Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 および Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection 用の最新のマルウェア対策定義ファイルの更新プログラムを手動でダウンロードする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 935934 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoing Protection 2010、および Microsoft System Center 2012 Endpoing Protection の最新のマルウェア定義更新プログラムを手動でダウンロードする方法について説明します。

詳細

Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection 用の Windows 32 ビット (x86 ベース) バージョン用マルウェア定義更新ファイル (Mpam-fe.exe) をダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=87342&clcid=0x409
Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection 用の Windows 64 ビット バージョン用マルウェア対策定義更新ファイルをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=87341&clcid=0x409
注: 64 ビット版の Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoing Protection 2010、または Microsoft System Center 2012 Endpoing Protection を実行するには、64 ビット版の Windows を実行している必要があります。「64 ビット版の Windows」には、x64 ベースの Windows を含みます。

該当するリンクをクリックし、実行をクリックすると、定義更新ファイルが直ちにインストールされます。また、保存をクリックすると、ファイルがコンピューターに保存されます。保存をクリックする場合は、ファイルをどこのフォルダーへ保存するか覚えておきます。

保存したファイルをインストールするには、[スタート] ボタン、実行] をクリックして、ファイルを保存したフォルダーを探し、ファイルをダブルクリックおよび [ OK] をクリックします。

注: Windows Vista ベースのコンピューターでそのファイルをインストールするには、ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックしてインストールします。

元に戻す画像を拡大する
 ユーザー アカウント制御の許可
管理者のパスワードまたは確認のメッセージが表示されたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。

定義更新ファイルを実行すると、ファイル抽出のダイアログボックスが表示されます。このダイアログ ボックスは、定義更新ファイルのインストール中であることを示しています。[ファイルの展開] ダイアログ ボックスが閉じたら、Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection の定義が更新されたことを確認できます。これを行うには、Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoing Protection を開き、Microsoft Forefront Crient Security Home または Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 のダイアログ ボックスの下にある定義のバージョンを確認します。

企業ユーザーが Microsoft Forefront Client Security、Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection の定義更新プログラムを配布するには、Windows Server Update Services (WSUS) 2.0 またはそれ以降のバージョンを使用する必要があります。

Microsoft Forefront Client Security または Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection の定義更新プログラムを実行する際、-q コマンド ライン スイッチを使用できます。このスイッチを使うと、非表示モードで定義更新プログラムをインストールします。非表示モードでは、[ファイルの展開] ダイアログ ボックスが表示されません。非表示 モードで定義更新プログラムをインストールするには、次のコマンドを入力します。
Mpam fe.exe q
注: このコマンドを実行するには、管理者権限を持つアカウントを使用する必要があります。


Forefront Endpoint Protection 2010 および Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection

Forefront Endpoint Protection 2010 または Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection を実行している場合は、次の手順も併せて実行してください。

1.) ネットワーク検査システムの定義を保存または実行します。

した後 最新の定義更新プログラムをダウンロードします。、の定義を、すぐにインストールを実行をクリックするか、保存をコンピューターに保存する] をクリックします。[保存] をクリックする場合、ファイルを保存したフォルダー名を覚えておいてください。

2.) 定義の更新プログラムのインストール

保存した定義の更新プログラム ファイルをインストールするには

Windows Vista または Windows 7 を実行しているコンピューターの場合、定義ファイルの保存先フォルダーを参照します。Nis_full.exe を右クリックし、[管理者として実行] をクリックして [実行] をクリックします。管理者パスワードの入力または確認を求められたら、パスワードを入力するか確認を行って、定義ファイルがインストールされるまでしばらく待ちます。

コンピューターを 他の Windows オペレーティング システム を実行している場合は、最新の定義ファイルをインストールするのには、管理者としてログオンする必要があります。ファイルの保存先フォルダーを参照し、nis_full.exe をダブル クリックして最新の定義ファイルをインストールします。

注: コンピューターの管理者アカウントを持っていない場合は、管理者にログオンしてもらい、定義ファイルをインストールしてもらうよう依頼します。


x64 ベース バージョンの Windows のためのテクニカル サポート

ハードウェアに Microsoft Windows x64 エディションがインストールされた状態で付属する場合、Windows x64 エディションのテクニカル サポートおよび技術支援はハードウェアの製造元が提供します。この場合、Windows x64 エディションがハードウェアに含まれていたものであるため、ハードウェアの製造元がサポートを提供します。ハードウェアの製造元を固有のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストール カスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネントには、特殊なデバイス ドライバーや、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するための追加設定などが含まれている場合があります。Windows x64 エディションについて技術的な支援が必要な場合、マイクロソフトは合理的な範囲でサポートを提供します。ただし、製造元へ直接問い合わせる必要がある場合もあります。製造元がハードウェアにインストールしたソフトウェアについては、製造元が最も適したサポートを行えます。Microsoft Windows Server 2003 x64 エディションなど、Windows x64 エディションを別に購入した場合は、マイクロソフトのテクニカル サポートに問い合わせてください。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
x64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/windowsserver2003x64

プロパティ

文書番号: 935934 - 最終更新日: 2013年11月23日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Client Security
  • Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010
  • Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection
キーワード:?
kbhowto kbexpertisebeginner kbinfo kbmt KB935934 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:935934
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com