アプリのアクセス許可

適用対象: Windows 10

Microsoft Store アプリやゲームの中には、Windows デバイスの特定のハードウェア機能やソフトウェア機能を利用するものがあります。フォト アプリではデバイスのカメラを使う必要があり、レストラン ガイドでは、近くのおすすめの場所を紹介するために位置情報を使う場合があります。

Windows 10 では、プライバシー ページを使って、特定の機能を使うことができるアプリを選択します。[スタート]  > [設定]  > [プライバシー] の順に選択します。アプリ (カレンダーなど) を選択し、アプリのアクセス許可のうちどのアクセス許可をオンまたはオフにするかを選択します。 

プライバシー ページには、すべてのシステム リソースを使用するアクセス許可があるアプリは表示されません。プライバシー設定では、これらのアプリでどの機能を使用できるかを制御することはできません。Windows デスクトップ アプリもこれに含まれます。アプリのアクセス許可については、Microsoft Store またはオンラインで各アプリの製品ページをご覧ください。記載されているすべての機能の使用を許可しない場合は、アプリのインストールを取りやめることもできます。 

各種のアクセス許可と、そのアクセス許可でアプリに許可される動作を以下に示します。

すべてのシステム リソース: 特に通知することなく、すべてのシステム リソース (カメラ、マイク、位置情報など) を使うことができます。プライバシー ページで、個々のシステム リソースに対するアプリのアクセス許可を制御することはできません。

アカウント情報: ユーザーのあらゆるアカウント情報にアクセスできます。

Bluetooth: ユーザーのデバイスと他のデバイスとの間のあらゆる Bluetooth 接続をアクティブ化して使用できます。

連絡先: 連絡先、People、またはアドレスブック アプリにアクセスできます。

カレンダー: ユーザーのカレンダーにアクセスできます。

通話履歴: Skype またはその他のテレフォニー アプリによるデバイスでの通話履歴にアクセスできます。

Email: ユーザーのメールと、ユーザーのメール アカウントに関するアカウント情報にアクセスできます。

顔認識: 顔認識ハードウェアをアクティブ化して使用できます。

指紋リーダー: 指紋リーダーをアクティブ化して使用できます。

位置情報: デバイス上の GPS 機能またはその他の位置情報検出機能をアクティブ化して使用できます。マップ アプリやその他の位置情報アプリの位置情報データにアクセスできます。

メッセージング: インスタント メッセージおよびアカウント情報にアクセスできます。

マイク: デバイスのマイクをアクティブ化して使用できます。 

モーション: 加速度計やその他の動作検知機能をアクティブ化して使用できます。

ミュージック ライブラリ: デバイスのミュージック ライブラリのすべてのミュージック ファイルにアクセスできます。

近距離無線通信: ユーザーのデバイスと他のデバイスとの間のあらゆる近距離無線通信 (NFC) 接続をアクティブ化して使用できます。

通知: アクション センターで検出した通知にアクセスできます。

ピクチャ ライブラリ: ユーザーのデバイスのピクチャ ライブラリにあるすべてのピクチャ ファイルにアクセスできます。

タスク: Outlook またはその他のタスク追跡アプリのタスク一覧にアクセスできます。

ビデオ ライブラリ: ユーザーのデバイスのビデオ ライブラリにあるすべてのビデオ ファイルにアクセスできます。

音声認識: 音声認識ハードウェアをアクティブ化して使用できます。

Web カメラ: ユーザーのデバイスのカメラをアクティブ化して使用できます。 

WiFi: ユーザーのデバイス、インターネット、他のデバイスの間の WiFi 接続をアクティブ化して使用できます。

ワイヤード (有線) 接続: ユーザーのデバイス、インターネット、他のデバイスの間のワイヤード (有線) 接続 (イーサネット、USB、シリアル通信を含む) をアクティブ化して使用できます。