更新プログラムのロールアップの System Center 2012 R2 Operations Manager には、[13

適用対象: System Center 2012 R2 Operations Manager

概要


この資料では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 13 に修正される問題について説明します。この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題


  • 何千もの System Center Operations Manager の環境では、コマンドレットのグループがある場合に"Group_name"の取得-SCOMGroup-表示名 が失敗し、次のメッセージ:

    クエリ プロセッサは、内部リソースが不足してし、クエリ プランを作成できませんでした。これはまれなイベントであり、非常に複雑なクエリ、または非常に多数のテーブルまたはパーティションを参照するクエリに対してのみ必要です。クエリを簡略化してください。エラーでこのメッセージが表示されていると思われる場合は、詳細については、カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。
  • すべてのフランス語ロケール (FRA) 環境で System Center 2012 R2 Operations Manager を実行するとカスタム イベントのレポートの日付の列が空欄になります。

  • System Center Operations Manager コンソールの [ HTTP を使用しての高度な監視を有効にするタスクは、WebSphere の深い Linux システム上で監視を有効にできません。

  • Azure の管理パックによって作成されたルールに複数のプロパティをオーバーライドするには、重複データの上書きの名前が作成されます。この問題では、オーバーライドが失われることが原因です。

  • System Center 2012 R2 の Operations Manager の更新プログラムのロールアップの 11 をインストールした後は、ビューと[ワークスペース] タブで作成されたダッシュ ボードにアクセスできません。

  • ハートビート エラー モニターがトリガーされると、コンピューターが停止した場合でも、「コンピューター接続できません」メッセージが表示されます。

  • Get SCOMOverrideResult PowerShell コマンドレットは、効果的なオーバーライドのリストを返しません。

  • をダッシュ ボードのサービス レベル (SLA) とサービス レベルのオブジェクト (SLO) を含むクライアントの管理パック (MP) を作成するときのオブジェクトのローカライズされた名前が正しく表示されないクライアントのCurrentCulture設定では、が一致しない場合はCurrentUICulture設定します。ローカライズされた設定が英語、英語、ENG、またはオーストラリア英語、ENAの場合、問題があるオブジェクトの名前を変更します。

  • この更新プログラムは、OpenSSL1.0 のサポートを追加します。AIX コンピューター xにします。この変更により、System Center Operations Manager は、OpenSSL の 1.0 を使用します。AIX、および OpenSSL 0.9 でサポートされている既定の最小バージョンとしては、 xです。xがサポートされていません。

System Center 2012 R2 の Operations Manager の更新プログラムのロールアップの 13 を入手する方法


Operations Manager の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、Operations Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターにこれらの手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ Ok] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

Windows Server 2016 またはそれ以降のオペレーティング システムは、コンピューターが実行中、以下の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、[設定] をクリックします。
  2. の設定] で、更新プログラムとセキュリティをクリックします。
  3. [場所] タブの [ Windows Update Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

オペレーション ・ マネージャーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

Operations Manager のインストール手順


インストールに関する注意事項

  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。
    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • (NLD) オランダ語
    • ポーランド (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー (HUN)
    • 英語 (ENU
    • 中国語 (香港) (香港)
  • いくつかのコンポーネントは複数の言語、およびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。

  • 管理者として、この更新プログラムのロールアップを実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動しない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。

  • System Center 2012 R2 Operations Manager サーバーをインストールした後、数時間以内にこの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。

  • Web コンソールを有効にする修正は、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKeyvalidationKey="AutoGenerate,IsolateApps"decryptionKey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES"decryption="3DES"/>


    注: 次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明するように < system.web >] セクションの下の行を追加:

    911722ASP.NET 2.0 に ASP.NET 1.1 にアップグレードした後に有効にする ViewState がある ASP.NET の web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示される場合があります。
  • System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラム ロールアップ 1 に記載されているコマンドのタイムアウトの問題を一括データ ウェアハウス用の修正プログラムは、レジストリ キーを追加します。このキーは、データ ウェアハウスの一括挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位で設定) を使用できます。これらは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドです。

    重要: このセクション、メソッド、またはタスクにレジストリを変更する方法についての手順が含まれています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップし、レジストリを復元する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

    322756 ・ バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法

    注: 一括挿入コマンドの既定のタイムアウトをオーバーライドする任意の管理サーバーでこのキーを手動で追加する必要があります

    レジストリ設定:

    のレジストリの場所: OperationsManager\3.0\Data 倉庫の場所

    DWORD 名:は、一括挿入コマンドのタイムアウトの秒数

    DWORD Value: 40

    注: は、この値を秒単位で設定します。たとえば、40 秒間のタイムアウトでは、40 にこの値を設定します

  • ダウンタイムの期間のレポートでは、営業時間は考慮になりません。営業時間営業時間] チェック ボックスがオフになっているときにも計算されています。更新後の RDL ファイルでは、問題を解決します。

    注: 最新の RDL ファイルが次の場所に更新済みの管理サーバー上にある:

    %SystemDrive%\Program を指定してシステム センター 2012 R2\Operations Manager\Server\Reporting

    RDL ファイルを更新するには、次の手順を実行します。
     
    1. Http://MachineName/Reports_INSTANCE1/Pages/Folder.aspx に移動します。
    2. このページでは、RDL ファイルを追加するフォルダーに移動します。この例では、[Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library] をクリックします。
    3. 上部の [アップロード] ボタンをクリックして新しい RDL ファイルをアップロードします。詳細については、ファイルのアップロードを参照してくださいまたは (レポート マネージャー) のトピックを Microsoft Developer Network web サイトに報告します。

サポートされているインストールの順序

  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
    • 管理サーバーまたはサーバー
    • 監査コレクション サービス
    • ゲートウェイ サーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター
    • レポート
    • エージェント

  2. (インストール情報を参照してください)、SQL スクリプトを適用します。
  3. 手動で管理パックをインポートします。
  4. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。

オペレーション マネージャーの更新

更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラム ロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出、次の手順を実行します。

  1. 更新プログラムのダウンロード パッケージをコンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムが用意されています。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。ダウンロードしたり、 .であるマイクロソフト ・ ダウンロード ・ カタログ
  2. 各コンピューター上の適切な .msp ファイルを適用します。

    注: 更新プログラムのロールアップ パッケージでは、の MSP ファイルが含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての .msp ファイルを適用します。など、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバーの .msp ファイルを適用します。ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの .msp ファイルを適用します
  3. OperationsManagerDWデータベースに対してデータ ウェアハウス サーバー上には、次のデータベースの SQL スクリプトを実行します。
     
    UR_Datawarehouse.sql

    注: このスクリプトは次のパスにあります:
    更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 R2\Operations Manager\Server\SQL スクリプト
  4. OperationsManagerデータベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次のデータベースの SQL スクリプトを実行します。
     
    Update_rollup_mom_db.sql
  5. 以下の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb は、次の依存関係があります。
      • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb は、System Center オペレーション マネージャー 2012 R2 メディアからインストールする必要があります。
      • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources.(LANGUAGECODE_3LTR).mpb
    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Internal.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS10.mp は、次の依存関係があります。
      • Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.mpb
      • Microsoft.SystemCenter.Apm.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Library.Resources.(LANGUAGECODE_3LTR).mpb
    • Microsoft.Windows.InternetInformationServices.2016.mp (この MP は、Microsoft Update カタログを個別にダウンロードするのには) 次の依存関係を持ちます。
      • (Microsoft Update カタログを個別にダウンロードするのには、この MP) Microsoft.Windows.Server.2016.Discovery.mp
    • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Internal.mp は、次の依存関係を持ちます。
      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Views.Internal.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.AM.DR.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.ServiceLevelComponents.mpb

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細については、以下を参照してください。オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法Microsoft TechNet web サイトにします

注: 管理パックは、次の場所にサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれている:

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Management Packs for Update Rollups

UNIX および Linux の管理パックの更新


監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップの 13 を適用します。
  2. システム センター 2012 R2 の更新された管理パックは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。
     
  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。
  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、 UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

アンインストール情報


更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid

注: PatchCodeGuidプレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{8592AC31-5338-47C6-B0B2-B8752EB8256D}

