Surface の電源状態

適用対象: Surface DevicesSurface

Surface の電源オン、シャットダウン、再起動、スリープ状態の解除、省電力状態への切り替えの方法を示します。

電源オンとスリープ状態の解除

Surface の電源をオンにするか、スリープ状態を解除するには、電源ボタンを押して数秒間待ちます。デバイスの電源ボタンの位置については、次の表を参照してください。

Surface の種類 電源ボタンの位置
タブレット 左上または右上
Studio 右下
ノート PC キーボードの右上

 

スリープと休止状態

Surface を数分間使わないでいると、画面が消え、Surface が省電力モードに移行します。これにより、作業を再開したいときに、すばやくデバイスを通常の動作状態に戻すことができます。 

Surface を数時間使わないでおくと、休止状態になります。休止状態では、作業が保存された後、Surface の電源がオフになります。再度 Surface を起動すると、作業を中断したところから再開できます。

画面が暗くなるまでの時間または電源を切るまでの時間や、Surface が省電力スリープ モードに移行するまでの時間を変更するには、[設定][システム][電源とスリープ] の順に移動します。休止状態の設定を表示するには、[電源の追加設定][プラン設定の変更][詳細な電源設定の変更] の順に移動します。[電源オプション] で、[スリープ][次の時間が経過後休止状態にする] の順に選択します。

オン、オフ、スリープ、休止状態、および再起動

ここでは、Surface の電源状態の概要を紹介します。

オン/スリープ状態の解除 Surface の電源ボタンを押して離します。
電源ボタンを押しても何も起こらない場合は、電源アダプターを接続して、もう一度電源ボタンを押します。それでも Surface の電源が入らない場合は、「Surface の電源が入らない、Windows が起動しない、バッテリーが充電されない」をご覧ください。
オフ/シャットダウン スタート に移動して、[電源][シャットダウン] の順に選択します。
スリープ 次のいずれかを行います。
  • Surface の電源ボタンを押して離します。
  • Surface を数分間使わないでおきます。
  • スタート に移動して、[電源][スリープ] の順に選択します。
  • タイプ カバーを閉じます。
  • Surface Book または Surface Laptop キーボードを閉じます。
休止状態 Surface を数時間使わないでおくと、休止状態になります。Surface Studio では、休止状態は無効になっています。
再起動 スタート に移動して、[電源] > [再起動] を選択します。
Surface を強制的にシャットダウンし、再起動する Surface を強制的にシャットダウンし、再起動する」をご覧ください。

スリープ解除とロック解除

Surface のスリープを解除するには、いくつかの方法があります。

  • Surface タイプ カバーのいずれかのキーを押します。
  • Surface Book または Surface Laptop キーボードのいずれかのキーを押します。
  • Surface の電源ボタンを押して離します。

Surface のロックを解除するには:

  1. 画面の下端から上にスワイプするか、任意のキーを押します。
  2. サインイン画面でパスワードを入力します。これで Surface を使用できます。
    Surface へのサインイン方法については、「Surface へのサインイン/サインアウト」をご覧ください。

ロック

Surface をロックするには、次のいずれかを実行します。

  • Ctrl + Alt + Delete キーを押して、[ロック] を選択します。
  • Windows ロゴ キー + L キーを押します。
  • スタート に移動し、アカウントの画像を選択して、[ロック] を選択します。