Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 3.5 Service Pack 1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2 更新プログラムのセキュリティと品質ロールアップ: 2017 年 5 月 9 日

適用対象: .NET Framework 4.6.2.NET Framework 4.6.1.NET Framework 4.6

概要


この Microsoft .NET Framework 用のセキュリティ更新プログラムは、.NET Framework (および .NET Core) コンポーネントが証明書を完全に検証しない場合にセキュリティ機能のバイパスの脆弱性を解決します。 この脆弱性の詳細については、Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2017-0248 (英語情報) を参照してください。

この更新プログラムには、Windows Presentation Framework PackageDigitalSignatureManager コンポーネントの SHA256 ハッシュ アルゴリズムが組み込まれたパッケージに署名する機能のセキュリティの強化を目的とする修正も含まれています。

重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム  2919355  がインストールされている必要があります。 将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、 または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに 更新プログラム 2919355  をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報


以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。 資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。
 
  • 4014507 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 4.6.2 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2017 年 5 月 9 日
  • 4014510 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 4.6 および 4.6.1 のセキュリティと品質ロールアップについて 2017 年 5 月 9 日
  • 4014512 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2017 年 5 月 9 日
  • 4014505 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のセキュリティと品質ロールアップについて 2017 年 5 月 9 日

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


適用対象


この資料は、以下を対象としています。
 
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1、4.5.2、4.6、4.6.1、および 4.6.2 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:
    • Windows Server 2012 R2
    • Windows 8.1