SQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新 6

説明 6 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 12.0.4457.0) Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) のです。修正した SQL Server 2014 SP1 のリリース後にリリースされたこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新

累積的な更新は、Microsoft ダウンロード センターでできます。

SQL Server 2014 SP1 用にリリースされた最新累積的な更新だけは、ダウンロード センターで使用できます。

  • 各新しいの累積的な更新 (CU) には、インストールされているバージョンまたはサービス パックの SQL Server の以前の CU に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。
  • マイクロソフトは、利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。

    • CUs の SQL Server のサービス パックと同じレベル、認定されているし、信頼の同じレベルでインストールする必要があります。
    • リリースされた CU には、既に解決されている問題が非常に多くのサポート ・ リクエストに関連する履歴データを示します。
    • CUs に付加価値をさらに、修正プログラムが含まれている可能性があります。これには、サポート性、管理性、および信頼性の更新プログラムが含まれます。

  • SQL Server のサービス パックの場合と同様、運用環境に展開する前に、CUs をテストすることをお勧めします。
  • 2014 の SQL Server の最新のサービス パックには、SQL Server のインストールをアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。


ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

Microsoft SQL Server 2014 統合サービス Attunity Oracle CDC デザイナー/サービス機能パックは、SQL Server の統合サービス (SSIS) の付加価値を提供するスタンドアロン パッケージです。

Download Microsoft SQL Server 2014 統合サービス Attunity Oracle CDC デザイナー/サービス Feature Pack パッケージを今すぐダウンロードします。


