Windows 10 の視線制御の概要

適用対象: Windows 10

この記事では、アイ トラッカーを設定するすべての手順を説明します。既にセットアップが済んでいる場合は、「Windows 10 の視線制御の基本」をご覧ください。トラブルシューティングについては、「視線制御トラブルシューティング ガイド」をご覧ください。

視線追跡デバイスのセットアップ


このガイドは、Windows 10 視線制御で使用する視線追跡デバイスの設定と調整を行う際にお使いください。テストは Tobii Eye Tracker 4C デバイスで行いました。エクスペリエンスはデバイスによって異なる場合があります。

始めるために必要なもの

視線追跡デバイス

視線制御は、次の視線追跡デバイスでサポートされます。

Tobii 
•    Tobii Eye Tracker 4C
•    Tobii EyeX
•    Tobii Dynavox PCEye Plus
•    Tobii Dynavox EyeMobile Mini
•    Tobii Dynavox EyeMobile Plus
•    Tobii Dynavox PCEye Mini
•    Tobii Dynavox PCEye Explore
•    Tobii Dynavox I-Series+
•    視線追跡の統合が含まれる一部のノート PC とモニター

EyeTech
•    TM5 Mini

Windows 10 Fall Creators Update 以降のバージョン

これより前のバージョンの Windows 10 では視線制御を利用できませんが、PC が最新の状態になっていれば大丈夫です。お使いのバージョンは、[設定] > [システム] > [バージョン情報] [Windows の使用] に表示されます。バージョンが 1709 以上であることを確認してください。
[バージョン情報] 設定を開く

PC を更新するには、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] [更新プログラムのチェック] を選択します。
更新プログラムのチェック

視線制御はすべての国または地域で使用できます。ただし、視線制御キーボードでサポートされているのは EN-US キーボード レイアウトのみであり、一部の視線制御設定は英語のみで利用可能です。PC の [地域と言語] の設定は、視線制御の使用に影響しないため、特に変更する必要はありません。

協力を得る

セットアップを完了して視線制御の設定を変更するには、友人、家族、介護士の方などの協力が必要になる場合があります。

デバイスのセットアップ


デバイスを接続する

  1. 箱を開けて、Tobii Eye Tracker 4C デバイスのほか、付属のマグネットのうち 1 つと、図表入りのインストール ガイドを取り出します。PC の USB ポートが画面から離れた場所にある場合は、USB 延長ケーブルも必要になることがあります。
  2. 図解付き手順に従って、接着剤を保護してしているステッカーを剥がし、画面の下にマグネットを取り付けます。
  3. 図解付き手順に従って、デバイスをマグネットに取り付け、PC の USB ポートに接続します。

ソフトウェアのインストール

  1. PC で Web ブラウザーを開き、www.tobii.com/getstarted に移動します。Web サイトの Cookie ポリシーに同意するためのポップアップが開きます。ポップアップで、[同意する] を選択してポリシーを確認し、[詳細情報] を選択してポップアップを閉じます。

  2. [1. Select the hardware] (1. ハードウェアの選択) で、[Tobii EYETRACKING] を選択します。選択項目の下のページ内容が変わり、インストールする必要があるソフトウェア パッケージの詳細が表示されます。下へスクロールして、[ダウンロード] を選択します。[Your download will start in a few seconds] (あと数秒でダウンロードが開始します) と表示されたウィンドウが開きます。ダウンロードが自動的に開始しない場合は、ウィンドウの下部にあるリンクを選択します。

  3. ダウンロードしたファイルに対する操作を確認するメッセージが表示されたら、[実行] を選択します。インストール ウィザードが開きます。エンド ユーザー ライセンスと使用許諾契約書を読み、[同意] チェック ボックスをオンにして、[次へ] を選択します。
  4. [はい] を選択して、アプリによるデバイスへの変更を許可します。
  5. インストールが正常に完了したら、[続行] を選択してアイ トラッカーをセットアップします。デバイスの赤いライトがいくつか点灯します。これは、デバイスがアクティブになったことを示します。

デバイスの調整

  1. [Get Started!] (開始する) を選択します。画面に 2 本の縦線が表示されます。マウスを使用し、デバイス上部の白いマーカーに合うようにこれらの線を移動して、[Done] (完了) を選択します。
  2. 画面の四角形内に、ユーザーの目が 2 つの点として表示されます。目 (顔) を少し動かして、デバイスで視線を追跡できることを確認してください。
  3. しばらくすると、画面に一連の青色の点が表示されます。各点を (1 つずつ) 破裂するまで見ます。これを何度か実行すると、"Calibration successful!" (調整に成功しました) というメッセージが表示されます。1 つの点が破裂してから次の点に視線を移動するまでに時間がかかりすぎた場合は、調整手順が再び最初から始まります。
  4. ユーザー プロファイルの名前を入力し、[Save] (保存) を選択します。ユーザーごとに、個別のユーザー プロファイルが必要です。1 人のユーザーにも、たとえば眼鏡をかけてコンピューターを使用する場合と、眼鏡をかけずに使用する場合があれば、複数のプロファイルが必要になります。後で、追加のユーザー プロファイルを作成することもできます。

Tobii アプリのテスト

  1. プロファイルを保存すると Tobii Eye Tracking アプリの全画面モードが有効になり、バックグラウンド ミュージックと共に紹介動画が開始します。ユーザーは宇宙船のパイロットです。画面には、視線と Space キーを使ってカーソルと画面を制御する方法が表示されます。
    1. 画面の端を見ながら、周囲を見回します。
    2. 小惑星を少し見ると、周囲にターゲット アイコンが表示されます。Space キーを押して、小惑星を撮影します。
    3. 紹介動画が自動的に終了する前に宇宙船の操縦を終了するには、右の方を見て終了ボタンを見つけ、ボタンをしばらく見てアクティブ化してから、Space キーを押して紹介動画を終了します。
  2. この Tobii アプリには、さまざまな視線制御機能の概要が示されます。指示に従い、画面上のさまざまな点を見て操作してください。
  3. 概要の確認を終えたら、全画面表示モードが非アクティブになり、画面の右側に Tobii アプリが表示されます。このアプリを使用すると、ユーザー プロファイルの管理、視線制御のテスト、アイ トラッカーの設定変更を行うことができます。詳しくは、「Tobii Eye Tracking アプリの使用」 (add link here) をご覧ください。
  4. アプリを閉じるには、Esc キーを押すか、アプリ ウィンドウ外の任意の場所をクリックします。

Windows 10 視線制御の使用する


視線制御を有効にするには、[設定] > [簡単操作] > [視線制御] を開き、スイッチをオンにします。
[視線制御] 設定を開く

視線制御のスイッチをオンにすると、画面にスタートパッドが表示されます。スタートパッドの使用方法については、「視線制御の基本使用ガイド」 (add link here) をご覧ください。

Tobii Eye Tracking アプリの使用

デバイスがアクティブ化されると、Windows 視線制御がオンになっていなくても、Tobii アプリ内の視線追跡は動作します。メニュー項目を見てフォーカスを移動し、Space キーを押して選択することができます。

1.    Tobii アプリを開くには、タスクバーの [Tobii] アイコンを選択します。アイコンが表示されていない場合は、[隠れているインジケーターを表示します] アイコンを選択します。タスクバーの検索フィールドに「視線」と入力して、[Tobii Eye Tracking] を選択することもできます。

2.    アプリ内では、(上から順に) 以下のオプションを選択できます。

•    tobiigaming.com へのリンク。ここで、視線追跡を使用するゲームを探すことができます。

•    [Games and Experiences] (ゲームとエクスペリエンス): Tobii アプリケーションをダウンロードし、(初期セットアップ時と同じ) アイ トラッカーの紹介動画と概要を再度表示できます。

•    [Interactions] (対話操作): タッチパッド、マウス、Windows の一般使用、電力の使用などに関する様々な設定を変更できます。ここでは、Tobii ソフトウェアを更新し、すべての設定を既定値にリセットすることもできます。

•    [Display setup] (ディスプレイのセットアップ) では、画面の下に置いたデバイスの位置が変わった場合に、位置設定を再調整できます。

•    [Gaze Trace] (視線追跡) では、画面上での視線の移動を示すバブルの表示を有効にできます。バブル表示を無効にするには、[Gaze Trace] (視線追跡) をもう一度選択します。

•    最下部では、ユーザー プロファイルと、ユーザーの目を表す 2 つの点でを確認できます。顔を動かしたときに、視線がアイ トラッカーの視野内に収まっているどうかを確認できます。点が大きく、明るくなるほど、デバイスによる視線追跡が容易になります。最下部の領域を選択して新しいユーザー プロファイルを作成することも、現在のユーザー プロファイルの調整をテストして改善することもできます。

3.    アプリを閉じるには、Esc キーを押すか、アプリ ウィンドウ外の任意の場所をクリックします。

トラブルシューティング


視線制御に関する問題がある場合は、以下のヒントを参考にしてください。さらに包括的なトラブルシューティングについては、「視線制御トラブルシューティング ガイド」をご覧ください。 

PC を再起動した後、デバイスが動作しない

PC を再起動した後、視線追跡デバイスが正しくアクティブ化されない場合があります。この問題を解決するには、次の手順をお試しください。
•    デバイスを USB ポートから取り外してから、もう一度接続します。
•    Ctrl + Alt + Delete キーを押し、[タスク マネージャー] を選択します。[サービス] タブ (このタブが表示されていない場合は [詳細] を選択します) を選択し、[Tobii Service] を右クリックして、[開始] または [再起動] を選択します。サービスが実行されるまで、タスク マネージャーを実行しておきます。
•    PC を再起動します。
•    上記の手順で問題が解決しない場合は、Tobii Eye Tracking アプリをアンインストールして、再インストールします。


反射がデバイスの混乱を招いている

窓や眼鏡から光が反射することで、問題が発生する場合があります。部屋のカーテンやブラインドをすべて閉めてみてください。眼鏡をかけずに画面を見ることができる場合は、眼鏡なしで視線制御を使用するための新しいユーザー プロファイルを作成することもできます。

ユーザーの位置が変わった

ノート PC でアイ トラッカーを使用すると、(画面に合わせてユーザーの目の位置が簡単に変わるため) 問題が発生する可能性があります。最も良いのは、アイ トラッカーを調整した後、コンピューターを動かさず、ユーザーもできるだけじっとしていることです。コンピューターやユーザーの位置を大幅に変更する必要があり、問題が発生した場合は、アイ トラッカーの再調整を行ってください。