更新プログラムをシステム センター構成マネージャーのバージョン 1706、最初の波

適用対象: System Center Configuration Manager

概要


1706 のバージョンの Microsoft システム センター構成マネージャー現在分岐の最初の波 (初期更新リング) 展開する Windows PowerShell スクリプトを有効にする管理者に更新プログラムがあります。更新プログラムと構成マネージャーのコンソールのノードのサービスを提供する更新プログラムにアクセスできます。

この更新プログラムでは、バージョン 1706 がグローバルに利用可能になった後に解決された、最新の重要な問題を解決します。

この更新プログラムが利用できなくし、KB 4036267の更新プログラムで置き換えられています。

この更新プログラムで修正される問題


  • アプリケーションは、必要なコンテンツをダウンロードするのにはエラーのためクライアントにインストールできないことです。ソフトウェア ・ センターから手動でソフトウェアをインストールしようとする、インストールが失敗した場合は、「ソフトウェアをダウンロードできません」が表示されるエラー メッセージ。エラー メッセージの「関連情報」セクションは次ようになります。
    返されたエラー コード 0x80070057 (-2147024809) ソフトウェアの変更

     

  • クライアントのアップグレードが成功すると、できない場合があり、Ccmsetup.log ファイルに次のようなエラーを記録します。
    ファイル C:\windows\ccmsetup\{E71CEDAC-161C-4FC7-BBD1-334BFFC60C1C}\client.msi のインストールが失敗しました。エラー テキスト: ExitCode: 1603
    アクション: CcmCompileSqlCEScripts。
    エラー メッセージ:
    Sql CE のスクリプト ファイル C:\windows\CCM\UserAffinityStore.sqlce をコンパイルできませんでした。
    エラー コードは、80004005 です。

    MSI: セットアップでは、Sql CE のスクリプト ファイル C:\windows\CCM\UserAffinityStore.sqlce をコンパイルできませんでした。
    エラー コードは、80004005 です。

  • 通知サーバーのチャネルをクライアントが失敗する経由で送信するクライアントとの通信です。StatusCode 500 は、管理ポイント上のインターネット インフォメーション サービス (IIS) ログに記録されます。

  • SMS サイト コンポーネント マネージャー サービス (sitecomp.exe) は、予期せず停止するには構成マネージャーのバージョン 1706 にアップグレードした後、最初に 1 つを動かします。Sitecomp.log ファイルでは、次のようなエラーが記録されます。
    純粋仮想関数が呼び出されました。致命的なエラーは、続行できません。
  • PXE サービス ポイントを有効にすることはできませんし、Distmgr.log ファイルに次のようなエラーが記録されます。
    CDistributionManager::ConfigurePXE が失敗しました。0x80041002
  • 作業デバイスの android は、Azure Active Directory、Exchange Active Sync へのアクセスをブロックに登録できません。

     

  • 改善: 複数のユーザー補助機能の強化は、構成マネージャーのコンソールに追加されます。

システム センター構成マネージャー バージョン 1706 の最初のウェーブの情報を更新します。


この更新プログラムは更新プログラムで利用可能な 1706 年 8 月 8日と 2017 年 8 月 11日ダウンロードしたときに、バージョンのビルド時に、構成マネージャー コンソールの最初の波 (高速リング) を使用して、インストールされている環境のサービス ノードです。

ウェーブする最初のビルドをインストールしたことを確認、更新プログラムの詳細ペインに、[パッケージ GUID] 列を追加して、コンソール内のノードのサービスを提供してパッケージの GUID を確認します。更新プログラムは、次の GUID を持つパッケージから 1706 のバージョンの最初の波インストールのみに適用されます。

  • ABB97C8D-81E2-4D97-85CD-26FF3C561058.cab

(更新中) のために次の Guid を持つパッケージから 1706 のバージョンの最初の波のインストールにこの更新プログラムは適用されません。

  • C88976EC-69E5-4B14-90CE-FF84B656CE86.cab
  • B1C7BBFD-4C85-46DF-AB2C-2AB2114ED8F9.cab

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムにより、以前にリリースされた更新プログラムが置き換わることはありません。

インストールに関する詳細情報

注: この更新プログラムでは、主要なクライアントのバージョンは変更されません。したがって、Windows Server Update Services (WSUS) ベースの展開によってはインストールされません。

プライマリ ・ サイトでこの更新プログラムをインストールした後、既存のセカンダリ ・ サイトは手動で更新する必要があります。構成マネージャー コンソールでセカンダリ サイトを更新するには、[管理] をクリックしてサイトの構成] をクリックして、サイトセカンダリ サイトの復元] をクリックして、セカンダリ サイトを選択し、します。次に、プライマリ ・ サイトは更新されたファイルを使用してセカンダリ サイトを再インストールします。構成し、セカンダリ ・ サイトの設定は受けませんこの再インストールします。再インストール、アップグレード後、新しいセカンダリ サイトをプライマリ サイトの下では、この更新プログラムが自動的に表示されます。

その親プライマリ サイトのセカンダリ サイトの更新プログラムのバージョンに一致するかどうかを確認するのにはサイト データベースには、次の SQL Server のコマンドを実行します。

dbo.fnGetSecondarySiteCMUpdateStatus ('SiteCode_of_secondary_site') を選択します。

1が返される場合、サイトが最新の状態、およびその親プライマリ サイトのすべての修正プログラムが適用されます。

0が返された場合、サイトはプライマリ ・ サイトに適用されるすべての修正プログラムをインストールしていません。この例では、セカンダリ ・ サイトのリカバリ・ オプションを使用して、セカンダリ ・ サイトを更新する必要があります。

ファイル情報


関連情報


System Center 構成マネージャーの更新プログラムをインストールします。

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。