付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ

この付録では、Windows 10 Anniversary Update のナレーターでサポートされているすべてのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャの一覧を示します。

Windows の他のすべてのキーボード ショートカットの一覧については、「Windows のキーボード ショートカット」をご覧ください。

Windows アプリのキーボード ショートカットの一覧については、「アプリのキーボード ショートカット」をご覧ください。

ナレーターのキーボード コマンド

押すキー目的
Windows ロゴ キー  + Enterナレーターを起動または終了する
CapsLock + Escナレーターを終了する
CapsLock + M読み上げを開始する
Ctrl読み上げを停止する
CapsLock + Spaceスキャン モードを起動する
CapsLock + →次の項目に移動する
CapsLock + ←前の項目に移動する
CapsLock + ↑ または ↓ビューを変更する
CapsLock + F1ナレーター コマンドの一覧を表示する
CapsLock + F2現在の項目のコマンドを表示する
CapsLock + Enter1 次的なアクションを実行する
CapsLock + Shift + Enter検索モードを起動する
CapsLock + A詳細モードを変更する
CapsLock + Ctrl + 正符号 (+)詳細度を上げる
CapsLock + Ctrl + 負符号 (-)詳細度を下げる
CapsLock + Alt + 正符号 (+) または負符号 (-)句読点モードを変更する
CapsLock + Y
テキストの先頭に移動する
CapsLock + Zキーボード ショートカットを使うたびに CapsLock キーを押さなくて済むようにナレーター キー (CapsLock) をロックする
CapsLock + X次に使うキーボード ショートカットをナレーターで無視する
CapsLock + F12キーボード操作の読み上げを有効または無効にする
CapsLock + Vフレーズを繰り返す
CapsLock + PageUp または PageDown音声の音量を調節する
CapsLock + 正符号 (+) または負符号 (-)音声の速度を調節する
CapsLock + D
項目を読み上げる
CapsLock + F項目についての詳細情報を読み上げる
CapsLock + S項目の綴りを読み上げる
CapsLock + Wウィンドウを読み上げる
CapsLock + R含まれる領域のすべての項目を読み上げる
CapsLock + NumLockマウス モードをオンまたはオフにする
CapsLock + Q含まれる領域の最後の項目に移動する
CapsLock + Gナレーター カーソルをシステム カーソルに移動する
CapsLock + Tナレーター カーソルをポインターに移動する
CapsLock + チルダ (~)フォーカスを項目に設定する
CapsLock + BackSpace1 つ前の項目に戻る
CapsLock + Insertリンク先項目にジャンプする
CapsLock + F10現在の行ヘッダーを読み上げる
CapsLock + F9現在の列ヘッダーを読み上げる
CapsLock + F8現在の行を読み上げる
CapsLock + F7現在の列を読み上げる
CapsLock + F5現在の行と列の位置を読み上げる
CapsLock + F6表のセルに移動する
CapsLock + Shift + F6セルの内容に移動する
CapsLock + F3現在の行内の次のセルに移動する
CapsLock + Shift + F3現在の行内の前のセルに移動する
CapsLock + F4現在の列内の次のセルに移動する
CapsLock + Shift + F4現在の列内の前のセルに移動する
CapsLock + 終わり角かっこ (])先頭からカーソルまでテキストを読み上げる
CapsLock + 0 (ゼロ)テキスト属性を読み上げる
CapsLock + Hドキュメントを読み上げる
CapsLock + Ctrl + U現在のページを読み上げる
CapsLock + U次のページを読み上げる
CapsLock + Shift + U前のページを読み上げる
CapsLock + Ctrl + I現在の段落を読み上げる
CapsLock + I次の段落を読み上げる
CapsLock + Shift + I前の段落を読み上げる
CapsLock + Ctrl + O現在の行を読み上げる
CapsLock + O次の行を読み上げる
CapsLock + Shift + O前の行を読み上げる
CapsLock + Ctrl + P現在の単語を読み上げる
CapsLock + P次の単語を読み上げる
CapsLock + Shift + P前の単語を読み上げる
CapsLock + Ctrl + 始め角かっこ ([)現在の文字を読み上げる
CapsLock + 始め角かっこ ([)次の文字を読み上げる
CapsLock + Shift + 始め角かっこ ([)前の文字を読み上げる
CapsLock + Yテキストの先頭に移動する
CapsLock + Bテキストの末尾に移動する
CapsLock + J次の見出しに移動する
CapsLock + Shift + J前の見出しに移動する
CapsLock + K次の表に移動する
CapsLock + Shift + K前の表に移動する
CapsLock + L次のリンクに移動する
CapsLock + Shift + L前のリンクに移動する
CapsLock + C
現在の日付/時刻を読み上げる
CapsLock キーを続けてすばやく 2 回押すCapsLock をオンまたはオフにする
CapsLock + E否定的なフィードバックを送信する
CapsLock + Shift + E肯定的なフィードバックを送信する
CapsLock + E キーを続けてすばやく 2 回タップするフィードバック ダイアログを開く
CapsLock + Ctrl + ↑親へ移動する (構造ナビゲーションがアプリによって提供されている場合のみ)
CapsLock + Ctrl + →次の兄弟へ移動する (構造ナビゲーションがアプリによって提供されている場合のみ)
CapsLock + Ctrl + ←前の兄弟へ移動する (構造ナビゲーションがアプリによって提供されている場合のみ)
CapsLock + Ctrl + ↓最初の子へ移動する (構造ナビゲーションがアプリによって提供されている場合のみ)
CapsLock + N
主要なランドマークに移動する


