Office 2016 用のセキュリティ更新プログラムについて2017 年 4 月 12 日

適用対象: Office Professional Plus 2016Office Standard 2016Office Professional 2016

マイクロソフトでは、高度な防御手段として Office 内の Encapsulated Postscript (EPS) 用フィルターを既定でオフにする、Microsoft Office の更新プログラムをリリースしました。 EPS フィルター内で修正プログラムの適用が解除されている脆弱性を悪用する、対象を限定した攻撃を認識しており、セキュリティ更新プログラムがリリースされるまでの間、顧客のリスク低減に寄与するようにこのような処置を行っています。

現時点では、EPS フィルターをオンにしないように強くお勧めします。 ただし、EPS フィルターをオンにする必要があるお客様は、次のマイクロソフト サポート技術情報 2479871 を参照してください。

  • 2479871 Microsoft Office 365、Microsoft Office 2016、Microsoft Office 2013、Microsoft Office 2010、および 2007 Microsoft Office システムのグラフィック フィルターのセキュリティ設定

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Office 2016 がインストールされている必要があります。

機能追加および修正


この更新には、次の機能追加と修正が含まれています。

  • 一部のドキュメント フィールドが SharePoint ライブラリで "必須" に設定されている場合、そのドキュメントが Office アプリケーションで開かれていれば、情報ウィンドウに必須フィールドとして表示されません。

     

  • Microsoft Dynamics CRM のコネクター名は、"Dynamics CRM Online" から "Dynamics 365 (オンライン)" に変更されます。

     

  • PowerPoint 2016 での Outline View (アウトライン表示) のデンマーク語の翻訳を修正します。

     

  • Microsoft Visio 2016 で初めて OneDrive 同期ファイルを開くと、サインイン ダイアログ ボックスが予期せずに表示されます。

     

  • この更新プログラムをインストールした後に、Skype for Business でメッセージの重要度をさらに高くできます。

     

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

方法 2: Microsoft Update カタログ

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム KB3178676 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名 パッケージ ハッシュ SHA 1 パッケージ ハッシュ SHA 2
mso2016-kb3178702-fullfile-x64-glb.exe 7FF5382B223B7ADB1F435E98441AB33DA4F1B21A 971BDC4B63A591BEFD5D53D901F92C92CF4B4B8936CEBF0C86FE1AD6F962CDA3
mso2016-kb3178702-fullfile-x86-glb.exe E54652726390CAB09F1C3FBC22B1FD5B0E8C7ED6 07E0D6B4033F522D11F11EC2253024859D033AAB029EBB6A73C024EB5DEA083C


ファイル情報

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法