Windows 10 の起動時に自動的に実行されるアプリを変更する

適用対象: Windows 10

アプリを変更する

スタートアップ アプリの変更

Windows 10 の起動時に自動的に実行されるアプリを変更するための 2 つの方法を説明します。

  • [スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [アプリ] > [スタートアップ] の順に選択します。起動時に実行するすべてのアプリが [オン] になっていることを確認します。
  • [設定][スタートアップ] オプションが表示されない場合は、[スタート] ボタンを右クリックして [タスク マネージャー] を選択し、[スタートアップ] タブを選択します ([スタートアップ] タブが表示されない場合は、[詳細] を選択します)。変更するアプリを選択し、起動時に実行する場合は [有効にする]、起動時に実行しない場合は [無効にする] を選択します。方法については、ビデオをご覧ください。

アプリの追加

[スタートアップ] にアプリを追加するには:

  • [スタート]  ボタンを選択し、スクロールして、起動時に実行するアプリを見つけます。
  • アプリを右クリックし、[その他] を選択して、[ファイルの場所を開く] を選択します。これにより、アプリのショートカットが保存されている場所が開きます。[ファイルの場所を開く] のオプションがない場合は、そのアプリを起動時に実行できないことを意味します。
  • ファイルの場所を開いた状態で、Windows ロゴ キー  + R キーを押し、「shell:startup」と入力して [OK] を選択します。これにより、"スタートアップ" フォルダーが開きます。
  • ファイルの場所からアプリのショートカットをコピーして、"スタートアップ" フォルダーに貼り付けます。