2018 年 10 月 10 日 — KB4462915 (セキュリティのみの更新プログラム)

適用対象: Windows 7 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ユニキャスト NLB を実行しているすべてのゲスト仮想マシンが、仮想マシンの再起動後に NLB 要求に応答しなくなる問題を修正します。
  • Windows Media Player、Windows グラフィックス、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows 記憶域およびファイル システム、Windows カーネルおよび Microsoft Jet データベース エンジン用のセキュリティ更新プログラム。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

Windows の累積的な更新プログラムでは、最新のロールアップをインストールする前に、お使いのオペレーティング システムの最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールする必要があります。   こうすることで、ロールアップのインストール時に発生する可能性がある問題を軽減できます。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB3177467) が自動的に提供されます。最新の SSUの スタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください     

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、WSUS を介してインストールできるようになりました。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4462915 のファイル情報をダウンロードしてください。