Microsoft カスタマー サポート サービス規約

適用対象: なし

お客様は、サポート サービスを購入または利用することにより、本サービス規約に同意するものとします。Microsoft Web サイト上で、または当該 Web サイトに関連して提供されるサポート サービスの利用には、当該 Web サイトの条件 (使用条件、プライバシーに関する声明など。以下総称して「TOU」といいます) およびその他のポリシーが提供されます。本サービス規約および TOU (該当する場合) は、サポート サービスに関するお客様と Microsoft との間の完全なる合意を構成します。本サービス規約と TOU の間に矛盾がある場合は、本サービス規約が適用されます。

Microsoft は、随時その裁量により、サポート サービスおよび本サービス規約を変更する権利を留保します。かかる変更により、サポート サービスの料金を増額する場合、または提供するサポート サービスのレベルが大幅に低下する場合、変更の 30 日前までに電子メールで通知します。お客様は、かかる変更の有効日以降にサポート サービスを利用することで、変更後のサポート サービスおよび本サービス規約に同意されたものと見なされます。

救済手段の制限ならびに保証、条件、および責任の免責事項はすべて、両当事者の合意の本質的基盤を形成します。

サポート サービスには、本サービス規約および該当する TOU のみが適用され、Microsoft とのその他のサービス規約は適用されません。お客様は、お客様の居住地における成人年齢に達していること、および本サービス規約のすべての条項を読んで理解したことを表明するものとします。

サポート サービス

Microsoft カスタマー サポート サービスは、お客様をサポート エージェントにつなぎ、Microsoft サポート関連の一連のタスクの支援 (以下「サポート サービス」といいます) を行います。サポート サービスは、有効なライセンスを取得したまたは購入された Microsoft 製品の一部 (インシデントごとの支払いサービス (PPI サービス) またはサブスクリプション プログラムなど) として加えることができます。ただし、法人向けのお客様に提供されるプロフェッショナル サービス (サポートまたはコンサルティングなど) はこの限りではありません (法人のお客様は、Microsoft ビジネス/サービス アグリーメントまたは その他のMicrosoft エンタープライズ製品/サービス契約の対象となります)

