Windows 10 の視線制御の概要

適用対象: Windows 10

視線制御では、視線追跡テクノロジを活用して、マウス ポインターの操作、スクリーン キーボードでの入力、および音声合成によるコミュニケーションを行うことができます。

視線制御をオンにするには、サポートされる視線追跡デバイスを PC に接続して設定します。次に、[スタート] [設定] [簡単操作] [視線制御 (プレビュー)] の順に選択し、[視線制御をオンにする] を選択します。

スタートパッドを使用する

視線制御をオンにすると、画面にスタートパッドが表示されます。

視線制御スタートパッドには、スタートパッドの位置を変更するためのボタン、マウスの左右クリック ボタンをアクティブにするためのボタン、正確なマウスおよびスクロール コントロールを使用するためのボタン、視線制御キーボード、音声合成、Windows の [スタート] メニュー、およびタスク ビューを開くためのボタンが含まれます。また、アイ トラッカーを調整したり、視線制御の設定を開いたり、スタート パッドを非表示にするように視線制御を一時停止したりすることもできます。

スタートパッドのボタンを選択するには、ボタンがアクティブ化するまで、そのボタンを見つめます。「見つめる」とは、画面の一部に一定時間、視線を置くことを意味します。この時間の長さは、滞留時間と呼ばれます。

スタートパッドのボタンを使用して、次の操作を行います。

  • スタートパッドを画面の上部または下部に移動します。
  • マウスの左および右ボタンを選択するためのボタンを含めて、マウス カーソルを制御します。
  • Web ページやアプリ内を移動するように、マウスのスクロール ホイールを制御します。
  • 視線制御キーボードを使用して入力します。
  • 視線制御音声合成 (TTS) を使用して、画面にテキストを入力し、読み上げます。
  • スタート画面、タスク ビュー、アイ トラッカー デバイスの調整、および視線制御の設定にすばやくアクセスします。
  • 映画の視聴時など、眼の動きでスタートパッドのボタンが誤って選択されないようにする場合は、視線制御を一時停止します。

マウスを操作する

マウスを正確に操作するには、スタートパッドで [高精度マウス] ボタンを見つめます。次に、画面上のカーソルを置く位置を見つめます。位置を微調整し、希望する操作 (左クリック、左ダブル クリック、右クリック、または閉じる) を選択することができます。

視線制御マウスでは、マウスのカーソルの位置を細かく調整し、右クリック、左クリック、ダブル クリックすることができます。

スタートパッドの [左クリック] または [右クリック] ボタン見つめた後、マウスを操作する画面上の位置に視線を置くことで、もっと直接的にマウスを操作することもできます。

選択後にマウス操作を取り消すには、画面の外を見てスタートパッドに戻ります。

Web ページやアプリをスクロールする

Web ページやアプリをスクロールするには、スタートパッドの [スクロール] ボタンを見つめます。次に、画面上のカーソルを置く位置を見つめます。その後、上、下、左、または右ボタンを見つめてその方向にスクロールすることができます。これらのボタンを長く見つめるほど、よりすばやくスクロールされます。

視線制御スクロール ボタンを使用すると、Web ページやアプリをすばやくスクロールできます。

選択後にスクロール操作を取り消すには、画面の外を見てスタートパッドに戻ります。

視線制御キーボードを使用して入力する

キーボードを開いて入力するには、スタートパッドのキーボード  ボタンを見つめた後、入力する文字を見つめます。

視線制御キーボードには、キーボードの位置変更や語句の削除を行うボタン、ワードフロー入力を切り替えるキー、Space キーがあります。

各文字を見つめていくと、テキスト候補がキーボードの上部に表示されます。選択するには、単語を見つめます。

数字や記号を入力するには、&123 キーを選択します。その他のキーを入力するには、Fn キーを入力します。

ワードフロー入力を使用する

ワードフロー入力でテキストをすばやく入力します。ワードフロー入力では、単語の最初の文字と最後の文字を見つめ、間の文字には視線を滑らます。単語の候補が最後の文字に表示されます。予測が正しくない場合は、別の予測を選択できます。

ワードフロー入力をオンにするには、スタートパッドの [視線制御の設定] ボタンを見つめます。次に、[ワードフロー入力] トグルを見つめてオンにします。ワードフロー入力がオンのとき、キーボードのワークフロー入力ボタンでオン/オフを切り替えます。

視線制御の設定を変更する

ニーズに合わせて視線制御の設定を調整することができます。設定を変更するには、スタートパッドの [視線制御の設定] を見つめます。変更できる設定は次のとおりです。

  • 入力滞留時間。文字、数字、記号の滞留時間を設定します。
  • 一般滞留時間。ファンクション キー、次に入力する単語の予測、マウス カーソルのコントロールの滞留時間を設定します。
  • ワードフロー入力。ワードフロー入力のオンとオフを切り替えます。
  • 視線カーソル。スタートパッドなどの視線制御機能見つめているときに画面のどこを見ているのかを示すカーソルをオンにします。

視線制御音声合成でテキストを読み上げる

音声合成を使用して、友人や家族とコミュニケーションを取ります。使用するには、スタートパッドで [音声合成] ボタンを見つめます。次に、キーボードを使用してテキストを入力し、[再生] ボタンを選択して読み上げます。

クイック フレーズ ボタン、クイック フレーズ編集ボタン、再生ボタン、停止ボタン、前の文に戻るボタンを表示する視線制御音声合成コントロール。

画面の上部にはクイック フレーズがあります。クイック フレーズを選択すると、すぐに読み上げられます。クイック フレーズを変更するには、クイック フレーズの左側にある [編集] ボタンを見つめます。

Windows がテキストを読み上げるために使用する音声を変更するには、[スタート] [設定] [時刻と言語] [音声認識]  の順に選択し、[音声合成] でメニューから音声を選択します。

よくあるご質問

どの視線追跡デバイスがサポートされますか?

視線制御は、次の視線追跡デバイスでサポートされます。

Tobii 

  • Tobii Eye Tracker 4C
  • Tobii EyeX
  • Tobii Dynavox PCEye Plus
  • Tobii Dynavox EyeMobile Mini
  • Tobii Dynavox EyeMobile Plus
  • Tobii Dynavox PCEye Mini
  • Tobii Dynavox PCEye Explore
  • Tobii Dynavox I-Series+
  • 視線追跡の統合が含まれる一部のノート PC とモニター

EyeTech

  • TM5 Mini

視線制御はどのバージョンの Windows で動作しますか?

視線制御は、Fall Creators Update (Version 1709) 以降の Windows 10 で利用できます。これは、タブレットを含む Windows 10 PC のすべてで動作します。視線制御は Windows 10 S ではサポートされません。Windows 10 S での支援技術の使用について、詳細をご確認ください。

視線制御ではどの言語がサポートされますか?

視線制御はすべての国や地域で利用できます。ただし、視線制御キーボードでは、英語 (米国) キーボードのレイアウトのみがサポートされます。また、視線制御設定の一部のテキストは英語でのみ表示されます。

マイクロソフトは視線追跡データを収集しますか?

いいえ、マイクロソフトが視線追跡情報を収集、保存、または共有することはありません。

眼鏡をかけている場合や、窓の横に PC がある場合でも、視線制御は動作しますか?

視線追跡デバイスによっては、日光が当たる場所では視線制御が適切に動作しない場合があります。また、視線追跡は、目の色、大きさ、形状によって、動作が異なります。その他の要因も視線追跡の正確性に影響を与える場合があります。

視線追跡デバイスの制限について理解を深めるには、デバイスに付属のマニュアルを参照してください。

Windows 視線制御の追加のサポートについては、Disability Answer Desk にお問い合わせください。