エージェント

amd64

en

{6CA0267C-5C68-46DC-96AF-152A7C5C7220}

ACS

amd64

en

{D619588C-6D7C-4BEC-902F-13C1681AA02E}

コンソール

amd64

en

{D6D6EAD2-3EAD-4976-AEEC-E80B20862DCC}

レポート

amd64

en

{9B15724B-02A8-4783-95AB-648F7B74F228}

Web コンソール ・

amd64

en

{185DCAC9-125C-4EE0-BB53-2E105D67D635}

ゲートウェイ

amd64

en

{3975C30B-7B52-401B-AAFF-DD822C21D9CC}

サーバー

amd64

en

{D514F41F-CA8E-4A89-97A0-059ABC692AD4}

エージェント

x86

en

{B76A62B4-4142-4DED-A8EA-BA18BDB1BE41}

コンソール

x86

en

{40836C84-E061-4E3F-9B6F-D633FED02411}

ACS

amd64

cn

{6E4224E5-7D07-4C6F-86A5-BA80D7F5BB7F}

コンソール

amd64

cn

{76CC38F7-7222-48E1-B9A1-93313C7483A7}

レポート

amd64

cn

{7A65D7ED-BC64-42EF-ADF4-AE762EB7B816}

Web コンソール ・

amd64

cn

{802DBCFB-20F9-4E39-8956-094F9B917386}

コンソール

x86

cn

{01D7355C-1229-40C0-A71C-4ED73A520EBA}

ACS

amd64

cs

{6810C7B3-A9B3-4E3B-A1CD-8E4C349062F3}

コンソール

amd64

cs

{4032B22E-62EE-4632-8CDB-2873CBA446F3}

レポート

amd64

cs

{913D4771-8408-4461-81BC-9855B7DD3B23}

Web コンソール ・

amd64

cs

{DB96E613-25D6-49CC-84BB-565C3367CFED}

コンソール

x86

cs

{17FA6B7B-8D92-433C-9BBC-487296F0EA0C}

ACS

amd64

de

{D45E040C-864D-4F33-8A93-229753402833}

コンソール

amd64

de

{ADA28E9A-FEA2-424C-AC48-8646872AF8A0}

レポート

amd64

de

{8C453BDD-A2BB-4F9C-9A8D-3BBECAA52BA0}

Web コンソール ・

amd64

de

{7F75DD66-22EE-4899-8610-26866ACAD1B2}

コンソール

x86

de

{0E863817-913F-4AE4-9F69-EAB1E95DFA81}

ACS

amd64

es

{5F1D0961-ABB2-48FE-905C-7072AA6DEB10}

コンソール

amd64

es

{F674411F-A18F-47E1-B4FE-06BB4653F1FE}

レポート

amd64

es

{3A45AA76-5A31-4179-9E04-90E0C79E52ED}

Web コンソール ・

amd64

es

{AAB8CEA7-0336-4C35-8589-48E8116EDFD3}

コンソール

x86

es

{12FE313C-900D-4E61-809A-72B7AC410805}

ACS

amd64

fr

{3CE279EB-0C12-44F0-96DD-13B782783880}

コンソール

amd64

fr

{EBB48450-27AF-41D2-9FD0-E0D25224868D}

レポート

amd64

fr

{CE62F82B-0F6E-4846-8C6A-BCC128E3F6B3}

Web コンソール ・

amd64

fr

{A32255ED-5C98-4575-A454-E57E454B4BC1}

コンソール

x86

fr

{65A08B79-5E52-4810-95D4-9600A7976ABC}

ACS

amd64

%hu

{0DD32C70-B886-4EEF-967E-65ADC4DF39D2}

コンソール

amd64

%hu

{2980706C-A63E-4F90-A2EC-B12B3929258A}

レポート

amd64

%hu

{1AFB72E3-2EA1-458C-AE1E-A256548DD14A}

Web コンソール ・

amd64

%hu

{CA56135C-3578-4BDB-93AE-CD4061F467F5}

コンソール

x86

%hu

{CA44BF12-A184-4CEE-99BA-BF80328B0FBF}

ACS

amd64

その

{16579350-8D55-4D56-BB93-744B068D0DB7}

コンソール

amd64

その

{DE3DED20-FD2F-4CAB-A037-467203AD517B}

レポート

amd64

その

{B7A05ABD-C064-4F92-9917-D0620A11F3F3}

Web コンソール ・

amd64

その

{A11EF014-0BB2-402D-8767-43EE7553285C}

コンソール

x86

その

{3D99D7DA-3AFB-48CA-BF4C-E3110FB0D330}

ACS

amd64

ja

{1DE3D74A-024A-4B8E-ABFC-126D83DA7459}

コンソール

amd64

ja

{87BE700F-80B9-402A-BF0F-44924DE15037}

レポート

amd64

ja

{6644E59D-1422-428E-A606-CB2BB072A53A}

Web コンソール ・

amd64

ja

{A36193F2-3183-4177-A481-A2EEEC938FBC}

コンソール

x86

ja

{6929632D-2990-4FFA-808E-8373892E64F2}

ACS

amd64

ko

{A49BC793-B3A9-4885-9E29-649F98F900A2}

コンソール

amd64

ko

{8C58D2BE-AB97-432D-8B87-B9DB7865CA77}

レポート

amd64

ko

{8C7F7BEA-644A-45B5-A1F2-1DCA1781AC59}

Web コンソール ・

amd64

ko

{5BCE64BD-40B9-4B07-A7B4-E0FC091737C5}

コンソール

x86

ko

{4C27EF6A-6B30-4857-B151-1DD9E3462080}

ACS

amd64

nl

{6BA29F7D-7120-48A5-B6C8-F8E5D2E1CA6C}

コンソール

amd64

nl

{16536909-4F31-4085-8BF9-8876BC8341BF}