  1. リモート ベースまたはデータ接続のサービスに関する同意。サポート サービスで使用されるソフトウェアは、データ接続 (インターネットまたは無線通信事業者など) を介して Microsoft およびその他のサービス プロバイダーに接続することがあります。接続が行われた際、通知が行われない場合があります。サポート サービスを利用することにより、お客様はサポート サービスを通じた情報の送信に同意されたものとします。
  2. リモート ベースまたはデータ接続のサービスの不正利用。お客様は、Microsoft、その関連会社、もしくはその他のサービス プロバイダーまたはコンピューター ネットワークもしくはシステムに損害を及ぼす可能性のある方法、または、第三者によるサポート サービスの利用を妨げる可能性のある方法で、サポート サービスを利用することはできません。また、サービス、データ、アカウント、またはネットワークへの不正アクセスを試みるためにサポート サービスを利用することは禁じられています。
  3. 協力およびサポート性。Microsoft がサポート サービスを提供できるかどうかは、お客様から全面的かつ適時に協力が得られるか、およびお客様から提供される情報が正確かつ完全であるかに左右されます。お客様は、Microsoft が提供可能なサポート サービスを利用する前に、Microsoft ライフサイクル ポリシーに記載されるサポート性に関する最低要件を満たす、適格デバイスおよび有効なライセンスを取得した Microsoft ソフトウェアを有していなければなりません。Microsoft は、お客様のデバイス、システム要件、もしくは構成に問題がある場合、または当社の支配が及ばない理由でサポート サービスの提供が不可能または実質的に困難になった場合に、サポート サービスを解約したり、料金を払い戻したりする権利を留保します。
  4. サブスクリプション。サポート サービスは、お客様の地域のサブスクリプション プログラムを通じて利用できる場合があります。お客様がサポート サービスのサブスクリプション プログラムに登録する場合、サブスクリプションは、お客様のデバイス上の Microsoft ソフトウェアのサブスクリプションに関連付けられているお客様の Microsoft アカウントを使用する場合のみ有効です。サポート サービスのサブスクリプションに登録して使用する際に、お客様の Microsoft アカウント ID (MSA) を検証するよう求められます。お客様のサブスクリプションは共有または販売できません。お客様のサブスクリプションを使用して発生するあらゆる活動については、お客様が責任を負うものとします。
  5. PPI サービス。サポート サービスは、インシデントごとの支払いサービス (PPI サービス) として、各デバイスに対するサポート サービス 1 回につき固定費で利用可能です。
  6. データのバックアップ。お客様は、データが意図せず喪失、破損、または漏洩するおそれがあることを理解し、またサポート サービスを受ける前に、すべてのディスクおよびドライブ、またはその他の関連するデバイスを含め、お客様のデバイスに保存されているすべてのデータ、ソフトウェア、またはその他のファイル (以下総称して「お客様のデータ」といいます) をバックアップに全責任を負うことに同意するものとします。さらに、お客様は、Microsoft が、サポート サービスを実施するために、お客様のデバイスに保存されている秘密情報、専有情報、個人情報を含むお客様のデータの、第三者のサービス プロバイダーへの転送が必要となる場合があることを理解し、これに同意するものとします。すべての転送は、当社のプライバシーに関する声明に従って実施されます。Microsoft は、適用される法令により認められる最大限の範囲において、お客様のデータの開示、喪失、または破損に一切責任を負いません。
  7. リモート アクセス。サポート サービスを提供するため、Microsoft は、お客様のデバイスへのリモート接続を必要とすることがあります。これにより、お客様のデバイスへのアクセスおよび制御、お客様のデバイス画面の表示、ならびにお客様のデバイスへのソフトウェアのインストールおよび設定の変更を行うことが可能になります。当社は、お客様に Microsoft または第三者のソフトウェアをダウンロードしてリモート接続を確立するよう求めます。ダウンロード料金が請求される場合の当該料金のほか、データ接続プロバイダー (インターネット、Wi-Fi、または無線通信事業者によるものなど) から請求される料金は、お客様の負担となります。これらの料金はお客様がサポート サービスについて当社に支払う料金とは別に必要であり、当社がかかる料金をお客様に払い戻すことはありません。お客様のデバイスで診断ツールを実行し、当社がアップグレードなどの特定のサポート サービスを実施するための最低システム要件をお客様のデバイスが満たしているかどうかを確認することもあります。当社がかかるサポート サービスをお客様に提供するために、お客様はこの手順に同意しなければなりません。お客様のデバイスにリモート アクセス接続を確立できない場合、または上記の手順のいずれかを完了できない場合、当社は、サポート サービスを提供できない可能性があります。
  8. ソフトウェアのインストール/エンド ユーザー ライセンス契約/権限。サポート サービスにソフトウェアのインストールが含まれている場合、ソフトウェアを Microsoft が提供するか、第三者のソフトウェア プロバイダーが提供するかにかかわらず、インストールの前に、お客様が当該ソフトウェアおよび利用可能なソフトウェア プロダクト キーを用意していなければなりません。お客様は、Microsoft にお客様に代わってインストールまたは転送する情報、ソフトウェア、またはアプリケーションを提供することにより、Microsoft が当該対応を行うことを許可する権利を有することを表明するものとします。お客様は、Microsoft が、当該ソフトウェアをインストールする際に、お客様に代わってエンド ユーザー ライセンス契約 (以下「EULA」といいます) への同意が必要になる場合があることを理解し、これを認めるものとします。また、EULA のすべての条項に従うことに同意するものとします。お客様は、サポート サービスに関連して、第三者のソフトウェア プロバイダーのソフトウェアをインストールするよう要求する場合、対応する EULA を確認する機会が与えられます。かかる機会の放棄は、お客様単独の責任において行われるものとします。また、お客様は、Microsoft が第三者の EULA の条項を管理しておらず、お客様に代わって当該 EULA に同意する前に内容を確認しないことを理解し、これに同意するものとします。
  9. サポート サービスのサブスクリプションの解約。お客様は、https://account.microsoft.com から Microsoft サポート エージェントまたは当社に連絡することで、サポート サービスのサブスクリプションを解約することができます。お客様のサブスクリプションが有効期間の終了間近である場合、次の期間に対する課金を避けるため、お客様は課金日の 3 日前までにサブスクリプションを解約しなければなりません。課金日は、お客様が最初に登録した日の応当日です。お客様の課金日および初回登録日については、https://account.microsoft.com を参照してください。 Microsoft は、お客様が適時に支払いを行わない場合、お客様が本サービス規約に違反した場合、または第三者によって、または第三者のデバイス サポートのためにサブスクリプションが使用されたと当社が判断した場合、独自の裁量により、通知なくサポート サービスのお客様のサブスクリプションを終了する権利を留保します。また、当社は、お客様にサポート サービスを受ける資格がないと判断した場合、サポート サービスまたはお客様のサブスクリプションを終了することができます。

