2018 年 11 月 14 日 — KB4467678 (セキュリティのみの更新プログラム)

適用対象: Windows Server 2012Windows Embedded 8 Standard

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ファミリ 15h および 16h AMD プロセッサを搭載した一部のシステムで、CPU 使用率が高くなり、パフォーマンスが低下する問題を修正します。 この問題は、スペクター バリアント 2 (CVE-2017-5715 – ブランチ ターゲット インジェクション) を解決するマイクロソフトからリリースされた 2018 年 7 月の Windows 更新プログラムと AMD マイクロコードの更新プログラムをインストールした後に発生します。
  • Windows App Platform、Frameworks、Windows Graphics、Windows ワイヤレス ネットワーク、Windows カーネル、Windows Server のセキュリティ更新プログラム。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
この更新プログラムをインストールした後に、Windows Media Player で特定のファイルを再生するときにユーザーがシーク バーを使用できなくなることがあります。この問題は通常の再生には影響がありません。  マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、2018 年 12 月半ばに解決策を提供できる見込みです。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、WSUS を介してインストールできるようになりました。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4467678 のファイル情報をダウンロードしてください。