日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法

適用対象: Windows 10, version 1809Windows 10, version 1803Windows 8.1 詳細

概要


2019 年 5 月 1 日より、新元号が施行されます。 この変更に際し、Windows、Office、および .NET Framework に更新プログラムを適用する必要があります。

日本の新元号対応に向けて Windows と Office をどのように準備するのでしょうか?


Microsoft ソフトウェアの自動更新を有効にしている場合は、新元号に対応するための更新プロセスが自動的にインストールされますので、特別な操作を実行する必要はありません。

自動更新が有効ではない場合や、更新プログラムを手動でチェックしたい場合は、以下の操作を実行してください。 詳しい知識をお持ちの場合は、「日本の元号の変更について - KB4469068」にてさらなる詳細をご覧いただけます。 

Windows:

.NET Framework:

Office:

 

カレンダー設定を日本の新元号に変更する方法


Windows の最新の更新プログラムをインストールすると、日本の新元号のカレンダーが表示されるように日付と時刻の設定を設定できます。

1.コントロール パネルを開きます。

2.[カテゴリ] で並べ替えます。 [時計と地域] の [地域] 設定を開きます。

3.[地域] 設定ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

  • [形式] を [日本語 (日本)] に変更します。
  • [追加の設定…] ボタンをクリックして [形式のカスタマイズ] 設定を開きます。

日本の元号の追加設定のビュー 1

4.[形式のカスタマイズ] ダイアログ ボックスで次の手順を実行します。

  • [日付] タブをクリックします。
  • [カレンダーの種類] を [和暦] に変更します。
  • [OK] をクリックして設定を適用します。

日本の元号のカスタマイズ設定

日本の元号変更についてよく寄せられる質問


Q: 個人ユーザー向けの日本の元号対応更新プログラムはいつ準備されるのでしょうか?

A: 2019 年 4 月 1 日に新元号の名称が発表されました。マイクロソフトのエンジニアリングは、新元号の名称の発表後に、その新しい名称を追加するための作業を行い、更新プログラムをテストし、できるだけ早く更新プログラムのリリースを開始していきます。 また、お客様とパートナー様から報告を受けた問題に対処するために、できる限り速やかに作業を行っていきます。

 

Q: 個人ユーザーにどのように更新プログラムを配信するのでしょうか?

A: 更新プログラムは、現在更新プログラムを提供している方法と同じ方法で配信されます。ほとんどの場合、更新プログラムは Windows 上で Microsoft Update を使用して利用できます。Windows 以外のプラットフォームの場合は、対応ストアを使用して利用できます。 Microsoft Update の詳細については、次の Web ページをご覧ください。Windows Update: FAQ を参照してください。

 

Q: Microsoft オンライン サービスを使用している場合、個人ユーザーは何か操作を実行する必要があるのでしょうか?

A: 現在日本の暦を扱っているオンライン サービスは、新元号に対応するために段階的に更新されます。ユーザーが更新プログラムをインストールする必要はありません。

 

Q: Microsoft を使用している場合、個人ユーザーは何か操作を実行する必要があるのでしょうか?

A: 現在日本の暦を処理しているほとんどのデバイスとアプリは、更新プログラムが利用可能になった時点でそれらの更新プログラムを取得するだけで新元号に対応します。

 

Q: 更新プログラムが自分のコンピューターに適用されたかどうかをどのように確認すればいいのでしょうか?

A: Windows に日本の元号対応更新プログラムが適用されているかどうかをチェックするには: