2017 年 11 月 28 日 — KB4051034 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

適用対象: Windows 7 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4048957 (2017 年 11 月 15 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

  • 認証を行うドメイン コントローラー (DC) を再起動した後に、スマート カードのログオンに失敗する問題を修正しました。 エラー "スマート カードを使用したサインインは、このアカウントでサポートされていません" が表示されます。 認証を行う DC のシステム イベント ログに KDC のイベント 19 と Kerberos ディストリビューションのイベント 29 が記録されます。 スマート カード ログオンに適した証明書が見つからないというログの内容です。

  • KB3125574 およびそれに関連する更新プログラムをインストールした 64 ビット版 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 コンピューターで、Configmgr などの 32 ビット アプリケーションで加えたローカル ポリシーの更新を適用できない問題を修正しました。 この問題は、変更が %windir%\System32\GroupPolicy\Machine\registry.pol ではなく、%windir%\Syswow64\GroupPolicy\Machine\registry.pol という不適切なパスに書き込まれるために発生します。

  • リモート ネットワーク ドライブから共有 Microsoft Office ドキュメントにアクセスするときに生じる遅延の問題を修正しました。 この問題で、ファイルは開きますが、ファイルのアクセスと保存が影響を受けます。 ファイル サイズの大きさに応じて、アクセスの遅延は大幅に長くなります。
  • x86 および x64 ベース システム上の一部の Epson SIDM (Dot Matrix) および TM (POS) プリンターで印刷できなくなる影響がある問題を修正しました。 この問題は KB4048957 に影響があります。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この KB をインストールした後、SQL Server Reporting Services (SSRS) を使用している Internet Explorer 11 ユーザーは、スクロール バーを使用してドロップダウン メニューをスクロールできなくなることがあります。

この問題は KB4054518 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4051034 のファイル情報をダウンロードしてください。