顧客満足度及び診断テレメトリのための更新プログラム

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials

この資料では、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、および Windows Server 2008 R2 SP1 の更新プログラムについて説明します。この更新プログラムをインストールする前に、「必要条件」のセクションを確認してください。

この更新プログラムについて


このパッケージは、既存のデバイスの診断と遠隔測定のサービスを更新します。このパッケージには、Visual Studio のアプリケーション情報は、購読済みのアプリケーションもサポートしています。この資料の内容は、パッケージの機能をより正確に反映するように変更されましたしに関連する Windows サービスです。

診断と遠隔測定のサービスについて


全体的なアプリケーション体験を支援

診断と遠隔測定のサービスは、Windowsカスタマー エクスペリエンス向上プログラム(CEIP) に参加している Windows システムの機能に関する問題の診断情報を収集します。CEIP レポートには、名前、住所、電話番号などの連絡先情報が含まれていません。つまり、CEIP は指示しませんアンケートに参加するか、迷惑メールを読むと、他の方法での売り込みはありません。 Windows ユーザーを変更できる Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの設定] ページの Windows CEIP への参加によって、コントロール パネルを開き、アクション センターを選択する >変更アクション センターの設定>カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの設定

独自の診断と遠隔測定プログラムは、アプリケーション情報などのアプリケーションは、マイクロソフトに「遠隔測定」を転送するサービスによって異なります。アプリケーションのユーザーは、アプリケーションの設定でこれらのプログラムに参加することになります。

追加情報

この更新プログラムでは、SSL (TCP ポート 443) を使用して、マニフェストをダウンロードし、「遠隔測定」を次のような DNS エンドポイントを使用している Microsoft にアップロードします。
  • vortex-win.data.microsoft.com
  • settings-win.data.microsoft.com
この更新プログラムには、ユーザーが Windows CEIP プログラムやアプリケーションの情報を使用するアプリケーションなどのアプリケーションによって管理される具体的には「遠隔測定」プログラムに参加する場合、サービスによって使用される次の 2 つのマニフェストにはが含まれています。
  • telemetry.ASM-WindowsDefault.json
  • utc.app.json
注: 上級ユーザーは、このパッケージのインストール後、システム ファイル チェッカー ツール (sfc.exe) を実行、上記 2 つのファイルが誤ってフラグは設定が破損しています。なくシステム効果や破損、これらのファイルは、フラグを設定した場合、この問題は、それ以降のサービス更新プログラムで修正される予定です。

Windows 7 のサポート

Windows 7 を提供することも、Windows 8.1 にセキュリティ更新プログラムの 3045999を個別に配置されたカーネルの更新がサポートされています。

この更新プログラムの入手方法


重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールしないでください。インストールした場合は、その言語に対する変更が適用されず、再度更新プログラムをインストールする必要があります。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

方法 1: Windows Update

この更新プログラムが提供されている Windows Update での推奨される更新プログラムとして。Windows Update を実行する方法の詳細については、 Windows Update から更新プログラムを入手する方法を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows 8.1Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 R2Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての IA 64 ベース バージョン のWindows Server 2008 R2Download パッケージを今すぐダウンロードします。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムをインストールするには、 Windows RT 8.1、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の2014 年 4 月付更新プログラムのロールアップ (2919355) が Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 にインストールされている必要があります。または、 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 用の Service Pack 1 をインストールします。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

3022345 の更新を以前にリリースされたこの更新プログラムが置き換えられます。

関連情報


マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語を参照してください。