2017 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 9

適用対象: SQL Server 2017 on Windows (all editions)SQL Server 2017 on Linux (all editions)

9 (CU9) の累積的な更新プログラム パッケージについて説明 2017 の SQL Server にします。この更新プログラムが修正2017 の SQL Server の最初のリリース以降後にリリースされたことが含まれていて、SQL Server を更新し、分析サービス コンポーネントを次のビルドにします。

コンポーネント ビルド バージョン ファイル バージョン
SQL Server 14.0.3030.27 2017.140.3030.27
Analysis Services 14.0.223.1 2017.140.223.1

次の状況に関する重要な情報も掲載しています。

  • 最新バージョンを使用しているディストリビューションでの動作の変更ペース
  • 必要なスクリプトを使用するストアをクエリする場合は、過去に SQL Server 2017 累積的な更新プログラム 2 (CU2) をインストールしています。
  • 2017 の SQL Server を開始して、Analysis Services のビルド バージョン番号および SQL Server データベース エンジンのビルド バージョン番号が一致しません。詳細については、確認分析サービスの累積的なビルドのバージョンを更新するを参照してください。

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手できます。

ダウンロード センターで入手できるのは、SQL Server 2017 用にリリースされた最新の CU だけです。

Https://packages.microsoft.com/に Linux 用の CU のパッケージを利用できます。

注意事項

  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン用として前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。
  • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。
  • マイクロソフトは、これらのガイドラインに従って利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。
 

Windows にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

注: SQL Server 2017、このとすべての将来の累積的な更新プログラムをリリースした後以前の CUs を配置し、 Microsoft Update カタログからダウンロードできます。ただし、常に、最新累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

Linux 用にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


最新の CU には、Linux を更新するには、構成されている累積的な更新のリポジトリの最初が必要です。次に、適切なプラットフォームに固有の更新プログラムのコマンドを使用して、SQL Server パッケージを更新します。

インストール手順については、CU のパッケージのダウンロードへの直接リンクは、リリース ノートを参照してください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム


VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明 修正領域 プラットフォーム
12144190 4340069 修正: Linux 上の SQL Server 2017 シャット ダウンが予期せずに OLTP データベースのリカバリ時に メモリ内 OLTP Linux
12041154 4340134 SSAS でドリル スルー クエリを実行するのには制限付きの列に定義されているロールを使用すると、FIX エラーが発生します。 Analysis Services Windows
12128861 4340747 修正: SQLDUMPER。EXE が開始されたダンプは Linux で 2017 を SQL Server のダンプ生成のプロセスを完了に長い時間かかる場合があります。 SQL エンジン Linux
12168709 4010460 修正: SSIS のあいまい参照変換の参照テーブルを更新すると、.NET Framework エラーが発生しました。 Integration Services Windows
12138685 4339613 FIX「Unclosed 引用符文字の文字列に」エラーが発生した MDS エクスプ ローラーで SQL Server 内のエンティティに新しいメンバーを追加しようとするとき Data Quality Services (DQS) Windows
12107546 4338890 FIX は、SQL Server のインスタンスが応答を停止表示される可能性がありますし、2016 の SQL Server で「非明け渡さスケジューラ」エラーがあります。 SQL エンジン Windows
11922902 4316858 修正:「インデックスが壊れています"メッセージとサーバーが切断されたとき更新の統計情報のクエリ SQL Server にハッシュ集計を使用する場合 SQL パフォーマンス すべて
12149855 4341219 FIX スプリット ブレイン シナリオが発生するフェイル オーバー後 2017 の SQL Server の外部のクラスター テクノロジで AlwaysOn 可用性グループを使用する場合 高可用性 すべて
12111717 4340837 3906 のスナップショット プル サブスクリプション データベースのデータベースを持つ SQL Server の修正プログラムを適用した場合の修正: エラー SQL エンジン Windows
11983925 4133164 SQL Server エージェント ジョブは、データベースのアクセス許可を列挙するための PowerShell コマンドを実行するとエラーを修正します。 管理ツール Windows
12121216 4339664 SSAS 2017 では、Excel のピボット テーブルのデータを更新しようとするときに修正: 例外エラーの発生します。 Analysis Services Windows
12123248 4340742 修正: SQL Server で HTTP を使用して、SSAS へのアクセスが失敗した場合します。 Analysis Services Windows
12162067 4341264 改善: Linux で 2017 を SQL Server の回復を取得するすべてのデータベースを起動する SQL Server エージェント ジョブを許可します。 SQL エンジン Linux
12186129 4101502 SQL Server での修正: 圧縮を使用して TDE を有効になっているデータベースのバックアップとデータベースの破損 SQL エンジン すべて
12129434 4134601 修正:"ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした ' Microsoft.AnalysisServices.AdomdClientUI"完全"プロセス"の操作が SQL Server の実行時のエラー Analysis Services Windows
12162425 4341221 FIX SQL Server 2016、2017 で基本の可用性グループのセカンダリ レプリカの VSS バックアップを実行します。 SQL エンジン Windows
12108225 4339858 FIX 並列再実行動作しない SQL Server のインスタンスでのトレース フラグ 3459 を無効にした後 高可用性 すべて
12061383 4341253 FIX Dmv の sys.dm_db_log_stats と sys.dm_db_log_info が返される 2016 の SQL Server インスタンスの最後のデータベースに不正な値 SQL エンジン Windows

この更新プログラムについての注記


ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に更新プログラムを展開するときは、更新プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2017 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

