Windows セキュリティに除外を追加する


Windows セキュリティで悪意のあるファイルとして検出されたファイル、ファイルの種類、またはプロセスを信頼できる場合は、それらを除外リストに追加することにより、Windows セキュリティによる警告やプログラムのブロックを回避できます。 

  • [スタート]  > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に移動します。
  • [ウイルスと脅威の防止の設定] で、[設定の管理] を選択し、[除外] で、[除外の追加または削除] を選択します。
    Windows セキュリティの [除外を追加する] オプション。
  • [除外を追加する] を選択し、ファイル、フォルダー、ファイルの種類、またはプロセスを選択します。除外は、フォルダー内のサブフォルダーにも適用されます。