クリーン ブートは、最低限のドライバーおよびスタートアップ プログラムを使用して Windows を起動する実行されます。これは、プログラムまたは更新プログラムをインストールする Windows 8.1、Windows 8 の、Windows 7 または Windows Vista でプログラムを実行する場合や、ソフトウェアの競合解消に役立ちます。またトラブルシューティングまたはクリーン ブートを実行してどのような競合が問題の原因を特定できます。
ソフトウェアの競合が発生する理由ですか。
元に戻す画像を拡大する
Windows の起動時に自動的に、標準の起動、操作、いくつかのアプリケーションおよびサービスの開始を使用し、バック グラウンドで実行しています。これらのプログラムには、基本的なシステム プロセス、ウイルス対策ソフトウェア、システム ユーティリティのアプリケーション、および以前インストールされていたその他のソフトウェアが含まれます。これらのアプリケーションとサービスにはソフトウェアの競合を可能性があります。
元に戻す画像を拡大する

メモ Windows XP を使用している場合は、 Windows XP が「クリーン ブート」状態で起動するように構成する方法.

この資料の内容

Show all imageすべて表示Hide all imageすべて非表示

クリーン ブートを実行する方法

注:
  • クリーン ブートを実行するのには、管理者としてコンピューターにログオンする必要があります。
  • コンピューターのクリーン ブートを実行すると一時的にいくつかの機能を失う可能性があります。通常どおりコンピューターを起動するときに、機能を返します。ただし、元のエラー メッセージが表示されることや問題がまだ存在する場合、元の現象が発生可能性があります。
  • 場合は、コンピューターがネットワークに接続、ネットワーク ポリシーの設定から以下の手順をできない場合があります。マイクロソフトのサポート エンジニアは、これを行うに指示しない限り、コンピューター上の拡張起動オプションを変更するには、システム構成ユーティリティを使用しないことを強くお勧めします。これを行う可能性があります、コンピューターを使用できないようにします。
クリーン ブートを実行するには、次の手順に従います。

8.1 の Windows および Windows 8

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  2. タイプ msconfig 検索ボックスしの順にタップまたはmsconfigのをクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  3. [サービス] タブのシステムの構成] ダイアログ ボックス、タップまたはクリックして、[ Microsoft のサービスを全て隠す] チェック ボックスをオンしの順にタップまたはすべて無効にする] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  4. [システム構成] ダイアログ ボックスの [スタートアップ] タブをタップまたは、タスク マネージャーを開く] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  5. [スタートアップ] タブ タスク マネージャーで、スタートアップの項目ごとの項目を選択しを無効にする] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  6. タスク マネージャーを閉じます。
  7. [システム構成] ダイアログ ボックスの [スタートアップ] タブをタップして[ok]をクリックしてや、コンピューターを再起動します。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。

Windows 7 および Windows Vista の場合

  1. 管理者権限を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. 開始をクリックして型 msconfig.exe検索の開始ボックスで、システム構成ユーティリティを起動するには、Enter キーを押します。
    メモ 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力か確認を提供します。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  3. [全般] タブで、起動オプションを選択] をクリックし、スタートアップ項目を読み込む] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。(元の Boot.ini を使う] チェック ボックスは使用できません) です。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  4. 上のサービス タブで、[ Microsoft のサービスを全て隠す] チェック ボックスを選択する] をクリックを [すべて無効にする] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。

    メモ この手順で、Microsoft のサービスを引き続き実行します。これらのサービスには、ネットワーク、プラグ アンド プレイ、イベント ログ、エラー報告、およびその他のサービスが含まれます。これらのサービスを無効にする場合は、すべての復元ポイントを完全に削除することがあります。そうしない場合は、既存の復元ポイントと共にシステム復元ユーティリティを使用します。
  5. [OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。
Windows 7 および Windows Vista でクリーン ブートを実行する方法の詳細についてを参照して、 ビデオ: Windows のクリーン ブートを実行する方法.

