミニフィルタがインストールされるアプリケーション

ミニフィルタ ベースの製品を扱っている企業は数多くあります。実際にリリースされているミニフィルタ ベースの製品の数についてマイクロソフトでは確認していません。ミニフィルタ技術を使用できるアプリケーションとして一般的なものに、ウイルス対策プログラムや暗号化プログラムがあります。ただし、ミニフィルタ技術を利用できるアプリケーションには、この他にもさまざまなものがあります。たとえば、Microsoft ファイル サーバー リソース マネージャや Microsoft Data Protection Manager ではミニフィルタ技術が使用されています。

この問題の発生が確認されているミニフィルタ

現在、この問題が発生することがマイクロソフトで確認されているミニフィルタ ベースのアプリケーションは、Microsoft ファイル サーバー リソース マネージャ (FSRM) のみです。FSRM は、Windows Server 2003 R2 および Microsoft Windows Small Business Server 2003 R2 でのみ利用できます。

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

ハードウェアにあらかじめ Microsoft Windows x64 エディションがインストールされていた場合、Windows x64 エディションの技術サポートと支援はハードウェアの製造元が提供します。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの能力を最大限に利用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。このため、ハードウェアに Windows x64 エディションが組み込まれている場合は、ハードウェアの製造元がサポートを提供します。Windows x64 エディションに関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition など、Windows x64 エディションを個別に購入した場合、技術サポートについてはマイクロソフトにお問い合わせください。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/64bit/default.mspx
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/64bit/x64/default.mspx


関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 922582 - 最終更新日: 2006年10月30日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbwinserv2003presp2fix kbwinxpsp3fix kbwinxppresp3fix kbfix atdownload kbqfe kberrmsg kbexpertisebeginner KB922582
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com