支払い、課金、払い戻し

  1. 支払いおよびアカウント情報。お客様は、サポート サービスのサブスクリプションを購入するため、支払い方法および必要な情報 (クレジット カード、デビット カード、または小切手保証カードの番号など) を提供しなければなりません。当社は、お客様のクレジット/デビット カードの支払いを処理したことに起因する、お客様のカード発行者または銀行からのいかなる追加料金の請求にも責任を負いません。お客様は、サポート サービスのサブスクリプションを購入した場合、解約するまで、月額 (お客様の地域で利用可能な場合) または年額でお客様のクレジット/デビット カードに課金されます。

    お客様のアカウントは、https://account.microsoft.com からオンラインで管理できます。お客様は、ご利用の発行銀行または支払いネットワークから提供される最新のカードおよびアカウント情報を使用することを Microsoft に許可することに同意するものとします。また、お客様の課金アカウントおよび連絡先情報を最新の状態に維持することに同意するものとします。お客様が課金アカウントを変更しても、当社がその変更に合理的に対応できる前に課金アカウントに行った課金には反映されません。

  2. 課金情報。お客様は、Microsoft に支払い情報を提供することにより、(i) その支払い方法をお客様が使用することが許可されていることを表明し、(ii) すべての支払い情報が正確であることを表明して、(iii) 指定した支払い方法を使用してサポート サービスについてお客様に課金することを Microsoft に許可するものとします。当社は、サポート サービスのサブスクリプションについて (a) 事前、(b) 購入時、(c) 購入後間もなく、または (d) 更新時にお客様に課金する場合があります。また、以前の複数の課金期間に対する未処理の料金を同時にお客様に課金することがあります。
  3. 継続課金。お客様の地域で継続課金が利用可能である場合、お客様のサポート サービスのサブスクリプションに継続課金が適用されます。現在、サポート サービスのサブスクリプションに登録している場合、お客様の地域で継続課金を利用できるようになった時点でお客様のサブスクリプションがアップグレードされ、当該機能が含まれるようになります。お客様は、https://account.microsoft.com にアクセスすることで、いつでも継続課金を無効にできます。 お客様のサポート サービスのサブスクリプションが年次継続課金される場合、当社は毎年、お客様の課金日の前に、電子メールでその旨を通知します。当社は、サブスクリプションが次の期間に向けて課金されることをお客様に通知している場合、新しいサブスクリプション期間についてその時点の価格を課金することができます。また、当社は、課金日に指定されたか、後で指定されたかにかかわらず、サブスクリプションにお客様が選択した支払い方法で課金することをお客様にお知らせします。
  4. 支払い履歴および誤り。当社は、支払いおよび課金 Web サイト (https://account.microsoft.com) においてオンラインでお客様の支払い履歴を提供します。自分の支払い履歴を確認し、誤りがある場合はその旨を当社に通知することについては、お客様が責任を負うものとします。お客様は、いかなる誤りについても最初に課金明細に記載されてから 120 日以内に当社に連絡しなければなりません。当社は、連絡を受けた後、当該課金について速やかに調査します。この期間内にお客様が通知されなかった場合、当社はその誤りによって生じる損失に対する一切の責任が免除され、賠償請求の対象とならないものとします。その場合、当社は誤りを訂正する、または払い戻しを行う義務がなくなります。Microsoft が課金の誤りを特定した場合、その誤りを 90 日以内に訂正します。
  5. 払い戻し。お客様は、当社がお客様のサポート問題を解決できない場合、最初のサブスクリプション購入後 30 日以内にサポート サービスのサブスクリプションを解約し、払い戻しを要求することができます。お客様または Microsoft が最初の 30 日の期間以降にお客様のサポート サービスのサブスクリプションを解約した場合、当社は、お客様が支払った金額を払い戻しません。お客様は、(サブスクリプションではなく) 1 回限りのサポート サービスの支払い後に、当社がお客様のサポート問題を解決できない場合、購入後 30 日以内であれば払い戻しを要求できます。

