更新プログラムのロールアップ 3 センター 2016 Virtual Machine Manager のシステムの

適用対象: System Center 2016 Virtual Machine Manager

概要


この資料では、Microsoft システム センター 2016 Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 3 で修正される問題について説明します。Virtual Machine Manager、Virtual Machine Manager サーバーの 1 つは、管理者コンソールのいずれかの利用可能な 2 つの更新されます。この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題


  • テナント管理者は、UI を使用して仮想マシン (VM) ネットワークを作成することはできません。
  • HNV、VM は、レガシ モードになっているホストに移行されると、HNV ポリシーは更新されません、それが原因で、VM の接続が失われます。

  • ファブリックの管理者 (委任された管理者) は、ホスト上の一般的な VHDX ファイルを共有している場合、層で Vm を削除できません。
  • VHDX ファイルの共有は、複数の Vm で正しく使用されていません。
  • 共有ディスクを使用して VM の削除は、同じディスクを使用している Vm は停止状態で、他の場合に、共有ディスクの削除を発生します。
  • VM のハードウェア プロファイルのプロパティ ページを読み込むと、メモリの値が許容範囲よりも大きい数値に設定されている場合、コンソールがクラッシュします。
  • 内部ガベージ コレクションのリフレッシャーは、「データベースに接続できません」例外で失敗します。
  • VMware デバイス、コント ローラーの SCSI と IDE 以外は、Virtual Machine Manager は、デバイス コント ローラーをスキップし、警告メッセージを表示する代わりに [無効なコント ローラーの種類] の例外メッセージを表示します。
  • テナント管理者がインポートされるテンプレートは、管理者コンソールに表示されているではありません。
  • 陣モニターは、ホスト保護サービス (HGS) ホスト以外のホストに対して有効になっている場合に偽のアラームを使用できます。
  • VMM クラウドは、VMM のクラウドの作成および表示の前の操作が完了する前に、ユーザーが別のクラウドを選択した場合、作成ウィザードから削除されます。
  • ネットワーク コント ローラーで管理されたホスト上でエージェントの更新は、ホストの証明書を変更し、ネットワーク コント ローラーは、新しい証明書では更新されません。
  • HGS の設定が変更されていない場合でも、保護されたホストのネットワークのプロパティの更新中に発生した警告予期しないホストの再起動します。
  • Get SCGuestOSPofileコマンドレットでは、期待どおりの結果は返されません。
  • AddClusterコマンドレットは、Virtual Machine Manager サーバーへの通信が切断された場合は、Virtual Machine Manager にクラスターの追加中にハングアップします。
  • Virtual Machine Manager では、セットの切り替えを認識しませんし、(設定) の内部と外部の標準的なスイッチを表示します。
  • HNV ポリシーは、仮想マシンのフェールオーバー クラスター マネージャー (FCM) を移動するには更新されません。

  • F5 キーを押してロード バランサー機器が動作していないと、サービス テンプレートと静的 IP アドレスを使用すると例外が表示されます。
  • スクリプトの実行中に失敗した場合でも、ソフトウェア定義されているネットワーク (SDN) サービスのテンプレートの展開が完了します。
  • サービス テンプレートのインポートは、XSD 検証エラーで失敗します。
  • テナントのユーザーが表示または SCSI ID7 に接続されているディスクを持つ仮想マシンのプロパティを更新することではありません。
  • NAT 規則は適用されません、テナントのようなネットワークの一部である Vm 上で問題が発生します。
  • 着信および発信 VPN 接続の帯域幅を設定することはできません。
  • ネットワーク コント ローラー (NC) からホストの vNic を削除して、ネットワーク コント ローラーに対応するネットワーク インターフェイスの JSON は削除されません。
  • ゲートウェイごとの VMNetworkSubnets属性の最大数がネットワーク コント ローラーを正しく設定いません。
  • ネットワーク コント ローラー サービスのテンプレートは、パスワードに、アンパサンド (&)、コンマ (,) と二重引用符 () 文字などの予約文字が含まれている場合に失敗します。
  • ゲートウェイ設定 (トラフィックのセレクターの設定がしていない表示) Virtual Machine Manager UI を使用すると、Virtual Machine Manager は、空でVpnTrafficSelectorの値を設定します。
  • FQDN の REST エンドポイント扱われますと大文字小文字が区別される場合は true、FQDN は、大文字小文字を区別のエンティティではないです。
  • SDN Vm の作成 (NC、マルチプレクサー、GW の Vm など) がクラスターに追加されません。
  • ネットワーク コント ローラーが更新されると、ホストの vNic ポリシー正しく設定されていない Windows 管理インストルメンテーション (WMI) にします。
  • パブリック IP アドレスを使用して NAT 接続の作成には、例外が表示されます。
  • ネットワーク コント ローラーのノードの削除は、残りのインスタンスの数が 3 を下回った場合に制限されています。
  • プラットフォーム上でボリュームが作成されると、それまで表示されません Virtual Machine Manager でリフレッシャーを実行します。
  • ストレージ使用率が正しく表示されない概要」を参照します。(コミットの合計) の値が表示されます。
  • SAN を使用して、バックアップ ・ ストレージ ・ スペース直接 (S2D) の SOFS でファイル共有の作成には、例外メッセージが表示されます。
  • ストレージ領域直接 (S2D) SOFS では、ボリュームの追加] コマンドは、ボリュームの作成ウィザードの代わりに、論理ユニットの作成ウィザードを開きます。
  • クラスターのホスト コント ローラーおよび CSV は、Virtual Machine Manager を使用して作成できない場合、ホストのディスクに分類を割り当てることはできません。
  • ユーザーを設定できません最大 IOPS 、VHD の Virtual Machine Manager から。
  • CSV を削除するには、対応する LUN が削除時にハイパーに収束します。
  • UI では、hyper-converge のCSV を削除] ボタンが無効になります。
  • System Center Operations Manager は、ホストのボリュームには、 IsClusteredプロパティの値を返しません。
  • この更新プログラムでは、HBA のポート モニターの状態の変更の警告の通知を追加します。
  • Virtual Machine Manager 管理パックは、VM が一時停止状態になったときにアラートを作成します。
  • System Center Operations Manager のダッシュ ボードには、vPort の不適切なパフォーマンス データが表示されます。

注: 、すべての機能強化と修正前の累積的な更新プログラムに含まれているセンター 2016 Virtual Machine Manager のシステム用の更新プログラムは累積的であるため、この更新プログラムが含まれます。詳細については、システム センター 2016年の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップの 2.1を参照してください

この更新プログラムの詳細について


この更新プログラムをインストールすると、バックアップと復元、ソフトウェアで定義されるネットワーク (SDN) インフラストラクチャができます。詳細については、Microsoft のドキュメントの web サイトで次のトピックを参照してください。

バックアップし、復元の SDN のインフラストラクチャ

入手してシステム センター 2016年の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールする方法


Virtual Machine Manager 用の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

管理コンソールの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

インストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe の場合パッケージ

の例では、システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager 2016年サーバー用の更新プログラムのロールアップの NN パッケージをインストールするのには (KB4014528)、次のコマンドを実行する:

msiexec.exe 場合 kb4014528_vmmserver_amd64.msp

注:

インストール後

を、既存のストレージ ・ スペース直接 (S2D) クラスターで"同じ SMBIOS GUID を持つ別のコンピューターが検出されたエラーを修正するのに、プロバイダーを削除し、再度追加します。プロバイダーを復元した後は、これらのプロバイダーを更新します。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。