reg ファイルを使用してレジストリ サブキーと値を追加、変更、または削除する方法

適用対象: Windows 7 EnterpriseWindows 7 ProfessionalWindows 7 Home Basic

注意事項
  • この記事は、上級ユーザー、管理者、および IT プロフェッショナルを対象としています。
  • 登録エントリ (.reg) ファイルのインポートは Regedit.exe の機能であり、Regedt32.exe ではサポートされていません。Regedit.exe を使用すると、Windows NT 4.0 ベースまたは Windows 2000 ベースのコンピュータのレジストリに変更を加えることができますが、一部の変更には Regedt32.exe が必要です。たとえば、Windows NT 4.0 ベースまたは Windows 2000 ベースのコンピュータでは、Regedit.exe を使用して REG_EXPAND_SZまたはREG_MULTI_SZ値を追加または変更することはできません。Regedt32.exe は、Windows NT 4.0 および Windows 2000 の主要なレジストリ エディタです。Regedt32.exe を使用する必要がある場合は、登録エントリ (.reg) ファイルを使用してレジストリを変更することはできません。Regedit.exe と Regedt32.exe の違いの詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。  
    141377 Regedit.exe と Regedt32.exe の違い

この資料の内容

概要


重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この資料では、登録エントリ (.reg) ファイルを使用してレジストリ サブキーと値を追加、変更、または削除する方法について手順を追って説明します。Regedit.exe は、.reg ファイルを使用してレジストリ サブキーと値をインポートおよびエクスポートします。これらの .reg ファイルを使用して、レジストリの変更を複数の Windows ベースのコンピュータにリモートで配布できます。reg ファイルを実行すると、ファイルの内容がローカル レジストリにマージされます。したがって、.reg ファイルは慎重に配布する必要があります。トップに戻る

の構文。Reg ファイル

.reg ファイルの構文は次のとおりです。レジストリ エディタバージョンの空白行[レジストリパス1]"データ項目名 1"="データ型 1:データ値 1"データ項目名 2"="データ型 2:データ値 2"空白行[レジストリパス2]"データ項目名 3"="データ型 3:データ値 3"どこ:レジストリ エディタバージョンは、Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 の場合は "Windows レジストリ エディタ バージョン 5.00" または Windows 98 および Windows NT 4.0 の場合は "REGEDIT4" のいずれかです。"REGEDIT4" ヘッダーは、Windows 2000 ベース、Windows XP ベース、および Windows Server 2003 ベースのコンピュータでも機能します。空白行は空白行です。これにより、新しいレジストリ パスの開始が識別されます。各キーまたはサブキーは、新しいレジストリ パスです。reg ファイルに複数のキーがある場合は、空白行を使用して内容の確認とトラブルシューティングを行うことができます。RegistryPathxは、インポートする最初の値を保持するサブキーのパスです。パスを角かっこで囲み、階層の各レベルを円記号で区切ります。例えば:
[HKEY_LOCAL_ MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System]
.reg ファイルには、複数のレジストリ パスを含めることができます。path ステートメントの階層の最下位がレジストリに存在しない場合は、新しいサブキーが作成されます。レジストリ ファイルの内容は、入力した順序でレジストリに送信されます。したがって、その下に別のサブキーを持つ新しいサブキーを作成する場合は、正しい順序で行を入力する必要があります。インポートするデータ項目の名前を指定します。ファイル内のデータ項目がレジストリに存在しない場合は、.reg ファイルによって (データ項目の値を含む) 追加されます。データ項目が存在する場合は、.reg ファイル内の値によって既存の値が上書きされます。データ項目の名前は引用符で囲みます。等号 (=) は、データ項目の名前の直後に続きます。DataTypexはレジストリ値のデータ型であり、等号の直後に続きます。REG_SZ以外のすべてのデータ型 (文字列値) の場合、コロンはデータ型の直後に続きます。データ型が REG_SZの場合は、データ型の値またはコロンを含めないでください。この場合、Regedit.exe はデータ型のREG_SZを想定します。次の表に、一般的なレジストリ データ型を示します。
データ型 reg のデータ型
REG_BINARY 16 進 数
REG_DWORD Dword
REG_EXPAND_SZ hexadecimal(2)
REG_MULTI_SZ hexadecimal(7)
レジストリ データの種類の詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。 
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
DataValuexはコロン (または REG_SZ の等号) の直後にあり、適切な形式 (文字列や 16 進数など) である必要があります。バイナリ データ項目には 16 進形式を使用します。メモ同じレジストリ パスに対して複数のデータ項目行を入力できます。レジストリファイルの末尾に空白行が含まれている必要があります。トップに戻る