ペースの通知


大事な

動作の変更を導入する、最新利用可能なペースのパッケージの 1.1.18-11.el7を使用するすべてのディストリビューション (RHEL 7.3 と 7.4 を含む)、開始-エラーは、致命的でクラスターの設定の値がfalseの場合。この変更は、フェイル オーバーのワークフローに影響します。プライマリ レプリカで障害が発生した場合、利用可能なセカンダリ レプリカの 1 つへのフェイル オーバー クラスターが必要です。代わりに、ユーザーでは、クラスターは障害が発生したプライマリ レプリカを開始しようとすることがわかります。そのプライマリことはありませんがオンラインになった (永続的な停電などの場合) のため、クラスターしないフェールオーバー別の使用可能なセカンダリ レプリカにします。

この問題には、累積的な更新プログラムのバージョンに関係なく、すべての SQL Server のバージョンに影響します。

問題を軽減するには、次の方法のいずれかの方法を使用します。

方法 1

次の手順を実行します。

  1. 削除の開始-エラーは、致命的で既存のクラスターから上書きします。
       # RHEL, Ubuntu         pcs property unset start-failure-is-fatal         # or         pcs property set start-failure-is-fatal=true   # SLES         crm configure property start-failure-is-fatal=true
  2. クラスターの再チェックの間隔の値を小さきます。
       # RHEL, Ubuntu         pcs property set cluster-recheck-interval=<Xmin>   # SLES         crm configure property cluster-recheck-interval=<Xmin>
  3. AG リソースごとに、エラー: タイムアウトのメタ プロパティを追加します。
       # RHEL, Ubuntu         pcs resource update ag1 meta failure-timeout=60s   # SLES         crm configure edit ag1      # In the text editor, add `meta failure-timeout=60s` after any `param`s and before any `op`s
     

    注: このコードでは、必要に応じて < Xmin > の値を置き換えてください。レプリカで障害が発生した場合、クラスターは障害-タイムアウト値およびクラスターの再チェックの間隔の値がバインドされている間隔で、レプリカを再起動しようとします。たとえば、障害-タイムアウトは 60 秒に設定して、クラスターの再チェックの間隔は 120 秒に設定されて、60 秒、120 秒より小さいより大きい間隔で再起動が試行されます。60 60 秒より大きい値には、クラスターの再チェックの間隔には、障害-タイムアウトを設定することをお勧めします。クラスターの再チェックの間隔を小さい値に設定することは推奨されません。詳細については、ペースのマニュアルを参照してくださいか、システム ・ プロバイダーを参照してください。

方法 2

バージョン 1.1.16 のペースに戻ります。

ストアのクエリ通知


大事な

ストアのクエリ機能を使用して、以前インストールしている場合累積的な更新プログラム 2 (CU2) (14.0.3008.27)、次の要件に適用します。

インストールした後累積的な更新プログラム 3 (CU3) (14.0.3015.40)以降の CU、CU2 をインストールした後、ストアのクエリによって収集されたすべてのプランを削除するのには次のスクリプトすぐに実行する必要がありますか。

SET NOCOUNT ON;DROP TABLE IF EXISTS #tmpUserDBs;SELECT [database_id], 0 AS [IsDone]INTO #tmpUserDBsFROM master.sys.databasesWHERE [database_id] > 4 AND [state] = 0 -- must be ONLINE AND is_read_only = 0 -- cannot be READ_ONLY AND [database_id] NOT IN (SELECT dr.database_id FROM sys.dm_hadr_database_replica_states dr -- Except all local Always On secondary replicas  INNER JOIN sys.dm_hadr_availability_replica_states rs ON dr.group_id = rs.group_id  INNER JOIN sys.databases d ON dr.database_id = d.database_id  WHERE rs.role = 2 -- Is Secondary   AND dr.is_local = 1   AND rs.is_local = 1)DECLARE @userDB sysname;WHILE (SELECT COUNT([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0) > 0BEGIN SELECT TOP 1 @userDB = DB_NAME([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0 -- PRINT 'Working on database ' + @userDB EXEC ('USE [' + @userDB + '];DECLARE @clearPlan bigint, @clearQry bigint;IF EXISTS (SELECT [actual_state] FROM sys.database_query_store_options WHERE [actual_state] IN (1,2))BEGIN IF EXISTS (SELECT plan_id FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27'') BEGIN  DROP TABLE IF EXISTS #tmpclearPlans;  SELECT plan_id, query_id, 0 AS [IsDone]  INTO #tmpclearPlans  FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27''  WHILE (SELECT COUNT(plan_id) FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0) > 0  BEGIN   SELECT TOP 1 @clearPlan = plan_id, @clearQry = query_id FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0   EXECUTE sys.sp_query_store_unforce_plan @clearQry, @clearPlan;   EXECUTE sys.sp_query_store_remove_plan @clearPlan;   UPDATE #tmpclearPlans   SET [IsDone] = 1   WHERE plan_id = @clearPlan AND query_id = @clearQry  END;  PRINT ''- Cleared possibly affected plans in database [' + @userDB + ']'' END ELSE BEGIN  PRINT ''- No affected plans in database [' + @userDB + ']'' ENDENDELSEBEGIN PRINT ''- Query Store not enabled in database [' + @userDB + ']''END')  UPDATE #tmpUserDBs  SET [IsDone] = 1  WHERE [database_id] = DB_ID(@userDB)END