第三者のサイトへのリンク

サポート サービスを受ける中で第三者の Web サイトへのリンクが提示された場合 (当該リンクが Microsoft から提供されたか、サポート サービスを受ける Web サイトに埋め込まれているか、その他の状況であるかを問いません)、お客様は、当該リンクが参照を容易にすることおよび便宜を図ることのみを目的として提供されること、およびリンク先のサイトは Microsoft の管理下になく、Microsoft がリンクまたはリンク先サイトのコンテンツ、またはリンク先サイトの変更または更新に一切責任を負わないことを認めるものとします。リンク先サイトの提供は Microsoft がかかるリンク先サイトに含まれるマテリアルを推奨するものではなく、またはサイト運営者と関連があることを意味するものではありません。Microsoft は、いかなるリンク先サイトから受信する Web キャスティングまたはその他のいかなる形式の送信についても責任を負いません。

通知

お客様がサポート サービスに登録し、電子メール アドレスを提供した場合、お客様は、Microsoft がサポート サービスに関する通知または法律により当社が提供することが求められている情報を、当該アドレスを介して、お客様に提供することに同意するものとします。電子メールでお客様に送付された通知については、電子メールの送信日に通知が行われ、受領されたものと見なされます。

免責、救済手段の制限

  1. 免責。法令により認められる最大限の範囲において、サポート サービスは現状有姿で提供されます。Microsoft は、当社が提供するサポート サービス、ソフトウェア、またはその他のマテリアルもしくは情報に関して、権原、侵害の不存在、満足できる条件または品質、商品性および特定の目的に対する適合性の表明、保証、または条件を含みますがこれらに限定されないあらゆる表明、保証、および条件について、明示、黙示、または法律上のものであるとを問わず、一切責任を負いません。サポート サービスの品質および性能に関するすべての危険は、お客様が負担するものとします。
  2. 救済手段の制限。本サービス規約における除外および制限にもかかわらず、法令により黙示の保証が認められている場合、サポート サポートについてお客様に与えられる救済手段は、当社が決定する以下のいずれかの救済手段に限定されます。
    • サポート サービスの実施、または
    • お客様がサポート サービスに支払った対価がある場合はその払い戻し

    救済手段がその実質的目的を達成できない場合でも、以上が、保証または条件の違反に対する、お客様への唯一の救済手段となります。法令に別途規定されている場合を除き、当社がこれらの限定的救済手段を提供する順序を決定します。本サービス規約では変更できない法令による追加の消費者の権利が存在する場合があります。

責任の制限

法令により認められる最大限の範囲において、以下のとおり対応します。

  • お客様は、損害賠償を受ける正当な根拠がある場合、Microsoft およびそのベンダーから、サポート サービスに対してお客様が支払った金額 (またはサポート サービスが無償であった場合は 5.00 米ドル) を上限に直接損害に対する補償を受けることができます。
  • いずれの当事者も他方当事者に対して、本サービス規約に関する事項、サポート サービス、または Microsoft が提供するその他のマテリアルもしくは情報に関する結果的損害、特別損害、直接損害、間接損害、または付随的損害 (逸失利益、お客様のデータの喪失、事業の中断を含みますがこれらに限定されません) について、Microsoft がかかる損害の可能性について知らされていたか、予測可能であった場合であっても、一切責任を負いません。

この責任の制限は、一方当事者が秘密保持義務に違反した場合、他方当事者の知的財産権を侵害した場合、または、一方当事者による詐欺、重過失、もしくは故意の不正行為、または一方当事者の過失によって引き起こされた人の死亡もしくは傷害の場合における、他方当事者に対する責任には適用されません。一部の地域では付随的および結果的損害の除外または責任の制限が認められていないため、上記の制限または除外がお客様に適用されない場合があります。