レジストリ サブキーの追加またはレジストリ値の追加と変更

レジストリ サブキーを追加したり、レジストリ値を追加または変更したりするには、レジストリに適切な変更を加え、適切なサブキーまたはサブキーをエクスポートします。エクスポートされたレジストリ サブキーは、自動的に .reg ファイルとして保存されます。レジストリに変更を加え、変更を .reg ファイルにエクスポートするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前]ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 変更するレジストリ項目を保持するサブキーを見つけてクリックします。
  3. [ファイル]メニューの [エクスポート] をクリックします。 この手順では、変更を加える前にサブキーをバックアップします。変更によって問題が発生した場合は、後でこのファイルをレジストリにインポートし直すことができます。
  4. [ファイル名] ボックスに、.reg ファイルを元のレジストリ項目と共に保存するために使用するファイル名を入力し、[保存] をクリックします。 メモサブキーの名前への参照など、内容を思い出させるファイル名を使用します。
  5. 右側のウィンドウで、必要なレジストリ項目を追加または変更します。
  6. 手順 3 と 4 を繰り返してサブキーを再度エクスポートしますが、.reg ファイルには別のファイル名を使用します。この .reg ファイルを使用して、別のコンピュータでレジストリを変更できます。
  7. ローカル コンピュータで変更をテストします。問題が発生した場合は、元のレジストリ データのバックアップを保持しているファイルをダブルクリックして、レジストリを元の状態に戻します。変更が期待どおりに機能する場合は、この資料の「レジストリの変更を配布する」の方法を使用して、手順 6 で作成した .reg を他のコンピュータに配布できます。

先頭に戻る

レジストリ キーと値の削除

reg ファイルを含むレジストリ キーを削除するには、.reg ファイルのRegistryPathの前にハイフン (-) を付けます。たとえば、次のレジストリ キーからTestサブキーを削除するには、次の手順を実行します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
reg ファイルの次のレジストリ キーの前にハイフンを配置します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test
このタスクを実行できる .reg ファイルの例を次に示します。
[-HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test]
reg ファイルを含むレジストリ値を削除するには、.reg ファイルのDataItemNameの後に等号の後にハイフン (-) を付けます。たとえば、次のレジストリ キーからTestValueレジストリ値を削除するには、次の手順を実行します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test
reg ファイルの "TestValue"= の後にハイフンを入れます。このタスクを実行できる .reg ファイルの例を次に示します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test"TestValue"=-
reg ファイルを作成するには、Regedit.exe を使用して削除するレジストリ キーをエクスポートし、メモ帳を使用して .reg ファイルを編集し、ハイフンを挿入します。トップに戻る

レジストリ キーと値の名前の変更

キーまたは値の名前を変更するには、キーまたは値を削除し、新しい名前で新しいキーまたは値を作成します。

レジストリの変更を配布する

電子メール メッセージでユーザーに .reg ファイルを送信したり、ネットワーク共有に .reg ファイルを配置してネットワーク共有に誘導したり、ユーザーのログオン スクリプトにコマンドを追加して、ログオン時に .reg ファイルを自動的にインポートしたりできます。ユーザーが .reg ファイルを実行すると、次のメッセージが表示されます。
レジストリ エディタ.reg ファイルのパスにある情報をレジストリに追加しますか?
ユーザーが [はい] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。
レジストリ エディタ.reg ファイルのパスの情報がレジストリに正常に入力されました。
Regedit.exe では、これらのメッセージを表示しないように/sコマンド ライン スイッチをサポートしています。たとえば、ログイン スクリプト バッチ ファイルから(/sスイッチを指定して) .reg ファイルをサイレント モードで実行するには、次の構文を使用します。
regファイルのregedit.exe /s パス
グループ ポリシーまたはシステム ポリシーを使用して、レジストリの変更をネットワーク全体に配布することもできます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。メモ変更が機能する場合は、ネットワーク上の適切なユーザーに登録ファイルを送信できます。トップに戻る