投機的実行サイドチャネルの脆弱性から保護するための Surface ガイダンス

適用対象: Surface Pro 4Surface BookSurface Studio 1 詳細

はじめに


2018 年 1 月以降、Surface チームは、投機的実行サイド チャネルに関する新しいクラスのハードウェアの脆弱性に対するファームウェアの更新プログラムを公開しています。   Surface チームは、お客様を攻撃するためにこれらの脆弱性が現在使用されていることを示す情報を入手していません。Surface チームは、Windows チームや業界パートナーと緊密に連携してお客様を保護します。 利用できるすべての保護を受けるには、ファームウェアと Windows システムの更新プログラムの両方が必要です。

概要


詳細情報


Surface Pro 6、Surface Laptop 2 および Surface Studio 2 (2018 年 10 月に発表) は、この記事に記載されている脆弱性に対する最新の緩和策を含むマイクロコードとともに出荷されています。

注: Surface Hub は、多層防御戦略を実装しています。 詳細については、マイクロソフト Web サイトの以下のトピックを参照してください。

Surface Hub と Windows 10 Enterprise の違い

そのため、マイクロソフトでは、Surface Hub でこれらの脆弱性が悪用される可能性は大幅に低くなると考えています。

Surface チームは、安全で信頼性の高いユーザー エクスペリエンスを提供することを重視しています。 マイクロソフトでは、これらの脆弱性に対処し、デバイスの信頼性とセキュリティを維持するために、今後もデバイスの監視と更新を続ける予定です。