プログラムやファイルをインストール、更新、または起動しようとすると、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」というエラー メッセージが表示される

適用対象: Windows 7 EnterpriseWindows 7 Home BasicWindows 7 Home Premium 詳細

現象


プログラムまたはファイルをインストール、更新、または起動しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: 指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。 これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。

解決方法


この問題を解決するには、以下の手順を方法 1 から順番に実行します。方法 1 で問題が解決しない場合は、次の方法に進んでください。

方法 1: ファイルまたはフォルダーのアクセス許可を確認する

: 管理者権限を持っていることを確認するか、ドメイン内にいる場合は Domain Admins グループに属していることを確認してください。

アクセス許可とは、ファイルにアクセスできるかどうかと、ファイルに対して行える操作を決めるための、ファイルに関連付けられる規則のことです。 ファイルまたはフォルダーのアクセス許可を確認するには、次の手順に従います。  
  1. ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  2. [セキュリティ] タブを選択します。
  3. [グループまたはユーザー名] で、自分の名前をクリックし、自分が持っているアクセス許可を確認します (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。
    この手順のスクリーン ショット
  4. [編集] を選択し、必要なアクセス許可のチェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。 (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。
    この手順のスクリーン ショット

アクセス許可の詳細については、「アクセス許可とは」を参照してください。

方法 2: ファイルの場所を確認する

ショートカットまたはインストールしたプログラムが、現在使用できない場所 (ネットワーク ドライブやリムーバブル ドライブなど) にアクセスしようとしている場合に、このエラー メッセージが表示されることがあります。 Windows でアクセスできないファイルのパスをチェックし、問題の場所がアクセス可能であることを確認してください (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。
この手順のスクリーン ショット

方法 3: ファイルが移動または削除されていないことを確認する

このエラー メッセージは、ファイルが移動または削除されている場合にも表示されることがあります。 問題の場所に移動し、ファイルが存在することを確認してください。

方法 4: ショートカットを作成し直して破損していないかを確認する

このエラー メッセージは、ショートカットまたは他の形式のファイルが破損している場合にも表示されることがあります。 ショートカットを作成し直すことにより、破損しているかどうかをチェックできます。 この手順については、「ショートカットの作成と削除」を参照してください。

アプリケーションまたは他の形式のファイルが破損している場合は、問題を解決するためにアプリケーションを修復しなければならないことがあります。

方法 5: ファイルのブロックを解除する

Windows によってファイルがブロックされている場合があります。 ファイルのプロパティをチェックしてください。「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります」という注意書きが表示されている場合があります。ファイルがブロックされているかをチェックして、ブロックを解除するには、次の手順に従います。
  1. ブロックされている可能性のあるファイルを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  2. [全般] タブの [ブロックの解除] オプションを選択できる場合は、このオプションを選択します。

方法 6: ウイルス対策ソフトウェアがファイルをブロックしていないかを確認する

ウイルス対策ソフトウェアがファイルをブロックしていないかを確認します。ブロックしている場合は、ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にして、ファイルを開きます。 ファイルでの作業が終わり次第、ウイルス対策ソフトウェアを元通り有効にしてください。 インターネットに接続しているときにウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、PC が攻撃を受ける可能性があります。

重要: ウイルス対策ソフトウェアを無効にしたり、その設定を変更したりすると、PC がウイルスや詐欺、悪意のある攻撃を受けやすくなる可能性があります。 ウイルス対策ソフトウェアを無効にしたり、設定を変更したりすることはお勧めしません。  ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にした場合は、ファイルでの作業が終わり次第、元通り有効にしてください。 この回避策は、自己の責任において使用してください。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、「ウイルス対策ソフトウェアの無効化」を参照してください。

原因


この問題は、PC が次のいずれかの状態になっている場合に発生する可能性があります。
  • ファイルまたはファイルの場所へのアクセス許可がない。
  • ファイルが、現在アクセス不可能な場所、たとえば、PCが現在接続されていないネットワークや外付けドライブにある。
  • ファイルが移動または削除されている。
  • ファイルまたはショートカットが破損している。
  • ファイルが Windows によってブロックされている。
  • ウイルス対策ソフトウェアがファイルをブロックしている。
 

詳細情報


Windows のファイルやフォルダーへのアクセス エラーについて詳しくは、「"アクセスが拒否されました" または他のエラーが Windows でファイルやフォルダーにアクセスするときまたはそれらを操作するときに表示される」を参照してください。