Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の更新プログラム: 2019 年 8 月 16日

Windows 7 Service Pack 1Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

概要


Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 の SP1 のこのセキュリティ以外の更新プログラムからKB4512486までにリリースされた、2019 年 8 月 16 日)、これらのキーの変更の他の品質改善が含まれています。

  • 次が応答を停止することがあり、エラーが表示される問題を解決「無効なプロシージャ コール」。
    • Visual Basic 6 (VB6) を使用して作成されたアプリケーションです。
    • Visual Basic for Applications (VBA) を使用するマクロです。
    • スクリプトまたは Visual Basic Scripting Edition (VBScript) を使用するアプリケーションです。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
プリブート実行環境 (PXE) イメージを Windows 展開サービス (WDS) またはシステム センター構成マネージャー (SCCM) からの使用を開始するデバイスは、エラーのため、起動に失敗する可能性があります"の状態: 0xc0000001、情報: 必要なデバイスが接続されていない、またはすることはできませんWDS サーバーにこの更新プログラムをインストールした後"にアクセスします。

KB4512514でこの問題が解決されます。

IA64 デバイス (任意設定) し、7 月 9 日の更新や推奨される更新プログラム (KB3133977) をスキップした後に準備されている x64 EFI を使用してデバイスをブートは、次のエラーで起動に失敗する可能性があります。

"ファイル: \Windows\system32\winload.efi

状態: 0xc0000428

情報: Windows はこのファイルのデジタル署名を確認できません"。

解決するのにはこの問題手順に従ってくださいエラーコード 0xc0000428 sha-2 サポートのよく寄せられる質問の資料に記載します。

マイクロソフト、シマンテック社は、デバイスは、シマンテックまたは Norton ウイルス対策プログラムを実行しているし、SHA 2 の証明書のみを使用して署名は、Windows の更新プログラムをインストールするときに発生する問題を確認しています。Windows の更新プログラムはブロックされているか、Windows が動作を停止または開始に失敗する可能性がありますし、インストール時にウイルス対策プログラムによって削除されました。

セーフガードの保留が削除されました。シマンテック社は、この更新プログラムと Windows 7 と Windows 2008 R2 の将来の更新の影響の評価を完了しました。シマンテックは、シマンテック社のエンドポイントの保護と Norton のアンチ ウイルス プログラムのすべてのフィールドのバージョンの場合は false 検出のリスクの増大がないと判断しました。追加情報についてはシマンテック社のサポート資料を参照してくださいし、してください接触シマンテックまたは Norton のサポートに問題が発生した場合。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


この更新プログラムをインストールする前に

最新プログラムのロールアップをインストールする前に、下記のアップデートと、デバイスの再起動をインストールすることを強くお勧めします。これらの更新プログラムをインストールする更新プロセスの信頼性が向上し、ロールアップのインストール中に潜在的な問題を軽減します。

  1. 最新バージョンのサービス スタック更新プログラム (区) (KB4490628)。Windows Update を使用している場合は、最新の区はするように指示される自動的にします。最新の区のスタンドアロン パッケージを取得、 Microsoft 更新プログラム カタログのことを検索します。
  2. 最新の SHA 2 の更新プログラム (KB4474419) は、2019 年 8 月 13日を公開しました。Windows Update を使用する場合 sha-2 の最新の更新プログラムが表示されますに自動的にします。SHA 2 の更新プログラムの詳細については、 2019 sha-2 コードは、Windows および WSUS のサポート要件を署名を参照してください。
  3. デバイスまたは仮想マシン (VM) 上の EFI ブートを使用する場合にもKB3133977をインストールする必要があります。現在、KB3133977 は、既知の問題の回避策として必要な EFI ブートを使用する場合、BitLocker を使用していない場合でもに適用する必要があります。 この更新プログラムの詳細については、 Windows および WSUS コード署名のサポート要件を 2019 sha-2によく寄せられる質問を参照してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update および Microsoft Update なし その他の以下のオプションを参照してください。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログに移動します。
Windows Server Update Services (WSUS) あり

製品とクラスを次のように構成する場合、この更新プログラムは wsus では自動的に同期させます。

製品: Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 のサービス パック 1

分類: 更新プログラム

詳細情報


更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

注: この更新プログラムには、 KB4512486までにリリースされた、2019 年 8 月 16 日) のすべての品質とセキュリティの変更が含まれています。置き換えることはしません Windows を更新するには、 KB4512486場合は、この更新プログラムをインストールするときに、 KB4512486をインストールする必要はありません。

ファイル情報


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) バージョンは、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールしますWindows 7 および Windows Server 2008 R2
追加ファイル情報