2018 年 5 月 18 日 — KB4103713 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

適用対象: Windows 7 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4103718 (2018 年 5 月 18 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。 

  • 更新されたタイム ゾーン情報に関するその他の問題を修正します。 
  • 一部の Windows 7.0 SP1 ファイルが以前のバージョンに戻る問題を修正します。  
  • Windows Server 2008 R2 SP1 に SMB1 アクセスの監査を追加します。 この監査は、既定で無効になります。

SMB1 アクセスの監査を有効にするには、管理者特権でのコマンド プロンプトから以下のコマンドを実行します。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters /v AuditSmb1Access /t REG_DWORD -d 1 /f

SMB1 アクセスの監査を無効にするには、管理者特権でのコマンド プロンプトから以下のコマンドを実行します。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters /v AuditSmb1Access /t REG_DWORD -d 0 /f

 

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
STOP エラーは、Streaming Single Instructions Multiple Data (SIMD) 拡張機能 2 (SSE2) をサポートしていないコンピューターで発生します。 SSE2 をサポートするプロセッサが搭載されたコンピューターをアップグレードするか、そのコンピューターを仮想化します。
この更新プログラムを適用すると、一部のクライアント ソフトウェア構成でネットワーク インターフェイス コントローラーが動作しなくなることがあります。 原因は、不足しているファイル oem<number>.inf に関連する問題です。 問題の詳細な構成は現在不明です。
  1. ネットワーク デバイスを確認するには、devmgmt.msc を起動します。[そのほかのデバイス] に表示されることがあります。
  2. NIC を自動的に再検出してドライバーをインストールするには、[操作] メニューから [ハードウェア変更のスキャン] を選択します。

a. または、デバイスを右クリックして [更新] を選択して、ネットワーク デバイスのドライバーをインストールします。 次に、[ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索] または [コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索] を選択します。 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。   

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4103713 のファイル情報をダウンロードしてください。