スキャン モードのキーボード コマンド

押すキー目的
↑ および ↓アプリまたは Web ページで前後の行に移動する
→ および ←アプリまたは Web ページで前後の文字に移動する
Spaceボタンやテキスト ボックスなど、使う項目をアクティブにする
Enterサポートされている場合は、項目に対して 2 次的なアクションを実行する
Ctrl + ← および Ctrl + →前の単語または次の単語に移動する
Ctrl + ↑ および Ctrl + ↓前の段落または次の段落に移動する
H または Shift + H、Alt + ↓ または Alt + ↑前の見出しまたは次の見出しに移動する
T または Shift + T前の表または次の表に移動する
P または Shift + P前の段落の次に移動する
K または Shift + K、Alt + → または Alt + ←前のリンクまたは次のリンクに移動する
D または Shift + D前のランドマークまたは次のランドマークに移動する
Ctrl + Alt + → または ←行内の前のセルまたは次のセルに移動する
Ctrl + Alt + ↑ または ↓列内の前のセルまたは次のセルに移動する
CapsLock + F5表内の位置をアナウンスする
CapsLock + F9列ヘッダーをアナウンスする
CapsLock + F10行ヘッダーをアナウンスする
CapsLock + F7現在の表の列を先頭から最後まで読み上げる
CapsLock + F8現在の表の行を先頭から最後まで読み上げる


ナレーターのタッチ ジェスチャ

使うジェスチャ 目的
1 本の指でタッチまたはドラッグする指を当てた部分を読み上げる
1 本の指でダブルタップまたは長押しし、2 本目の指で画面の任意の場所をタップするプライマリ動作をアクティブにする
1 本の指でトリプルタップまたは長押しし、2 本目の指で画面の任意の場所をダブルタップするセカンダリ動作をアクティブにする
1 本の指で長押しし、2 本目の指で画面の任意の場所をタップするドラッグまたは追加のキー オプションを開始する
1 本の指で左/右へフリックする前の項目または次の項目に移動する
1 本の指で上/下へフリックするビューを変更する
2 本の指で 1 回タップするナレーターの読み上げを停止する
3 本の指で 1 回タップする詳細モードを変更する
4 本の指で 1 回タップする現在の項目に対するナレーター コマンドを表示する
2 本の指でダブルタップするコンテキスト メニューを表示する
3 本の指でダブルタップするテキスト属性を読み上げる
4 本の指でダブルタップする検索モードを起動する
4 本の指で 3 回タップするすべてのナレーター コマンドを表示する
2 本の指で上、下、左、右いずれかにスワイプするスクロールする
3 本の指で左/右へスワイプするタブで次/前の項目に移動する
3 本の指で上へスワイプする現在のウィンドウを読み上げる
3 本の指で下へスワイプする探索可能なテキストの読み上げを開始する
4 本の指で上/下へスワイプするセマンティック ズームをオン/オフにする (サポートされている場合)
4 本の指で左/右へスワイプするナレーター カーソルをユニットの先頭または末尾に移動する


次: 付録 C: TTS の音声

目次に戻る

プロパティ

文書番号:22806 - 最終更新日: 2016/10/06 - リビジョン: 4

フィードバック