Windows 10でタスク バーにバッテリー アイコンを追加する

適用対象: Windows 10

バッテリーの状態を確認するには、タスク バーのバッテリー アイコンを選択します。タスク バーにバッテリー アイコンを追加するには、次の手順を実行します。

  • [スタート]  > [設定]  > [個人用設定] > [タスク バー] の順に選択し、[通知領域] が表示されるまで下へスクロールします。[タスク バーに表示するアイコンを選択します] を選択し、[電源] スイッチをオンにします (注意: バッテリー電源を使用しないデスクトップ PC などのシステムでは、[電源] スイッチが表示されません)。それでもバッテリー アイコンが表示されない場合は、タスク バーで [隠れているインジケーターを表示します]  を選択し、バッテリー アイコンを選択します。
  • バッテリー電源を使用するデバイスで、[スタート]  > [設定]  > [個人用設定] > [タスク バー] を選択したときに [電源] スイッチが表示されない場合または淡色表示される場合は、タスク バーの検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力し、検索結果の一覧から [デバイス マネージャー] を選択します。[バッテリー] の下でデバイスのバッテリーを右クリックし、[無効にする] を選択し、[はい] を選択します。数秒間待ってからバッテリーを右クリックし、[有効にする] を選択します。続いてデバイスを再起動します。
  • [スタート]  > [設定]  > [個人用設定] > [タスク バー] を選択して [電源] スイッチをオンにしてもバッテリー アイコンがタスク バーに表示されない場合は、タスク バーの検索ボックスに「タスク マネージャー」と入力し、検索結果の一覧から [タスク マネージャー] を選択します。[プロセス] タブの [名前] 列で [エクスプローラー] を右クリックし、[再起動] を選択します。