Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のサービス スタック更新プログラム: 2018 年 10 月 10 日

適用対象: Windows Server 2008 R2 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 DatacenterWindows Server 2008 R2 Enterprise 詳細

概要


この更新プログラムは、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) および Windows Server 2008 R2 SP1 サービス スタックの安定性を向上します。

このサービス スタック更新プログラムは、新しい Windows Update のインストールにかかる時間に影響していた問題を修正します。 このサービス スタック更新プログラムは、新しい更新プログラムの評価効率を改善することで、新しい Windows Update のインストールにかかる時間を短縮しました。

Windows Update からの更新プログラムの取得とインストールに関する最新の安定性の向上と信頼性の高い機能を利用するため、このサービス スタック更新プログラムをインストールすることをお勧めします。


注: この更新プログラムの分類は、セキュリティ更新プログラムに変更されました。 詳細については、次のマイクロソフト ブログ ページを参照してください。

この更新プログラムで発生する既知の問題


"ステージ 2/2" または "ステージ 3/3" での再起動の停止

他の更新プログラムと共に更新プログラム 3177467 をインストールした後、インストールを完了するために再起動が必要になる場合があります。 この再起動中に、"ステージ 2/2" または "ステージ 3/3" で停止する場合があります。

この問題が発生した場合は、Ctrl + Alt + Del キーを押してログオンを続行します。 この動作は 1 回だけ発生し、またこの動作が発生しても更新プログラムは正常にインストールされます。

注: Windows Server Update Services (WSUS) を使用している場合など、マネージ環境では、スタンドアロンの更新プログラムとしてこの更新プログラムを展開すると、上記のどちらの問題も回避できます。


Restart stuck on

この更新プログラムの入手方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 自動更新を有効にする方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 をインストールしておく必要があります。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた更新プログラム 3020369 が置き換えられます。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報



ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ローカル コンピューター上のこれらのファイルの日時は、夏時間 (DST) が反映された現地時間で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。