Windows Defender の新機能

Windows 10 Anniversary Update をインストールすると、最新の Windows Defender 機能を活用して PC を保護できます。ここでは、Windows Defender に関する最新のニュースや情報をご紹介します。

更新された保護機能

Windows 10 Anniversary Update では、Windows Defender が新しい脅威にさらに迅速に対応できるように、"クラウド ベースの保護" と "自動サンプル送信" の機能に対する機能強化が含まれています。ほとんどの場合、Windows Defender はクラウドベースの保護機能を使って脅威を検出し、最初に検出した時点で脅威をブロックします。場合によっては、Windows Defender がクラウドを使用して不審なプログラムを分析します。Windows Defender はこの分析を通じて新しい脅威の情報を収集できるため、以前のバージョンの Windows よりもはるかに速く脅威に対応して PC を保護できます。

保護を確認するには

クラウド ベースの保護機能と自動サンプル送信機能をオンにして Windows Defender を実行すると、最新の脅威に対応できる最高レベルの保護と大きな安心感を得ることができます。これさえ確認できれば保護は万全です。

Windows Defender の設定の更新

お客様のフィードバックにお応えして、できるだけ簡単に PC を保護できるように、Windows Defender の設定がいくつか変更されました。

オフライン スキャン

オフライン スキャンを実行すると、通常のスキャンでは見つからないマルウェアを検出して削除できます。Windows Defender の設定で [オフライン スキャン] を選びます。

拡張通知

拡張通知を使って、表示される通知を制御できます。このオプションをオフにしても、脅威が見つかった場合は重要な通知が表示されます。オンにすると、重要な通知に加え、スキャンの完了や Windows Defender の最近のアクティビティなどについての追加の通知が表示されます。

さらにわかりやすくなった説明

設定を正確に理解してオンまたはオフを選べるように、クラウドベースの保護や自動サンプル送信を含めた一部の設定について、説明をよりわかりやすく改訂しました。また組織内で PC をお使いの場合は、設定できるオプションとできないオプションがわかりやすく表示されます。

プロパティ

文書番号:29276 - 最終更新日: 2016/08/30 - リビジョン: 1

フィードバック