2018 年 5 月 9 日 - KB4103712 (セキュリティのみの更新プログラム)

適用対象: Windows 7 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • KB4056897 またはその他の最近のマンスリー更新プログラムをインストールした後に SMB サーバー上でメモリ リークの原因となることがある問題を修正します。  このリークは、要求されたパスがシンボリック リンク、マウント ポイント、またはディレクトリ ジャンクションを経由し、次のレジストリ キーが 1 に設定されている場合に発生します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\LanManServer\Parameters\EnableEcp
  • リモート デスクトップ サーバーに接続する際にエラーの原因となる問題を修正します。 詳細については、CVE-2018-0886 の CredSSP 更新プログラムを参照してください。
  • Internet Explorer、Windows アプリ、Windows カーネル、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows ストレージおよびファイル システム、HTML ヘルプ、および Windows Hyper-V のセキュリティ更新プログラム。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

 

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
STOP エラーは、Streaming Single Instructions Multiple Data (SIMD) 拡張機能 2 (SSE2) をサポートしていないコンピューターで発生します。 SSE2 をサポートするプロセッサが搭載されたコンピューターをアップグレードするか、そのコンピューターを仮想化します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは WSUS を介してインストールできるようになりました。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4103712 のファイル情報をダウンロードしてください。