RemoteApp と Desktop Connections 用の更新プログラムが Windows で利用できます。

適用対象: Windows 7 Service Pack 1Windows 7 EnterpriseWindows 7 Home Basic 詳細

概要


この資料では、リモート デスクトップ サービスの新機能が使用できるようになるリモート デスクトップ接続 (RDC) 8.1 クライアント用更新プログラムについて説明します。これらの機能は、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で導入され、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) を実行しているコンピューターでも使用できるようになりました。

新機能

Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 へのリモート接続の新機能

次の RDC 8.1 クライアント更新プログラムにある新機能は、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 へのリモート デスクトップ接続セッションを確立すると、使用できるようになります。
高速再接続時のサポート
この更新プログラムにより、RDC 8.0 クライアントおよびそれ以前のバージョンのクライアントでかかる時間に比べると、RDC 8.1クライアントがリモート セッションに再接続する時間は短縮されます。クライアントが再接続するのにかかる実際の時間は、ネットワークおよびデプロイの構成によって左右されます。
RemoteApp の機能強化
  • 透過ウィンドウの完全サポート
    Microsoft Office 2013 など一部のアプリケーションは、透明なウィンドウまたは枠を描画します。透明なウィンドウまたは枠を描画する RemoteApp プログラムは、ローカル アプリケーションと同じ表示になりました。
  • RemoteApp のウィンドウの移動およびサイズ変更
    これらの操作の応答がよくなり、ローカル アプリケーションのような表示および動作を実現します。具体的には、アプリケーションの移動中に、アプリケーション内のコンテンツが表示されます。
  • サムネイル、aero peek、ライブ タスクバー
    これらは、RemoteApp 内で、ローカルで動作するのと同等に機能します。
動的モニターと解像度の変更
更新プログラムのインストール後、RemoteApp プログラムとデスクトップ セッションは、ローカル クライアントの解像度を追加、削除、回転、または変更するときに、ローカル プログラムと同様に動作します。たとえば、回転を適用すると、幅と高さが RemoteApp プログラムに従って変更され、デスクトップ セッションの解像度も調整されます。
セッション シャドウイングのサポート
Windows Server 2012 R2 および Windows 8.1 では、管理者は、セッションベースまたは仮想マシンベースのデスクトップまたは RemoteApp アプリケーション上で、セッションシャドウイング機能を使用できます。これは、エンドユーザーの問題のサポートおよびトラブルシューティングに非常に便利です。管理者は RDC 8.1 を使用して、Windows 7 SP1 ベースのコンピューターのコマンド ラインからセッションシャドウイング機能を使用できるようになりました。

その他のバージョンの Windows にリモート接続するための新機能

次の RDC 8.1 クライアントの更新プログラムの新機能は、クライアントがすべてのバージョンの Windows に接続するときに使用できます。
リモート デスクトップ ゲートウェイのプラグ可能な認証および承認
リモート デスクトップ ゲートウェイのプラグ可能な認証および承認 (PAA) により、リモート デスクトップ ゲートウェイと共にカスタム認証のルーチンを使用できます。RDC 8.1 以降、RDP ファイルのプロパティだけでなく、既存 ActiveX API および Internet Explorer の cookie を使用する方法として、PAA の cookie を提供できます。複数のブラウザー間でのリモート デスクトップ Web アクセス (RD Web アクセス) とシームレスに機能するカスタムの 2 要素認証を提供するために使用できます。この機能では、RDP ファイルを使用して接続を開始することができます。

この機能には、Windows Server 2008 R2 またはそれ以降のバージョンが実行されているリモート デスクトップ ゲートウェイ サーバーが必要です。

PAA の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

詳細


更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

Windows Update
この更新プログラムは Windows Update から入手できます。
Microsoft ダウンロード センター
次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7Download 更新プログラム パッケージのダウンロード
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7Download 更新プログラム パッケージのダウンロード
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2Download 更新プログラム パッケージのダウンロード
重要 更新プログラムをインストールした後は、スマートカードのリダイレクトの問題を解決するのには 2913751 の更新プログラムをインストールします。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:
2913751 RDP 8.1 の Windows 7 SP1 ベースのクライアントでリモート セッションでスマート カードのリダイレクトが失敗します。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Windows 7 SP1 を実行している必要があります。さらに、以下の更新プログラムをインストールする必要があります。
  • 2574819更新プログラムが利用可能な Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 で DTLS のサポートを追加します。
  • 2857650 RemoteApp とデスクトップ接続の機能を向上する更新プログラムが Windows 7 で利用可能です

既知の問題

RDP 8.0 更新プログラムとの共存
この更新プログラムには、Windows 7 仮想デスクトップ用のリモート デスクトップ プロトコル 8.1 のサーバー側のコンポーネントは含まれていません。つまり、この更新プログラムには、新しいクライアントのみが含まれています。そのため、更新プログラムは、クライアント コンピューターとして使用するコンピューターにのみ適用されます。RDP 8.0 更新プログラムには、RDC 8.0 クライアントと Windows 7 SP1 の仮想デスクトップの RDP 8.0 サーバー側のプロトコル コンポーネントの両方が含まれています。RDP 8.0 サーバー側コンポーネントと 8.1 の RDC クライアントが同じコンピューターにインストールされている場合は、RDP 8.0 更新プログラムをまずインストールし、後でこの更新プログラムをインストールします。

リモート デスクトップ プロトコル 8.0 の更新プログラムに関する詳細については、以下の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2592687 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 のリモート デスクトップ プロトコルの 8.0 の説明を更新します。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後に、コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されることがあります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

関連情報


ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明