次に、クリーン ブート環境である場合とは

コンピューターを再起動すると、クリーン ブート環境があります。自分の状況に応じて、次のいずれかの操作行います。
  • 場合 可能性がありますインストールまたはクリーン ブートを実行する前に、プログラムまたは更新プログラムをアンインストールしません。をインストールまたは、プログラムをアンインストールを再度更新しようとします。

    注: インストールまたはアンインストール中に「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」エラーが発生する場合は、次 システム サービスが読み込まれていない場合、Windows インストーラー サービスを開始する方法、しインストールまたはプログラムを削除または更新をもう一度します。
    • インストールまたはアンインストールが成功した場合、問題は解決されています。次 コンピューターを通常どおり起動をリセットする方法 コンピューターを通常のスタートアップにリセットされます。
    • インストールまたはアンインストールが失敗した場合、この問題の原因がアプリケーションまたはサービスの障害ではないことを意味します。移動する必要があります。 マイクロソフトのサポート 詳細をサポートします。
  • 場合 クリーン ブートを実行する前に、プログラムを実行できませんでした。、プログラムを再度実行しようとしています。
    • プログラムが正常に動作する場合この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生します。次 クリーン ブートを実行して問題の原因を判断する方法 どのアプリケーションまたはサービスが問題の原因を確認します。
    • プログラムでもが動作しない場合期待どおり、アプリケーションやサービスの妨害によってはこの問題は発生しません。移動する必要があります。 マイクロソフトのサポート 詳細をサポートします。

クリーン ブートによるトラブルシューティングの後に正常に起動するコンピューターをリセットする方法

トラブルシューティングが完了したら、コンピューターをリセットして通常どおりに起動する手順に従います。

8.1 の Windows および Windows 8

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  2. タイプ msconfig 検索ボックスしの順にタップまたはmsconfigのをクリックします。
  3. [全般] タブをタップまたは、標準の起動] をクリックします。
  4. タップまたはクリックして、 サービス タブの横にあるチェック ボックスをオフに Microsoft のサービスをすべて隠す、し、タップまたはクリックして すべて有効にします。.
  5. ap またはをクリックして、 スタートアップ タブ、し、タップまたはクリックしてください タスク マネージャーを開く.
  6. タスク マネージャーでは、すべてのスタートアップ プログラムを有効にして、タップまたはクリックしてください ].
  7. コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、タップまたは再起動] をクリックします。

Windows 7 および Windows Vista の場合

  1. 開始をクリックして型 msconfig.exe検索の開始ボックス、および Enter キーを押します。
    注: 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックしてください。
  2. [全般] タブで、標準の起動] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  3. コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。

