Windows セキュリティで項目をスキャンする

適用対象: SecurityWindows 10

Windows セキュリティ (以前のバージョンの Windows 10 の Windows Defender セキュリティ センター) では、特定のファイルとフォルダーをスキャンして安全性を確認できます。脅威が発見された場合は直ちに通知されます。

  • 特定のファイルやフォルダーをスキャンするには、スキャン対象を右クリックして、[Windows Defender でスキャンする] を選択します。または、[スタート]  > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] > [スキャンのオプション] (または以前のバージョンの Windows 10 では [新しい高度なスキャンを実行]) > [カスタム スキャン] > [今すぐスキャン] の順に移動し、スキャン対象のファイルまたはフォルダーを選択します。
  • Windows セキュリティの Windows Defender ウイルス対策をオンにするには、[スタート]  > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に移動します。次に、[設定の管理] (または以前のバージョンの Windows 10 では [ウイルスと脅威の防止の設定]) を選択し、[リアルタイム保護]オンに切り替えます。これにより、Windows Defender ウイルス対策が自動的に有効になります。Windows 10 Enterprise の場合、Windows Defender ウイルス対策を有効にするには、既存のウイルス対策プログラムをすべてアンインストールする必要があります。