MS16-087: Windows 印刷スプーラー コンポーネントのセキュリティ更新プログラムについて2016 年 7 月 12 日

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials

このセキュリティ更新プログラムは CVE-2016-3238 の更新プログラム  3170455  の既知の問題に対処するために、2017 年 9 月 12 日に再リリースされました。

Microsoft では、現在サポートされているバージョンの Microsoft Windows 用の次の更新プログラムを用意しました。 詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

  • 再リリースされた Windows Server 2008 の更新プログラム  3170455 
  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の月例のロールアップ  4038777 およびセキュリティ更新プログラム  4038779 
  • Windows Server 2012 用の月例のロールアップ  4038799  およびセキュリティ更新プログラム  4038786 
  • Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の月例のロールアップ  4038792 およびセキュリティ更新プログラム  4038793 
  • Windows 10 用の累積的な更新プログラム  4038781 
  • Windows 10 Version 1511 用の累積的な更新プログラム  4038781 
  • Windows 10 Version 1607 および Windows Server 2016 用の累積的な更新プログラム  4038782 

Windows Server 2008 を実行している場合は更新プログラム  3170455 を再インストールすることをお勧めします。 他のサポートされるバージョンの Windows を実行している場合は適切な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

この再リリースの詳細については、CVE-2017-3238 を参照してください。
詳細については、 サポート技術情報  3170005 を参照してください。

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。 これらの脆弱性で比較的深刻なものでは、攻撃者がワークステーションまたはプリント サーバーで man-in-the-middle (MiTM) 攻撃を実行した場合、または攻撃目標のネットワーク上に不正なプリント サーバーを設定した場合、リモート コードが実行される可能性があります。

脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-087 を参照してください。

詳細情報


重要
 
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。 将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 自動更新を有効にする方法の詳細については、セキュリティ更新プログラムを自動的に入手を参照してください。

注: Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手できます。

詳細情報


ファイルに関する情報 (再リリース日: 2017 年 9 月 12 日)



ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2008 のファイル情報