Azure のサイトの回復用の更新プログラムのロールアップ 31

適用対象: Site Recovery

はじめに


この資料では、Microsoft Azure のサイトの回復の次のバージョンの更新プログラムのロールアップの 31 で修正される問題について説明します。

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (バージョン 5.1.3700.0)

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン: 9.20.5051.1)

  • Microsoft Azure 回復サービス エージェント (バージョン2.0.9144.0)

については、修正される問題の詳細前提条件この更新プログラムをインストールする前にことを確認する必要があります

概要


Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 31 は、Microsoft Azure のサイト回復サービス プロバイダーがインストールされたすべてのシステムに適用されます。これらを以下に示します。

  • Microsoft Azure サイト回復プロバイダーには、System Center Virtual Machine Manager (3.3 。xです。x)

  • Microsoft Azure サイト回復の HYPER-V のプロバイダー (4.6 。xです。x)

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1.3300.0) およびそれ以降のバージョン

Microsoft Azure サイト復旧サービス統合のセットアップのバージョン 9.16.4860.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされているすべてのシステムに Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ (Azure に VMware) が適用されるは、プログラムのロールアップの 31 を更新します。

この更新プログラムで修正される問題


この更新プログラムを適用すると後、は、以下の問題を修正すると、し、次の改良が行われました。

Microsoft Azure サイトのリカバリのセットアップと構成サーバー用のテンプレートの統合

修正される問題

  • Polly.dll VMware SDK の依存関係は、統合セットアップに追加されます。

モビリティ サービス

機能追加

VMware の仮想マシンおよび物理サーバーを Azure のディザスタ ・ リカバリ

  • Linux OS では、機能強化をサポートします。
    • 6.8、6.9、および 7.0 から 7.5 に、Oracle の Linux をサポートします。
    • UEK5 カーネルのサポート
  • LVM と LVM2 ボリュームの両方がサポートされます。
  • LVM ボリュームとディスクのパーティションに/boot ディレクトリがサポートされています。
  • VMware の仮想マシンと物理コンピューターの ASR サポート次のディレクトリ別々 のパーティションまたは同じシステム ディスクに含まれていないファイル ・ システムとしてセットアップされている場合。
    • /(ルート)、他、/usr、/usr/local、/var、/etc
  • Windows Server 2008 システムでは、ダイナミック ディスクはサポートされています。
  • Storvscvmbusがいない、ブート ドライバー VMware 仮想マシンのフェイル オーバー時間の向上。
  • 物理コンピューターは、レプリケーションと UEFI ブート タイプのマシンのフェイル オーバーが移行のシナリオでサポートされます。VMware の仮想マシンでは、フェイル バックはサポートされていません、UEFI を使用している物理コンピューターの種類を起動することに注意してください。

修正される問題

  • いくつかの VSS ライターの問題リストされていない Azure のサイトの回復の障害として、問題が発見されました。ライターの Microsoft SQL Server や Exchange Server などのアプリケーションが実行されている Vm に対して確認されました。Azure サイトの回復をより正確にするための「アプリケーションの一貫性のあるリカバリ ポイント」の生成中にエラーを報告するため、修正プログラムが適用されました。 ユーザーには、アプリケーションの整合性エラーが発生する問題を修正するのには、エラー メッセージに基づき、是正措置をもする必要があります。詳細については、次の Knowledge Base の資料を参照してください。 4493364の修正: 2016 の SQL Server のバックアップと 2017 ベースのコンポーネントではないし、仮想マシンをバックアップするときにエラーが発生します。 4504104 AUTO_CLOSE Db を使用して SQL Server のインスタンスをホストするサーバーで、Azure のサイトの回復ジョブなどのないコンポーネントの VSS バックアップが失敗します。 4504103 ASR エージェントまたはその他のコンポーネントではない VSS バックアップが失敗した SQL Server 2008 R2 をホストするサーバーの

Microsoft Azure のサイトの回復 (サービス)

機能追加

Azure の仮想マシンの災害復旧

  • Azure のサイトの回復は、Azure の別の領域に、Azure の領域で、可用性のゾーンに展開される仮想マシンを複製できるようになりました。
  • サイトの回復を今すぐに azure をサポートしていますファイアウォールが有効なストレージのアカウント. 災害復旧シナリオの別の Azure 地域へのアカウントののファイアウォールが有効な記憶域で管理されないディスクを持つ仮想マシンを複製することができます。管理されないディスクのストレージ アカウントをターゲットとして、対象地域でファイアウォールが有効なストレージのアカウントを選択することも。書き込みの仮想ネットワークは、ソース Azure 仮想マシンのみを許可することにより、キャッシュのストレージ アカウントにアクセスを制限できます。ファイアウォールが有効なストレージのアカウントを使用している場合を確認するを有効にする、 信頼できる Microsoft のサービスを許可するの例外です
  • Linux OS のサポートの強化
    • 6.8 と 6.9 に、Oracle の Linux をサポートします。
    • Oracle の Linux 7.0 から 7.5 へのサポート
    • UEK5 カーネルのサポート
    • BTRFS ファイルシステムのサポート

修正される問題

  • いくつかの仮想マシンの復旧計画のフェイル オーバーが失敗した特定の状況を修正します。この問題は、VM のシャット ダウン処理に時間がかかりすぎる場合に発生することができます。

Microsoft Azure のサイトの回復 (ポータル)

機能追加

  • 有効化するレプリケーションを別の領域にAzure の仮想マシンの可用性のゾーンに配置される改善します。
  • レプリケートされた「概要」および「サーバー」ページ パフォーマンスが向上します。

修正される問題

  • 複製されたアイテムのリスト ビューの読み込みしない特定の状況を修正します。
  • ジョブの通知の表示時にエラーが修正されます。
  • 「フェールオーバー」または"ユーザーが操作を開始できません。 のフェールオーバーをテスト中に回復ポイントの取得に影響を与える問題が修正されます。ユーザーは、最新の回復ポイントのオプションを使用してフェールオーバー操作を今すぐ開始できます。
  • エラーの詳細のフィールド表示されていないサーバーの構成] ページで、問題を修正します。ページは、すべてのフィールドを表示する全画面表示のページに変更されます。

Azure のサイトの回復を更新設置型のコンポーネント


更新プログラムの情報


これらの問題を解決するには、ダウンロードして、Microsoft ダウンロード センターから以下のファイルをインストールします。

マイクロソフトをダウンロードする方法の詳細についてはファイルのサポートは、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

必要条件

Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップの 31 をインストールするのには (バージョン 5.1 。xxxx.0 かインストールされている次のいずれかする必要があります。

  • Microsoft Azure HYPER-V 回復マネージャー (バージョン 3.4.486 またはそれ以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト復旧 HYPER-V のプロバイダー (バージョン 4.6.660 またはそれ以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー (バージョン 5.1.3300 またはそれ以降のバージョン)

Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ更新プログラムのロールアップ 31 をインストールするのには (バージョン 9.20 です。xxxx.0 か、次のインストールをする必要があります。

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン 9.16.0.0 またはそれ以降のバージョン)

注: コントロール パネルの [プログラムと機能] で、インストールされているプロバイダーのバージョンを見つけることができます。

再起動に関する情報

システム センターの Virtual Machine Manager または HYPER-V サーバーのコンピューターにこの更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

この更新プログラムを自動的に停止し、更新処理中にシステム センターの Virtual Machine Manager サービスを再起動します。

再起動は、サーバーの構成の必要があり、この更新プログラムを適用した後、サーバーを保護します。

参照情報


については、用語 Microsoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです