Windows Live メールでメール、連絡先、カレンダーをインポートおよびエクスポートする


ハードウェアの切り替えや Windows Live メールの再インストールが必要な場合は、まずすべてをエクスポートして、変更を加えてから、エクスポートした内容を再度インポートすることをお勧めします。この操作は、一般的に、バックアップと復元と呼ばれます。

Windows Live メールに電子メール アカウントを追加した場合は、ほとんどのアカウントでメッセージが自動的に保存され、アカウントを再度追加するとメッセージが同期されます。

はじめに

  • メールをエクスポートする場合は、選択した場所に新しいフォルダーを作成します。メッセージは、空のフォルダーにエクスポートする必要があります。
  • カレンダーのアイテムはバックアップできません。ただし、Windows Live ID でサインインすると、カレンダーは http://calendar.live.com と同期されます。
  • Windows Live ID でサインインすると、連絡先は自動的に同期します。Windows Live ID でサインインしない場合は、連絡先を手動でエクスポートして再度インポートする必要があります。
  • POP3 アカウントを持っている場合は、[プロパティ] の [詳細] タブで、メッセージが POP3 サーバーから削除される設定になっているかどうかを確認します。メッセージがサーバーから削除される設定で、Windows Live メールからそのアカウントをアンインストールまたは削除する予定の場合は、メッセージを手動でエクスポートして再度インポートする必要があります。
  • Windows 転送ツールのようなプログラムを使用している場合は、新しく作成したフォルダーがバックアップの中に含まれていることを確認してください。
  • 複数の連絡先をインポートする場合は、.csv を使用することをお勧めします。.vcf ファイルは、1 つずつインポートする必要があります。

Windows Live メールからメール メッセージをエクスポートするには
Windows Live メールからアドレス帳をエクスポートするには
Windows Live メールにメール メッセージをインポートするには
Windows Live メールにオフラインのアドレス帳をインポートするには


プロパティ

文書番号:14031 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

フィードバック