更新により、Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 での WSUS の ESD 復号化の準備

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials 詳細

この資料では、Windows Server Update Services (WSUS) でネイティブに Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 の電子ソフトウェア配布 (ESD) を復号化を有効にする機能の更新について説明します。この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」を参照してください。

注: この更新プログラムは、2016 年 5 月 1 日以後にリリースされた Windows 10 アップグレード プログラム (および機能の更新) を同期および配布する WSUS サーバーにインストールする必要があります。

この更新プログラムの入手方法


重要なこの更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update で利用できます。Windows Update を実行する方法の詳細については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

Windows Server 2012 R2 でこの更新プログラムを適用するには、 2014 年 4 月の更新プログラムのロールアップ Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) のインストールが必要です。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

上または KB 3148812 の代わりに、この更新プログラムをインストールできます。

詳細


KB 3159706 に関連するいくつかの信頼性の問題を修正すると、Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 の最新の月間プログラムのロールアップをインストールすることをお勧めします。月間のプログラムのロールアップをインストールする場合は、WSUS のインストール後のタスクの一部として次の手順が必要です。

  1. 昇格した特権のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のコマンドを実行し、(大文字と小文字を区別、システム ボリュームとは、"C"を前提としています)。
    "C:\Program Files\Update Services\Tools\wsusutil.exe" postinstall /servicing 
  2. WSUS のサービスを再起動します。

    ファイル情報


    このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。

    関連情報


    Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用している用語について説明します。