Outlook 2010 更新プログラムの説明: 2012 年11月13日

適用対象: Microsoft Outlook 2010

はじめに


Microsoft は、Microsoft Outlook 2010 の更新プログラムをリリースしました。 この更新プログラムは、32ビット版と64ビット版の Outlook 2010 に関する最新の修正プログラムを提供します。 また、この更新プログラムでは、安定性とパフォーマンスが向上しています。

この更新プログラムで修正される問題

  • 有効期限が切れたパスワードを使用して Microsoft Office 365 Exchange Online サービスに接続すると、Outlook 2010 が切断された状態になります。 ただし、パスワードの有効期限が切れたという通知は受け取りません。 注: この修正プログラムをインストールすると、パスワードの有効期限が切れる前にダイアログボックスが表示されます。 このダイアログボックスでは、パスワードを変更するための URL を開くことができます。
  • Outlook 2010 は、アラビア語やヘブライ語などの右から左に記述する言語で表示されることを前提としています。 また、Ctrl キーを押しながら、通知領域の Outlook アイコンを右クリックして、[接続状態] をクリックしたとします。 この状況では、 Microsoft Exchange の [接続状態] ダイアログボックスの内容が正しく表示されません。
  • 特定のタイムゾーンで会議出席依頼を承諾すると、Outlook 2010 がクラッシュします。注: この問題は、エルサレムタイムゾーンで発生します。

解決方法


「Microsoft Office TechCenter」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。 Office System TechCenter の詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。