Windows 7 の STOP (ブルー スクリーン) エラーを解決する

深刻な問題が原因で Windows 7 が予期せずにシャットダウンまたは再起動した場合、STOP エラー (ブルー スクリーン エラーまたはブラック スクリーン エラーとも呼ばれる) が発生する可能性があります。

これらのエラーはハードウェアとソフトウェアの両方の問題が原因で発生する可能性があり、問題のトラブルシューティングが困難な場合があります。次のツールおよび方法を使用すると、多くの場合 Windows を起動して再度実行することができます。

Windows が起動可能な場合

これらのツールおよび方法を使用すると、システムが以前の状態にロール バックされ、コンピューターに最新の更新プログラムがインストールされていることが確認できます。


システムの復元を使用して最新の変更を取り消す
アクション センターを使用して問題の解決策を確認する
Windows Update でソフトウェア更新プログラムを確認する
製造元の Web サイトでドライバーを検索する
セーフ モードを使用して問題のトラブルシューティングを行う
コンピューターのハード ディスクおよびメモリ エラーを確認する


Windows がまったく実行できない場合

次のツールを使用すると、ソフトウェアの変更をアンインストールまたはロールバックしたり、Windows スタートアップ ファイルを修復したり、以前のバックアップからシステムを復元することができます。これらの提案のいずれも問題を解決できない場合、Windows 7 を再インストールします。

次のツールの一部は、[システム回復オプション] メニューにあります。このメニューは、コンピューターのハード ディスクにプレインストールされており、Windows 7 インストール メディアにも収録されています。

Windows の回復を試行する場合:
  • タッチスクリーンを使用してタブレット PC または他のコンピューターを使用する場合、スタートアップ修復と、[システム回復オプション] メニューのその他のツールを使用するためには、キーボードとマウスに接続する必要がある場合があります。詳しくは、「Windows 7 のシステム回復オプションとは」をご覧ください。
  • Windows 7 がコンピューターにプレインストールされていたものである場合は、コンピューターの製造元がその他の回復オプションを追加している場合もあります。詳しくは、コンピューターに付属のドキュメントを確認するか、製造元の Web サイトにアクセスしてください。

セーフ モードで Windows の起動を試行する
スタートアップ修復を使用して Windows スタートアップ ファイルを修復する
システムの復元を使用して最新の変更を取り消す
システム イメージ バックアップを使用してコンピューターを復元する
Windows 7 を再インストールする
プロパティ

文書番号:17074 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

フィードバック