[MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials

はじめに


マイクロソフトはセキュリティ情報 MS14-045 を公開しました。このセキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ:
Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナルのためのセキュリティ ソリューション:
セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:
ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:
その他の地域のサポート

詳細


このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • 既知の問題 1
    このセキュリティ更新プログラムをインストールした後で、既定のフォント ディレクトリ (%windir%\fonts\) 以外の場所にインストールされたフォントがアクティブなセッションに読み込まれたときに変更できなくなります。これらのフォントを変更、置換、または削除しようとしてもブロックされ、ファイルが使用中であるというメッセージが表示されます。

    詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
  • 既知の問題 2
    マイクロソフトでは、次のいずれかの更新プログラムをインストールした後にフォントが正しく表示されない動作を調査中です。
    2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバー セキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日) (リンク先は英語の場合があります)
    2970228 Windows でロシア ルーブルの新しい通貨記号をサポートするための更新プログラム (リンク先は英語の場合があります)
    2975719 2014 年 8 月公開の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ (リンク先は英語の場合があります)
    2975331 2014 年 8 月公開の Windows RT、Windows 8、および Windows Server 2012 の更新プログラムのロールアップ (リンク先は英語の場合があります)
    状況
    KB 2993651 は、このセキュリティ更新プログラムを置き換え、既知の問題を解決します。 (リンク先は英語の場合があります)

    緩和策
    [コントロール パネル] の [プログラムと機能] を開き、[インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。以下のいずれかの更新プログラムが現在インストールされている場合は、それらを削除します。
    • KB2982791
    • KB2970228
    • KB2975719
    • KB2975331
  • 既知の問題 3
    Microsoft では、以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後に 0x50 Stop エラー メッセージ (バグチェック) が表示されてシステムがクラッシュすることがある動作を調査中です。
    2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバー セキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日) (リンク先は英語の場合があります)
    2970228 Windows でロシア ルーブルの新しい通貨記号をサポートするための更新プログラム (リンク先は英語の場合があります)
    2975719 2014 年 8 月公開の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ (リンク先は英語の場合があります)
    2975331 2014 年 8 月公開の Windows RT、Windows 8、および Windows Server 2012 の更新プログラムのロールアップ (リンク先は英語の場合があります)
    この状況が継続し、システムが正常に起動しなくなる場合があります。

    状況
    KB 2993651 は、このセキュリティ更新プログラムを置き換え、既知の問題を解決します。 (リンク先は英語の場合があります)

    緩和策
    1. 以下の手順を実行して、コンピューターをセーフ モードで再起動します。
      • Windows 7
      • Windows 8 および Windows 8.1
        1. Windows 8.1 のインストール メディア (DVD、USB など) がある場合は、インストール メディアを使用してコンピューターを起動します。DVD または USB フラッシュ ドライブを挿入して、コンピューターを再起動します。"任意のキーを押して DVD から起動するように" 求めるメッセージが表示された場合は、任意のキーを押します。このメッセージが表示されない場合は、コンピューターが最初に DVD または USB から起動するようにコンピューターの BIOS 設定で再起動順序を変更する操作が必要なことがあります。[Windows のインストール] ページが表示されたら、[コンピューターの修復] をクリックして、Windows 回復環境を起動する必要があります。
        2. メディアがない場合は、起動処理中に電源ボタンを使用してコンピューターの再起動を 3 回行う必要があります。これにより Windows 回復環境が起動します。
        3. Windows 回復環境が起動したら、[オプションの選択] 画面で [トラブルシューティング] をタップまたはクリックします。[起動の設定] オプションが表示されない場合は、[詳細オプション] をタップまたはクリックします。
        4. [起動の設定] をタップまたはクリックし、[再起動] をタップまたはクリックします。
        5. [起動の設定] 画面で、必要な起動の設定を選択します (セーフ モードに移行するには 4 を押します)。
        6. 管理者権限を持つユーザー アカウントでコンピューターにサインインします。
    2. fntcache.dat ファイルを削除します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
      del %windir%\system32\fntcache.dat
    3. fntcache.dat を削除した後で、コンピューターを再起動します。コンピューターが正常に再起動します。
    4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
    5. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Fonts\
    6. Fonts レジストリ サブキーを右クリックし、[エクスポート] をクリックします。
    7. エクスポートされる reg ファイルの名前を入力し、ファイルを保存する場所を選択します。後でこのファイルを使用し、次の手順で削除するフォントの登録を復元します。
    8. reg ファイルを保存した後で、Fonts レジストリ サブキーの下で、データ フィールドが次の条件を満たすレジストリ値を見つけます。
      • ファイル名だけではなくファイルの完全なパスを含む
      • ファイルの完全なパスの末尾に ".otf" 拡張子が付いている(これは OpenType フォント ファイルを示します)。OpenType フォント ファイル
    9. fntcache.dat ファイルをもう一度削除します (再作成されています)。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
      del %windir%\system32\fntcache.dat
    10. [コントロール パネル] の [プログラムと機能] を開き、[インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。以下のいずれかの更新プログラムが現在インストールされている場合は、それらを削除します。
      • KB2982791
      • KB2970228
      • KB2975719
      • KB2975331
    11. コンピューターを再起動します。
    12. 前に保存した reg ファイルを見つけ、ファイルを右クリックして、[結合] をクリックし、前に削除したフォント レジストリ値を復元します。

      注: 問題のある更新プログラムが削除されたので、これらのレジストリ値を再び追加しても安全です。
  • 既知の問題 4この更新プログラムをインストールした後で、ウィンドウの z オーダーが変更されます (z オーダーは、SetWindowPos 関数と共に HWND_TOP パラメーターを呼び出します)。そのため、特定のアプリケーションのウィンドウが見えなくなったり、誤って他のウィンドウの背後に表示されたりすることがあります。

    解決方法
    この問題を解決するには、更新プログラム 2998984 をインストールします。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    2998984 Windows で更新プログラム 2973201 をインストールした後に MicroStation ツール バーをドッキングできない (リンク先は英語の場合があります)
    注意事項
    この問題は次の更新プログラムをインストールした後にも発生します。
    2965768 Stop エラー 0x3B が Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 でアプリケーションがウィンドウの z オーダーを変更すると発生する (リンク先は英語の場合があります)
    2970228 Windows でロシア ルーブルの新しい通貨記号をサポートするための更新プログラム (リンク先は英語の場合があります)
    2973201 [MS14-039] Windows オンスクリーン キーボードのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 7 月 8 日) (リンク先は英語の場合があります)
    2975719 2014 年 8 月公開の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ (リンク先は英語の場合があります)

ファイル情報


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。