SQL Server 2014 Service Pack 1 以降の累積的な更新プログラムがリリースされた後この CU をあるし、 Microsoft Windows Update カタログからダウンロードできます。ただし、マイクロソフトは、最新累積的な更新プログラムをインストールすることを推奨します。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
71738783150152修正: 行の推定値が正しく計算されない SQL Server の 2014 年の一意の GUID 列を含む述語のSQL サービス
71036753115741修正:「プロセス ファイルにアクセスできません」エラーでは、SQL Server、XML タスクが失敗したとき統合サービス
68090353138455バージョンのクリーンアップ タスクが SQL Server 2014 AlwaysOn セカンダリ レプリカで実行すると、FIX「非明け渡さスケジューラ」エラーが発生SQL サービス
68301583120595修正: 列のデータが削除する SQL Server 2005 からアップグレードしたデータベースのテーブル内の別の可変長列を更新すると、SQL サービス
68301653109051修正: デフォルト設定が使用する SQL Server 2012 または SQL Server 2014 Reporting Services の既定以外のプリンターに印刷するときレポート サービス
68302053100451修正: SQL Server 2014 の SQLSetPos を使用して空間データを取得するときに「無効なカーソル位置」エラーまたは SQL Server 2012SQL サービス
68305493135749修正: 無効なグループのメンバーは、取得できてを SQL Server で実行するとSQL セキュリティ
68305553123309修正: ログ リーダー エージェントが断続的に停止して、SQL Server 2012 または SQL Server 2014 でアクセス違反が発生します。SQL サービス
68305573125525修正: CHANGETABLE 関数をクエリの結果を返しますが正しくない SQL Server データベースの変更の追跡が有効になっている場合SQL サービス
69917463137779AlwaysOn 可用性グループを使用して、SQL Server の 2014 年の場合に、セカンダリ レプリカにアサーション エラーを修正します。SQL サービス
69917483125459FIX は 2014 年の SQL Server のコマンドラインを使用して SSRS のソリューションを導入することはできません。レポート サービス
68301453123485SSAS 2012 または SSAS 2014 で MDX クエリを実行すると修正: パフォーマンスが低下分析サービス
671995631478252014 の SQL Server での AlwaysOn 可用性グループで分散トランザクション機能を使用する場合にアサーションの失敗を修正します。SQL サービス
68301763132058FIX 削除またはファイル グループまたはパーティション スキームと関数では、SQL Server を削除しようとすると、エラーが発生します。SQL サービス
70562543151176修正: 行の数は 2014 年の SQL Server のユーザー定義のスカラー関数を含むクエリの述語の過小評価します。SQL パフォーマンス
72463813151526修正: SQL Server 2014 Service Pack 1 を Analysis Services プロジェクトの増分の展開すると、予期しないシャット ダウン分析サービス
71945863152135FIX: アクセス違反が発生空間 2014 年の SQL Server のリンク サーバー経由の OPENQUERY メソッドを含むクエリを実行するときSQL パフォーマンス
65447623152377FIX エラー 5120 作成または 2014 の SQL Server のインスタンスでのダイナミック ディスク上の FILESTREAM が有効なデータベースを使用する場合SQL サービス
72495833131443FIX「照合順序の競合を解決することはできません」エラーが発生 SQL Server のサブスクライバー データベースにスナップショットを適用する場合SQL サービス
47367403034297FIX は、SQL Server および SQL Server エージェントが数日間実行すると、sqlagent.exe で作成した接続を閉じることはできません。管理ツール
72496383138930SQL Server でテーブル変数にカーソルを使用するストアド プロシージャを実行すると、アクセス違反を修正します。SQL サービス
72496403138659Oracle データベースからの数値データ型をクエリすると、修正プログラム: パフォーマンスが低下SQL サービス
72495883136789SQL Server 分析サービスの 2012 で、XMLA コマンドを実行するとアクセス違反を修正します。分析サービス
70303613146404修正: SQL Server 2014 をクラッシュ バックアップ タスクのキャンセル
70666243147012FIX チェックポイントのサイズの大きいディスクの使用状況でメモリの最適化のファイル グループの以外のメモリの負荷の高いワークロードの中に発生します。メモリ内の OLTP
60318613156157ある 1 つのテーブルにさまざまな統計情報の複数の統計の更新を同時に実行します。SQL パフォーマンス
68301843132062修正: SQL Server 2012 または 2014 の SQL Server フェールオーバー クラスターの 1 つのノード、SMK の初期化に失敗します。SQL セキュリティ
68302033135750修正: SQL Server がクラッシュする場合、リモート ストアド プロシージャの実行の要求には、引数の不完全な定義が含まれています。SQL サービス
69917453135751FIX] SQL Server の 2014 年の AlwaysOn 可用性グループを使用すると、Columnstore インデックスの破損が発生します。SQL サービス
69884953147297修正: STDEVX。P は、2014 年の SQL Server の標準偏差を計算するときに誤った結果を返します。分析サービス
69179013147826FIX スリップ ストリーム インストールを使用するとき、SQL Server 2014 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 1 の SQL Server のインスタンスのアップグレードが失敗します。セットアップとインストール
68301883123089修正: INSTEAD OF トリガーを使用してください別の照合順序よりも、SQL Server 2012 または SQL Server 2014 に含まれているデータベースを使用してください。SQL パフォーマンス
69754943148563FIX SSAS データベースのバックアップは、2014 年の SQL Server のメモリ割り当てエラーで失敗します。分析サービス
68045543150896FIX BULK INSERT を実行すると、SQL Server の 2014 年の FileTable 内のデータ ファイルが存在する「非明け渡さスケジューラ」条件が発生します。SQL サービス
72496483142595FIX: アクセス違反が発生場合、データベースのテーブル名には、日本語の文字が含まれています。SQL サービス
688577331523782014 の SQL Server のインスタンスのフェールオーバー後に使用できなくなります AlwaysOn 可用性グループ内の修正: FileTablesSQL サービス
724370231523902014 の SQL Server のインスタンスでの修正: メモリの破損によりアクセス違反が発生SQL サービス
72171073152606修正: を選択しています.ステートメントに、2014 年の SQL Server のクラスター化された columnstore インデックスから誤った結果を取得しますSQL サービス
72496063136205FIX「新しいテーブルを作成できませんでした」エラーが発生 SQL Server 2012 または SQL Server 2014 データ品質のサービス ドメインのクリーンアップの結果をエクスポートする場合データ品質のサービス (DQS)
72496173139489FIX「重大なエラーが発生しました現在のコマンドで」と表の値を持つユーザー定義関数から参照されてシノニムSQL サービス
72496423139911LookupCube MDX 関数を呼び出し、セルの書き戻しを実行するとアクセス違反が発生します。分析サービス
69889663155236FIX: アクセス違反が発生、SSAS 2014 の表形式のインスタンスのプロセスは、追加モードでパーティションを処理するとき分析サービス
77018023167394FIX 予期しないブロックやデッドロックをインストールした後は使用されなくなりました累積的な更新プログラム 6 SQL Server 2014 SP1 のSQL サービス

この更新プログラムのメモ

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

言語のサポート
コンポーネントを更新
この更新プログラムのサポート
この更新プログラムをアンインストールする方法

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2014 SP1 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。
累積的な更新パッケージ ファイル情報
プロパティ

文書番号:3167392 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

フィードバック