Office 2016 のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 7 月 12 日

適用対象: Office Professional Plus 2016Office Professional 2016Office Standard 2016

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性の詳細については、「CVE-2017-8570 | .NET のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性」を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Office 2016 がインストールされている必要があります。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

方法 2: Microsoft Update カタログ

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

詳細情報


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2017 年 7 月 12 日

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム KB3191882 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名 パッケージ ハッシュ SHA 1 パッケージ ハッシュ SHA 2
msodll302016-kb3213545-fullfile-x86-glb.exe 332D2E32A6A7F7B3F6E4CBFBBF54ABE001120D67 010C72A9BE5596DF34C1219E08245CAE471C6887EC3BD45F2FC5358B5395EF8C
msodll302016-kb3213545-fullfile-x64-glb.exe 8F0138EABC7D356898006268F4CC0D6E030C7D11 33C282E24CA8E76F4366E2F3CD2262F38ADC84C807E505C9BB1D8FDC715C27DA

ファイル情報

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update に関する FAQ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:
TechNet セキュリティに関するサポートとトラブルシューティング

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:
Microsoft Secure

国ごとのローカル サポート:
インターナショナル サポート

Office 中核の機能の提案およびフィードバックの提供: Office User Voice ポータル