詳細

クリーン ブートを実行して問題の原因を判断する方法

8.1 の Windows および Windows 8
  1. 管理者権限を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  3. タイプ msconfig 検索ボックスしの順にタップまたはmsconfigのをクリックします。
  4. タップサービス] タブをクリックしての順にタップまたはMicrosoft サービスを全て隠す] チェック ボックスをオンにします。
  5. タップまたはサービスの一覧のチェック ボックスの上半分を選択する] をクリックします。
  6. タップ[OKを] をクリックしての順にタップまたは再起動] をクリックします。
  7. コンピューターの再起動が完了したら後、は、問題がまだ発生するかどうかを判断します。
    • 問題が引き続き発生する場合、手順 1 〜 6 が最初に選択して [サービス] ボックスの一覧のチェック ボックスの下半分をオフに。
    • この問題が発生しない場合は、手順 1 〜 6 を繰り返し、サービスの一覧で、そのオフになっているチェック ボックスの上半分だけを選択します。すべてのチェック ボックスをオンにするまで、この手順を繰り返します。
    • 引き続き発生する場合、問題は 1 つだけのサービスを選択すると、サービス一覧、つまり、選択したサービスとの問題は、手順 11 に進んでください。サービスに問題がない、する場合は、手順 8 に進みます。
  8. 手順 1 〜 3 を繰り返します。
  9. タップまたはクリックして、スタートアップタブし] をタップし、またはチェック ボックスの上半分を選択する] をクリックしますスタートアップ項目リストです。
  10. クリックしてください。]プロパティ再起動.
    • 問題が引き続き発生する場合手順 8 および 9 を繰り返しますが、最初に選択したスタートアップ項目の一覧のチェック ボックスの下半分をオフにします。
    • この問題が発生しない場合は、手順 8 および 9 を繰り返し、スタートアップ項目の一覧で、そのオフになっているチェック ボックスの上半分だけを選択します。すべてのチェック ボックスをオンにするまで、この手順を繰り返します。
    • 引き続き発生する場合、問題はスタートアップ項目の一覧でスタートアップ項目を 1 つだけを選択した後、つまり、選択したスタートアップ項目が問題は、手順 11 に進んでください。スタートアップの項目にはこの問題がない、マイクロソフトのサービスが問題可能性があります発生します。どの Microsoft のサービスを問題の原因で可能性がありますを確認するのに、手順 1 〜 7 を選択せず、Microsoft のサービスをすべて隠す各手順にチェック ボックスします。
  11. スタートアップ項目、または、問題の原因となるサービスを決定した後、問題を解決できるかどうかを確認するのには、プログラムの製造元に問い合わせてください。または、システム構成ユーティリティを実行しの順にタップまたは、問題の項目のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。
Windows 7 および Windows Vista の場合
  1. 管理者権限を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. 開始をクリックして型 msconfig.exe検索の開始ボックスで、システム構成ユーティリティを起動するには、Enter キーを押します。
    注: 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力か確認を提供します。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  3. サービス] タブをクリックし、[をクリックし、[ Microsoft のサービスを全て隠す] チェック ボックスをオンをします。
  4. サービスの一覧のチェック ボックスの上半分を選択する] をクリックします。
  5. [OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。
  6. コンピューターの再起動が完了したら後、は、問題がまだ発生するかどうかを判断します。
    • 問題が引き続き発生する場合手順 1 〜 5 を繰り返しますが、最初に選択したサービスの一覧で、チェック ボックスの下半分をオフにします。
    • この問題が発生しない場合は、手順 1 〜 5 を繰り返し、サービスの一覧で、そのオフになっているチェック ボックスの上半分だけを選択します。すべてのチェック ボックスをオンにするまで、この手順を繰り返します。
    • 1 つのサービスを選択した後に引き続き、問題が発生した場合、サービスリスト、つまり、選択したサービスが問題です。手順 10 に進みます。サービスによってこの問題がない、する場合は、手順 7 に進みます。
  7. クリーン ブートを実行するには手順 1 と 2 を繰り返しします。
  8. をクリックしますスタートアップタブし、チェック ボックスの上半分を選択する] をクリックしますスタートアップ項目リストです。
    元に戻す画像を拡大する
    このステップのスクリーン ショットです。
  9. クリックしてください。]プロパティ再起動.
    • 問題が引き続き発生する場合手順 7 と 8 を繰り返しますが最初に選択したスタートアップ項目の一覧のチェック ボックスの下半分をオフにします。
    • この問題が発生しない場合は、手順 7 と 8 を繰り返し、スタートアップ項目の一覧で、そのオフになっているチェック ボックスの上半分だけを選択します。すべてのチェック ボックスをオンにするまで、この手順を繰り返します。
    • 引き続き発生する場合、問題はスタートアップ項目の一覧でスタートアップ項目を 1 つだけを選択した後、つまり選択したスタートアップ項目が問題です。手順 10 に進みます。スタートアップの項目にはこの問題がない、マイクロソフトのサービスが問題可能性があります発生します。どの Microsoft のサービスを問題の原因で可能性がありますを確認するのに、手順 1 〜 6 を選択せず、Microsoft のサービスをすべて隠すいずれかの手順を確認します。
  10. スタートアップ項目、または、問題の原因となるサービスを決定した後、問題を解決できるかどうかを確認するのには、プログラムの製造元に問い合わせてください。または、システム構成ユーティリティを実行し、問題の項目のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。

システム サービスが読み込まれていない場合、Windows インストーラー サービスを開始する方法

セットアップ プログラムを実行するには、Windows インストーラー サービスが起動せず、次のエラー メッセージが表示されます。

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。Windows インストーラー サービスが正しく登録されていることを確認するには、サポート担当者に問い合わせてください。

システム構成ユーティリティで [システム サービスを読み込む] チェック ボックスをオフにした場合、Windows インストーラー サービスは起動しません。システム サービスが読み込まれていない場合、Windows インストーラー サービスを使用するには、サービスを手動で開始する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
8.1 の Windows および Windows 8
  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  2. タイプ コンピューター [検索] ボックスを右クリックしダウンコンピューターを機械に通すとの順にタップまたは管理] をクリックします。
  3. 右クリックしダウンコンピューターを機械に通すの順にタップまたは管理] をクリックします。
  4. コンソール ツリーで、タップ [サービスとアプリケーション] との順にタップまたはサービス] をクリックします。
  5. 詳細ウィンドウで、右下にWindows インストーラーを機械に通すと] をタップし、または [スタート] ボタンします。
Windows 7 および Windows Vista の場合
  1. [スタート] ボタン、コンピューター、右クリックし、管理] をクリックします。
    注: 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  2. コンソール ツリーで、サービスとアプリケーション] をクリックし、[サービス] をクリックします。
  3. 詳細ウィンドウで、 Windows インストーラーを右クリックし、[スタート] ボタン

ビデオ: Windows のクリーン ブートを実行する方法

元に戻す画像を拡大する
uuid =8c884a98-6334-4d34-82ae-acdfe8959440 VideoUrl =http://aka.ms/o1h3lc
元に戻す画像を拡大する

この資料について

文書番号: 929135
最終更新日: 2014年3月11日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Starter, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929135
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.