レポート

amd64

nl

{7797A01D-E26C-4A13-9463-C3DF663F64DC}

Web コンソール ・

amd64

nl

{B0FF08CD-A343-4173-960C-568A04D8424B}

コンソール

x86

nl

{43561443-8C75-4BDB-B264-6A006F6A0CB0}

ACS

amd64

pl

{0C8D05E3-69DF-4C88-8572-33CEB8F39D68}

コンソール

amd64

pl

{A445DCAF-802A-4F45-B540-FB9E405B36B2}

レポート

amd64

pl

{CF1B8E08-73D9-4967-A8D6-A165F553BFE8}

Web コンソール ・

amd64

pl

{240A93B5-92BC-4A9B-9C3F-62ADEFD698EC}

コンソール

x86

pl

{A7FAB9FB-0346-4A62-8392-AC75C2856139}

ACS

amd64

pt br

{EF42F747-BE36-41DC-B54F-36A713A02372}

コンソール

amd64

pt br

{CFC135EF-C516-44C1-B405-D88767CCE454}

レポート

amd64

pt br

{9E1262D8-7D06-412A-8ECB-0BD26CF2CD87}

Web コンソール ・

amd64

pt br

{52EBFC91-BB30-43AB-8B4F-0D4043387A45}

コンソール

x86

pt br

{3DECA94A-4008-4C4C-85BE-BB1E1CEDDC5F}

ACS

amd64

pt pt

{3721B5BF-2E18-4360-B8A9-FEE374FFC9BB}

コンソール

amd64

pt pt

{88F05F48-36A2-45C0-A311-984CDC4B27DB}

レポート

amd64

pt pt

{BBDFE8B3-05A0-4446-ADEF-9F1F31CC3973}

Web コンソール ・

amd64

pt pt

{7E15C449-F0BB-437E-B333-68498925A392}

コンソール

x86

pt pt

{D7C3FB66-F099-4EA8-81EB-3E4746D6E9CB}

ACS

amd64

ru

{D6A0B0A4-FEE7-4737-921B-A10D3A38E000}

コンソール

amd64

ru

{68555626-1B1E-4B4E-9F31-11FF0F52460D}

レポート

amd64

ru

{C2FA8B1C-0552-4ABA-A207-4B5CB6DC9A99}

Web コンソール ・

amd64

ru

{8756E05A-4527-4B69-827F-80796BC3C223}

コンソール

x86

ru

{A029CB12-C91B-4B9B-B303-2CAA4671EF06}

ACS

amd64

sv

{8AB2E870-A012-43FE-8783-4E6A636A4368}

コンソール

amd64

sv

{B475D836-4C99-408E-B5EB-07271DE917AF}

レポート

amd64

sv

{6420FDD3-9AE9-4532-BFB0-B1EDDAE77A20}

Web コンソール ・

amd64

sv

{DD49FF91-68B0-4BF5-9EA7-0F0C349D4DB0}

コンソール

x86

sv

{7FF5CB6E-C536-492D-8A9F-61366B172A9B}

ACS

amd64

tr

{EDCED9E2-5BA9-4092-843C-90F049BB3E79}

コンソール

amd64

tr

{93FDDE1B-8A7C-4768-AED6-EDEBD6A418DE}

レポート

amd64

tr

{D2BFF97D-36E3-4ACF-B8CF-F6204E554947}

Web コンソール ・

amd64

tr

{50356596-0251-4913-BEDA-797A9A150F2D}

コンソール

x86

tr

{1FE89FCD-B266-4589-8D72-41B1D433AD53}

ACS

amd64

tw

{6C7ECAD0-6248-4043-8A23-BCA8AC09C4AF}

コンソール

amd64

tw

{B583C7FA-6A91-4B29-AC39-3AA64A74DA3A}

レポート

amd64

tw

{8173BADD-C7BA-4D4D-B9F7-211C1F8E7A15}

Web コンソール ・

amd64

tw

{48A2DE55-1C40-45A7-9B9D-F98F31760545}

コンソール

x86

tw

{716C9571-1907-42A4-9E66-F5A9495AE5C6}

ACS

amd64

zh-(香港)

{58BB3356-7C44-4141-8149-08A7ED028EEE}

コンソール

amd64

zh-(香港)

{EAE9F7A2-ADD3-43CD-9B08-E11EEF9B4AD2}

レポート

amd64

zh-(香港)

{EA2B4305-030B-489D-9395-EB2EBA23F66D}

Web コンソール ・

amd64

zh-(香港)

{CCCF23E4-93D3-4C99-B323-CD90CB325576}

コンソール

x86

zh-(香港)

さらに、 RTMProductCodeGuidのプレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

サーバー

{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}

コンソール (AMD64)

{041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}

コンソール (x86)

{175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}

Web コンソール ・ (AMD64)

{B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}

ゲートウェイ

{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}

ACS

{8574A035-1191-4EBA-BA6C-1F4D37171CE2}

エージェント (AMD64)

{786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}

エージェント (x86)

{B4A63055-7BB1-439E-862C-6844CB4897DA}

レポート

{D6E655E7-6318-4C50-B184-55E70DB179C1}

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル