Surface ペンの電池を交換する

適用対象: Surface DevicesSurface

クリップのない Surface ペン

クリップのない Surface ペン
  • キャップの部分を本体からまっすぐ抜き取ります。
  • 単 6 電池を交換します。電池のプラス (+) 面がペンの下方向を向くように入れてください。
  • ペンの平らな側を合わせ、ペンのキャップの部分を本体部分に元のように押し込みます。

Surface スリム ペン

平らな先端に 1 つのボタンがある Surface ペン

平らな先端に 1 つのボタンがある Surface ペン
  • 反時計回りにキャップ (消しゴムの側) を正しい場所にカチッと音がするまで (約 30 度) 回します。キャップを本体から慎重に抜き取ります。
  • 単 6 電池を交換します。電池のプラス (+) 面がペンの下方向を向くように入れてください。
  • このとき、キャップ側のメタル ガイド (突起) をペン本体の半円のくぼみに合わせて、キャップを元の位置まで押し込みます。
  • キャップを少し回して上下の平らな面を合わせます。

側面に 2 つのボタンがあるペン

  • 側面に 2 つのボタンと 1 つのクリップがある Microsoft Classroom ペンまたは Surface ペン
    • ペンの頭の部分を回して本体から外します。
    • 単 6 電池を交換します。電池のプラス (+) 面がペン先方向を向くように入れてください。
    • 頭の部分を元どおりに締めます。
  • ペンのキャップ内にある 2 個のボタン電池も交換が必要になる場合があります。これらを変更する方法については、「Surface ペンの電池を交換する」のペンのキャップのバッテリーの交換に関する内容をご覧ください。
  • どの Surface ペンを使っているか不確かな場合は、「Surface ペンと機能の特定」をご覧ください。

ペンのキャップのバッテリーを交換する

側面に 2 つのボタンがある Surface ペンを使用している場合は、ペンのキャップ内にある Bluetooth ボタン電池の交換が必要になる場合もあります。これには、新しい 319 ボタン電池 2 個と、細いプラス ドライバーが必要です。 

  • ペンの頭の部分を本体から外します (頭の部分のラベルはそのままにします)。
  • 以下のいずれかの方法でバッテリー ケースを外します。 
    • お勧めする方法: スプリングの中央を通して細いプラス ドライバーをバッテリー ケースに差し込み、バッテリー ケースを回してゆるめます。
    • 別の方法: バッテリー ケースの側面にある切り込みの 1 つにマイナス ドライバーを差し込み、バッテリー ケースを回してゆるめます。バッテリー ケースの大きい切り込みにドライバーの刃を合わせるには、スプリングを押し付ける必要があります。
  • バッテリー ケースを外して古い電池を取り出します。マイナス (-) 側をペン先に向けて新しい電池をバッテリー ケースに挿入します。
  • バッテリー ケースに対してペンの頭の部分を下にスライドさせます。抵抗を感じるまでケースを締めます。きつく締めすぎないようにしてください。
    • ペンの頭の部分を横向きに持ってバッテリー ケースをはめ込むと、ボタン電池が正しい場所に固定される前に、裏返る可能性があります。 
  • ペンの本体に頭の部分を元のように付けます。電池を交換した後、ペンと Surface とのペアリングが再度必要になる場合があります。