Windows 10 でのデバイスの暗号化

適用対象: Windows 10

デバイスの暗号化とは


デバイスの暗号化は、データを保護するために役立ち、広範な Windows デバイスで利用できます。デバイスの暗号化を有効にすると、承認されたユーザーだけがデバイス上のデータにアクセスできます。お使いのデバイスでデバイスの暗号化を利用できない場合は、代わりに標準の BitLocker 暗号化を有効にできる場合があります。 

デバイスが対応しているかどうか


デバイスの暗号化は、任意の Windows 10 エディションを実行しているサポート対象デバイスで利用できます。代わりに標準の BitLocker 暗号化を利用する場合は、Windows 10 Pro、Enterprise、または Education を実行しているサポート対象デバイスで利用できます。一部のデバイスには両方の種類の暗号化があります。たとえば、Windows 10 Pro を実行する Surface Pro では、簡略化されたデバイスの暗号化エクスペリエンスと、完全な BitLocker 管理制御機能の両方を利用できます。使用している Windows のバージョンがわからない場合は、「使用中の Windows オペレーティング システムのバージョンを確認する」をご覧ください。

デバイスの暗号化を利用できるかどうかを確認するには

  1. タスク バーの検索ボックスに「システム情報」と入力し、結果の一覧の [システム情報] を右クリックして、[管理者として実行] を選択します。または、[スタート]  ボタンを選択し、[Windows 管理ツール][システム情報] を選択することもできます。
  2. [システム情報] ウィンドウの下部で、"デバイス暗号化のサポート" を見つけます。この値が "前提条件を満たしています" になっていれば、お使いのデバイスでデバイスの暗号化を利用できます。利用できない場合は、代わりに標準の BitLocker 暗号化を利用できる場合があります。

デバイスの暗号化を有効にするには

  1. 管理者アカウントで Windows にサインインします (サインアウトしてからサインインし直してアカウントを切り替える必要がある場合があります)。詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。
  2. [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [デバイスの暗号化] の順に選択します。[デバイスの暗号化] が表示されない場合は、利用できません。代わりに標準の BitLocker 暗号化を有効にできる場合があります。
  3. デバイスの暗号化がオフになっている場合は、[オンにする] を選択します。 

標準の BitLocker 暗号化を有効にするには

  1. 管理者アカウントで Windows デバイスにサインインします (サインアウトしてからサインインし直してアカウントを切り替える必要がある場合があります)。詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。
  2. タスク バーの検索ボックスに「BitLocker の管理」と入力し、結果の一覧から選択します。または、[スタート]  ボタンを選択し、[Windows システム] で、[コントロール パネル] を選択することもできます。[コントロール パネル] で、[システムとセキュリティ] を選択し、[BitLocker ドライブ暗号化][BitLocker の管理] の順に選択します。
  3. [BitLocker を有効にする] を選択し、画面に表示される指示に従って操作します (BitLocker が有効になっている場合に無効にするには、[BitLocker を無効にする] を選択します)。

その他のリソース


デバイスのロックを解除するために回復キーが必要な場合は、「BitLocker 回復キーを探す」をご覧ください。