法令により認められる最大限の範囲において、お客様によるサポート サービスの利用およびかかる利用に起因する損害についてはお客様が責任を負います。

契約当事者、準拠法、および紛争解決地

  • お客様が米国に所在している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, USA) と本サービス規約を締結していることになります。抵触法にかかわらず、本サービス規約の解釈、契約違反への主張、およびその他すべての主張 (消費者保護、不正競争、不法行為に対する主張を含みます) は、お客様が所在する州の法律に準拠するものとします。お客様および当社は、本サービス規約もしくはサポート サービスから発生したいかなる紛争または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するいかなる紛争についても、ワシントン州キング郡の州裁判所および連邦裁判所の専属管轄権に取り消し不能で同意します。
  • お客様がカナダに所在している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, USA) と本サービス規約を締結していることになります。抵触法にかかわらず、本サービス規約の解釈、契約違反への主張、およびその他すべての主張 (消費者保護、不正競争、不法行為に対する主張を含みます) は、お客様が所在する州の法律に準拠するものとします。お客様および当社は、本サービス規約もしくはサポート サービスから発生したいかなる紛争または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するいかなる紛争についても、オンタリオ州の裁判所の専属管轄権に取り消し不能で同意します。
  • お客様が米国またはカナダ以外の北米または南米に所在している場合、Microsoft Corporation (One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, USA) と本サービス規約を締結していることになります。抵触法にかかわらず、本サービス規約の解釈および契約違反への主張は、米国ワシントン州法に準拠するものとします。消費者保護法、公正取引法、および違法行為を含みますがこれに限定されない他の主張については、お客様が所在する国の法律に準拠します。
  • お客様がヨーロッパ、中東、またはアフリカに所在している場合、Microsoft Ireland Operations Limited (The Atrium Building, Block B, Carmanhall Road, Sandyford Industrial Estate, Dublin 18, Ireland) (アイルランドの Companies Registration Office に番号 256796VAT 登録番号 IE 8256796 U、登記住所 70 Sir John Rogerson's Quay, Dublin 2, Ireland で登記されています) と本サービス規約を締結していることになります。抵触法にかかわらず、本サービス規約の解釈および契約違反への主張は、アイルランド国法に準拠するものとします。消費者保護法、公正取引法、および違法行為を含みますがこれに限定されない他の主張については、お客様が所在する国の法律に準拠します。お客様および当社は、本サービス規約もしくはサポート サービスから発生したいかなる紛争または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するいかなる紛争についても、アイルランドの裁判所の専属管轄権に取り消し不能で同意します。
  • お客様がアジアまたは南太平洋地域 (以下に記載されている国を除きます) に所在している場合、Microsoft Regional Sales Corp. (438B Alexandra Road, #04-09/12, Block B, Alexandra Technopark, Singapore, 119968) と本サービス規約を締結していることになります。抵触法にかかわらず、本サービス規約は米国ワシントン州法に準拠するものとします。本サービス規約、サポート サービス、もしくはソフトウェアから発生したいかなる紛争または本サービス規約、サポート サービス、もしくはソフトウェアに関連するいかなる紛争についても、シンガポール国際仲裁センター (以下「SIAC」といいます) の仲裁規則に従って、シンガポールにおける仲裁に付託し、最終的に解決するものとします。当該規則については、参照により本条に組み込まれます。裁決機関は、SIAC の会長が指名する仲裁人 1 名によって構成されるものとします。仲裁に用いる言語は英語とします。仲裁人の決定は最終的なもので、拘束力を有し、異議の申し立てはできません。かかる決定は、いずれの国または地域においても、判断の基準として用いることができます。
  • お客様が中華人民共和国に所在している場合、Microsoft (China) Company Limited (No. 5 Danling Street, Haidian District, Beijing 100080) と本サービス規約を締結していることになります。抵触法にかかわらず、本サービス規約は中華人民共和国法に準拠するものとします。お客様は、本サービス規約から発生したいかなる紛争または本サービス規約に関連するいかなる紛争についても、中国国際経済貿易仲裁委員会 (以下「CIETAC」といいます) の仲裁規則に従って、北京において CIETAC の仲裁を提起することができます。
  • お客様が日本に所在している場合、日本マイクロソフト株式会社 (108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー) と本サービス規約を締結していることになります。本サービス規約、および本サービス規約もしくはサポート サービスから生じたあらゆる事項または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するあらゆる事項は、日本国法に準拠するものとします。お客様および当社は、本サービス規約もしくはサポート サービスから発生したいかなる紛争または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するいかなる紛争についても、東京地方裁判所の第一審専属管轄権に取り消し不能で同意します。
  • お客様が大韓民国に所在している場合、Microsoft Korea, Inc. (12th FL. Tower A, The K-Twin Towers, 50, Jongno 1 gil, Jongno-Gu, Seoul 110-150, Korea) と本サービス規約を締結していることになります。本サービス規約は大韓民国法に準拠するものとします。お客様および当社は、本サービス規約もしくはサポート サービスから発生したいかなる紛争または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するいかなる紛争についても、ソウル地方裁判所の第一審専属管轄権に取り消し不能で同意します。
  • お客様が台湾に所在している場合、Microsoft Taiwan Corp. (8F, No 7 Sungren Road, Shinyi Chiu, Taipei, Taiwan 110) と本サービス規約を締結していることになります。本サービス規約の解釈は台湾法に準拠するものとします。お客様と当社は、本サービス規約もしくはサポート サービスから発生したいかなる紛争または本サービス規約もしくはサポート サービスに関連するいかなる紛争についても、管轄権を有する第一審裁判所として台北地方裁判所を取り消し不能で指定します。