MS17-012: Microsoft Windows のセキュリティ更新プログラム: 2017 年 3 月 15 日

適用対象: Windows Server 2016 DatacenterWindows Server 2016 EssentialsWindows Server 2016 Standard

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。 最も深刻な脆弱性は、攻撃者が特別に細工したアプリケーションを実行して iSNS サーバーに接続しサーバーに悪意のある要求を発行した場合に、リモートでコードが実行される可能性があることです。

脆弱性の詳細については、「マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-012」を参照してください。

詳細情報


重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。 将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報


 
以下の資料には、各製品のバージョンに関連付けられているこのセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。 資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
 
  • 4012021 MS17-012: Microsoft Windows のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日
  • 3217587 MS17-012: Microsoft Windows のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 3 月 15 日
  • 4012216 2017 年 3 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ
  • 4012213 2017 年 3 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティのみの品質更新プログラム
  • 4012217 2017 年 3 月 Windows Server 2012 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ
  • 4012214 2017 年 3 月 Windows Server 2012 用のセキュリティのみの品質更新プログラム
  • 4012215 2017 年 3 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティの月例の品質ロールアップ
  • 4012212 2017 年 3 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティのみの品質更新プログラム
  • 4013429 2017 年 3 月 14 日 — KB4013429 (OS ビルド 933)
  • 4012606 2017 年 3 月 15 日 — KB4012606 (OS ビルド 17312)
  • 4013198 2017年 3 月 15 日 — KB4013198 (OS ビルド 830)

セキュリティ更新プログラムの展開


Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版 Windows Vista:
Windows6.0-KB3217587-x86.msu

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3217587-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。 WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル][セキュリティ] の順にクリックします。 [Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3217587」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版 Windows Server 2008:
Windows6.0-KB3217587-x86.msu
Windows6.0-KB4012021-x86.msu

 

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008:
Windows6.0-KB3217587-x64.msu
Windows6.0-KB4012021-x64.msu

 

サポートされているすべての Itanium ベース エディションの Windows Server 2008:
Windows6.0-KB3217587-ia64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307」を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。 WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル][セキュリティ] の順にクリックします。 [Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3217587」を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 4012021」を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。